給料と給与の違いとは?公務員やサラリーマンの最大の年収も調査

給与と給料の違い

日本人のほぼ全ての人がお世話になる『給料』『給与』。

これがなければ、旅行をしたり、ゲームもやることができません。

それどころか、ご飯が食べられないかもしれません。

そんな『給料』『給与』。

今回は、お金を手にする言葉として

  • 『給料』『給与』の違い
  • 公務員やサラリーマンの最大の年収

を調査してみました。

 

給料と給与の違いとは?

ではさっそく、違いを説明しましょう。

給与とは?

給与とは、

働いてもらうお金の全て

を指します。

基本給やボーナス、諸手当、現物給与など、全て給与に含まれます。

交通費や残業代も給与に含まれます。

 

ただ現物給与では、所得税の課税対象になるものと、ならないものがあります。

たとえば、

なにかの記念(会社の記念日など)で貰ったもの

は、課税対象になりません。

しかし、特定の部署内での記念品などは課税されます。

 

所得税法28条では、『給与』についてこのように定めています。

給与所得とは、俸給、給料、賃金、歳費収び賞与並びにこれらの性質を有する給与に係る所得をいう

会社から貰った物品で課税対象になるものは、

『給与明細』

に書かれていますので、気になる人は、確認しておきましょう。

給料とは?

一方で給料は、

『給与』の中の基本給のみ

となります。

残業代や交通費などの諸手当は含みません。

規定の勤務時間に対する報酬の『基本給のみ』が、給料ということになります。

一般的に会社での昇給などの算定は、この給料を対象にします。

『給与』が算定の対象ではないのです。

 

おまけ:『お金を得る』言葉

『給与』『給料』以外にも、お金を得る言葉はいくつもあります。

それらを簡単に説明すると、

◯賃金

支払いをする方(雇い主)からみて、相手に払うお金

◯収入

給与から税金や社会保険料などを差し引く前の金額

◯年収

税金や社会保険料などを差し引く前の年間で得られる金額

◯手取り

会社等からもらったお金のうち、実際に手にすることのできる金額

◯所得

収入(年収)から必要経費を差し引いた金額

 

以上が『給与』と『給料』の違いです。

この二つの言葉は、同じ意味だと思っていた人が多いのではないでしょうか。

僕自身、周りをみても正確に使い分けている人なんて、ほとんどいない気がしますね。

 

それと、上記のように会社に行って稼ぐお金以外に、

僕はブログでお金を稼いでいます。

そこで『給料』と『給与』に当てはめて考えると、これは『給与』になるようです。

 

というのも、

  • 会社から得るお金
  • ブログから得るお金

この二つの収入で大きく異なる点として、

ブログで稼いだお金は、自分で節税や経費、投資に使えるのです。

『税金の支払いをコントロールできること』

が面白いところですね。

その気になれば、

ネットから月100万円を稼いで、差し引かれることなく、全部使えます(たぶん

ブログを使ったお金の稼ぎ方は…

無料のメルマガで詳細をお話しています。

副業のブログだけで月収100万円以上。

そんな世界が本当にあります。(疑われてしまうのが一つの悩み…

具体的な話を聞きたい人は、記事下からメルマガ登録しておいてください。

公務員の最大の年収はいくら?

では次に、公務員が受け取っている最大の年収が、どれくらいなのか調べてみました。

 

公務員の場合は、以下のようになっているようです。

公務員の年収のトップ層

年収700万円を超えるとは、相当の高給取りと言えるでしょう。

 

あと、自治体以外の公務員の年収も調べてみたのですが、そこで気になる人たちがいました。

それが『独立行政法人』という組織です。

独立行政法人の年収

  • 内閣府 国立公文書館理事 2031万円
  • 内閣府 北方領土問題対策協会 1947万円
  • 内閣府 国民生活センター理事 1638万円
  • 内閣府 沖縄科学技術研究基盤整備機構 法人の長 1378万円

この中で、複雑な気持ちにさせられるのが、

国民の生活を心配してくれるはずの国民生活センター理事

国民の平均年収の4倍以上をもらっているってどうなんでしょうね…。

 

ここで比較として、世界各国の公務員の年収を見てみましょう。

世界各国の公務員の年収

こちらが世界各国の公務員の年収ランキングです。

世界の公務員の年収

  1. 日本 724万円(平均年収412万円)
  2. オーストラリア 360万円(平均年収500万円)
  3. アメリカ 357万円(平均年収325万円)
  4. イギリス 275万円(平均年収240万円)
  5. カナダ 238万円 (平均年収252万円)
  6. イタリア 217万円(平均年収200万円)
  7. フランス 198万円(平均年収180万円)
  8. ドイツ 194万円(平均年収205万円)

見て分かる通り、日本が世界No.1の公務員の年収となっているのです。

しかも、ダントツぶっちぎりのトップです。

日本以外の国では公務員の給与は、ほとんどが国民平均年収と同額程度です。

日本だけが国民平均年収の2倍近く

これでは、日本の学生が公務員になりたがるのも頷ける話ですよね。

 

サラリーマンの最大の年収はいくら?

最後にサラリーマンの最大の年収を調べてみました。

これはサラリーマンというより、たくさんの給与を支払ってくれる会社となります。

そのトップ10がコチラの会社です。

サラリーマンの年収のトップ層
サラリーマンの最大年収

業種は様々ですが、年収1000万円超えの会社がズラリ。

凄いですね。公務員のトップ層の倍以上。

 

年齢層としては、1位に君臨するキーエンスを除き、40歳代となっています。

なので、これが50代になれば、年収2000万円超えも夢ではないでしょう。

(調べるとそういう情報もありました)

 

 

サラリーマンにしても公務員にしても、こんな高額な年収が得られていれば、

僕は副業なんてしてなかったかもしれません(笑

 

ただ、この高額な年収を得るためには、学生時代に受験戦争を乗り越え、

  • 東大
  • 京大
  • 慶応大

などの一流大学に入学する必要があるでしょう。

その難関大学を卒業して、さらに就活戦争に打ち勝ち、倍率の非常に高い一流企業に就職するのです。

それでも、まだ足りません。

日本の会社は、まだまだ年功序列社会です。

どうしても

10年~20年もの長期間を会社で過ごし、その中で活躍していく必要

があります。

その上での年収が上図のランキングです。それは公務員も同じ。

だから現実的には、会社から1000万超えの年収を得るなんて、本当に一握りの人だけ…。

 

その点、会社に縛られず、年齢に縛られず、自由に稼げる点がブログの最大のメリットですね。

自宅で自由な時間に稼ぐことができる!

しかも大きく稼ぐまでに10年もかからない。

自慢をするわけではありませんが、僕は副業でブログを3年間継続し、

ネットだけの年収で2000万円を超えました。(冗談ではなく

まぁ一般的ではありませんが、そんな世界があることも知ってほしいですね。

 

僕の副業については…

メルマガで詳細をお話していきます。

記事下からメルマガ登録しておいてください。

たとえ一流企業に就職しなくても、副業でも稼ぐことが可能なブログ。

年収1000万円超えを狙うなら、一つの選択肢になるはずです。

まとめ

同じ意味だと思われている『給与』と『給料』。

二つの言葉の違いは、

給与:働いてもらうお金の全て

給料:給与の中の基本給のみ

でした。

 

そして、日本の公務員の年収は、

ダントツで世界一

というのも、新しい発見でした。

これが世界に向かって自慢できるか、なんとも言えませんが…。

 

サラリーマンのトップ年収は、さすがに有名企業だけあって年収1000万超えがたくさんありましたね。

 

けど、年収1000万なら、副業のブログだけでも届きます。

『会社』という枠組みで考えてしまうと、中小企業に就職してしまえば年収1000万円なんて夢のような話です。

でも、そこで諦めるのはまだ早いです。

副業でも、稼ぐブログ運営をすれば、そこに手が届きます。

 

僕のブログでの稼ぎ方の詳細は、無料のメルマガで公開していきます。

これから年収1000万を目指す!

という気持ちがあるなら、ぜひ登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください