一般職と総合職の意味の違いを紹介!真の勝ち組の人生を送るには?

一般職と総合職の違い

最近のアルバイト事情を知るために、求人誌などでデータを調べていた時に、

『総合職』

『一般職』

という職種名を見かけました。

たぶん昔は、そんな分け方をしていなかったと思うのですが…

なので、きっと

「総合職や一般職って何をするの?よく違いがわからないなぁ…」

と思う人もいるのではないでしょうか。

そこで、就職活動や転職活動をしている人なら絶対に知っておきたい

  • 総合職と一般職の意味
  • 総合職と一般職の仕事内容や待遇の違い

について、この記事で解説していきます。

そして、

どのような会社に入り、どのような職に就くことが『勝ち組』の人生を送ることになるのか?

この点についても考察してみました。

 

ちなみに僕が無料で発行しているメルマガでは、

一般職、総合職に関係なく、自宅で収入を倍増させるための手法

についてお話しています。

記事下に登録フォームがあるので、ぜひ登録しておいてくださいね。

 

総合職とは?

では、まず総合職がなにか?といえば、

『企業で、総合的な職務に当たる職』

を指します。

もう少し分かりやすく言うと

『企業内のさまざまな仕事を経験しながら技術等を習得して、将来は会社の中核を担う幹部候補生となることを目指す』

という職種になるみたいですね。

そのため、総合職として入社後には異動や転勤などを命じられる可能性が高いです。

さまざまな仕事を体験し、その中から希望や適正に応じた配属先が決まっていきます。

 

そして、将来のキャリアによって

  • 事務系総合職
  • 技術系総合職

の2つに分かれていきます。

事務系総合職の仕事内容

将来的に

  • マーケティングなどの企画職や営業企画
  • 人事・経理・総務・法務などの管理部門

の仕事に就くことが考えられます。

技術系総合職の仕事内容

将来的に

  • 研究、生産、品質管理などの技術職

の仕事に就くことが考えられます。

 

一般職とは?

一方で、一般職とは

『総合職をサポートする業務』

とされていて、企業によっては『事務職』なんて呼ばれていますね。

この仕事の範囲は、それほど広くなくて、マニュアルがあるような定型的な業務がメインとなります。

一般職に求められる素養は、

  • 任せられた仕事を要領よく的確にこなす
  • 相手が考えていることを察知して、いち早く行動する
  • 快く依頼事を引き受ける

などが挙げられます。

この素養が極めて高い人材が、重役などにつく秘書さんですね。

まさに『ザ・一般職』といえると思います。

 

総合職と一般職の違い

僕は、現在『総合職』に就いているのですが、昔は『一般職』での下積み時代もありました。

ここまでを見ると、

「総合職のほうがいいな!」

「就職するなら総合職だ!」

と思われるかもしれません。

しかし、それはあまりに安易に考え過ぎです。

正直、『一般職』『総合職』のどちらも苦しいときはありますし、それぞれメリット、デメリットが存在するんです。

どちらが”より良い”わけではありません。

何も考えずに、なんとなく『総合職』に就いても、性に合わない可能性もあるんです。

そうなると、ただただ苦しい想いをして仕事をしていく羽目に…。

就職という大事な選択を誤れば、下手をすると人生を棒に振ってしまうかもしれません。

そこで、『一般職』『総合職』の二つの経験がある僕の視点から、その違いを大きく5つに分けて解説していきます。

違い1 責任の違い

1つ目の違いは、責任の違いです。

総合職は、たとえ入ったばかりの新卒社員であっても、

一般職の上

に立って働くようになります。

なので、当然その分は、背負う責任は大きくなるんです。

その点、一般職は、そのような重い責任を負うことはまずありません。

一般職がしでかした問題は、基本的に総合職が最終的に責任を取るべき事になりますね。

他人がやった失敗をフォローすることが嫌いな人は、総合職にむいていないかもしれません。

違い2 年収の違い

2つ目の違いは、年収の違いです。

総合職の年収は、同じ企業で同じ年齢の場合は、ほぼ確実に一般職の年収より高くなります。

これは仕事における責任の重さが、収入・年収に反映されるためです。

会社にもよりますが、入社5年目で年収が100万円も差がつくところが多く見られます。

さらに入社10年以上となると、

総合職の年収が一般職の2倍

にもなる場合もあります。

『より多くのお金を』と年収を優先順位の一番に考えるなら、総合職を目指してもいいかも…。

違い3 転勤の有無

3つ目の違いは、転勤の有無です。

会社員は、原則として会社の転勤命令を断ることはできません。

断れば、いわゆる窓際族に追いやられるでしょうし、最悪クビになります。

とくに全国的、世界的に事業所など現場がある会社の場合、総合職であれば各地に転勤を命じられる機会が多くあるはずです。

それに対して一般職は、もともと転勤を想定していない職種です。

会社から転勤の命令をされることはなく、あったとしても稀な例となりますね。

なにか都合があって転勤できない事情があれば、一般職を選択する方が良いでしょう。

違い4 出世の違い

4つ目の違いは、出世の違いです。

総合職は、

会社の幹部候補

として採用されています。

早い段階で部下を持てる立場になることが多く、その後も管理職になるまで早く出世ができます。

若い総合職だと、年上の一般職の部下を持つこともあるでしょう。

『年上の部下』という変なジレンマを抱えるのも総合職にありがちな話ですね。

その点、

一般職は総合職の下働きをすること

が前提となります。

出世や昇給は、総合職と比べると遅く、一般職の人が管理職になることは難しい環境と言えます。

ただし、

実力と本人のやる気

があれば一般職でも総合職と同様、出世コースに乗ることも可能です。

または、一般職でたくさんの経験と実績を積み上げ、それをもって総合職として別の会社に転職することもアリですね。

ちなみに僕は、一般職の時代に頑張って、経験と知識をもって転職し、いまの総合職に就きました。

はっきり言って実力や学歴がなく、はじめは一般職の選択しかなくても、その後にしっかりした実績を積めれば、ある程度の挽回は可能ですよ。

違い5 仕事量の違い

最後、5つ目の違いは仕事量の違いです。

総合職では多岐にわたる仕事をこなさなければなりません。

そのため、仕事量も多く、

一般職の比ではないこと

がほとんどです。

一般職だと、指示やマニュアルに沿った仕事内容となるので、通常は残業は想定していません。

一方で、総合職だと

残業を前提とした長時間労働

があるほどに忙しいことは覚悟する必要があります。(いわゆるブラック企業に該当)

僕自身、終業時間に関係なく仕事をすることが本当に多いです。

なにか業務上のトラブルが発生した際には、そのフォロー対応などに追われ、不眠不休で仕事をしたことも。

そういったことも『総合職の責任を果たすため』と考える必要がありますね。

 

真の勝ち組の人生を送るには?

さて、みなさんにとって

『勝ち組の人生を送ること』

というのは、どのような状況を指すのでしょうか?

やはり

勝ち組人生の典型
知名度が高くて給与も高く、福利厚生が充実している働きやすい、大企業に総合職として就職。

そこで出世して社会的地位の高い役職に就く。

このように考える人が多いのではないでしょうか?

もちろん、その状況が勝ち組であることは否定しませんし、僕もそれは勝ち組だと思ってます。

 

しかし、今挙げた勝ち組に至るまでには、

非常に長く険しい道のり

を進むことになるかもしれません。

勝ち組人生に至るまで

『毎日が残業続きで、終電を逃がして会社に泊まることが多くなり体調を崩した。』

『同期のライバルや自分の部下が先に昇進してしまった。』

『会社の派閥争いに巻き込まれ、足の引っ張り合いや嫌がらせを受けた』

このように総合職だからといって、必ずしもうまく出世コースを進めるとは限りません。

もちろんすべての大企業で、このような状況が起こるとも言えません。

あくまでも可能性です。

 

ただ、近年の厚生労働省による調査では、

『職場の人間関係などでストレスが発生し、メンタルヘルスの不調となった社員がいると答えた従業員1000人以上の企業は全体の7割超もいる』

という結果があります。

中には休職や退職に追い込まれたりする人も、少なくありません。

 

一般職は、総合職には及ばないまでも、暮らしていけるだけのお金(収入)はもらえます。

総合職と比較して、一般職に厳しいノルマといった結果を、そこまで求められません。

そのため、一般職として仕事に慣れれば、平穏に落ち着いて日々の業務に取り組むことができます。

総合職と比較して労働以外の時間が多くなる一般職なら、必然的に余暇も楽しむ事ができるでしょう。

 

このように考えると、

総合職として大企業に就職 = 勝ち組

という図式は、もう古いのです。

『一般職で社会的地位も仕事もそこそこあり、適度な余暇を楽しめる働き方ができる』

こういう人が、今の時代において勝ち組の人生を送れるのかもしれませんね。

 

ただ、

一般職でありながら、総合職並のお金を得たい

と都合の良いことを考える人もいると思います(笑

でも、そんな夢みたいな話は存在しない………

 

と思っていたんですが、実はそれは間違いでした。

そんな夢みたいな話があったわけです(笑

 

もし、

『一般職でありながら、総合職以上のお金を得たい!』

と本気で思うなら、

『副業として稼ぐブログを作ること』

を僕はおすすめします。

仕組みさえ、ある程度できてしまえば、毎日勝手にブログから収益が得られます。

ある日の収入

ある日の僕のブログの収入

まさに副業に最適。

僕自身、

3年間の副業ブログだけの収入で3000万円を超える

という、予想もしていなかった巨額利益をあげることに成功しました。

 

一般企業の副業解禁に伴い、副業として『ブログで稼ぐこと』が注目されることは必至。

この『ブログで稼ぐ方法』の詳細は、僕が発行する無料のメルマガで、じっくりお話していきます。

今現在の収入に満足できないなら、ぜひチャレンジしてみるつもりで、記事下からメルマガに登録しておいてください。

 

まとめ

高度経済成長期以降の日本を支えてきたのは仕事第一主義の考え方。

とくに昭和40年代から50年代にかけては『モーレツ主義』と呼ばれた仕事中心の生活でした。

また、テレビコマーシャルの『24時間戦えますか?』というキャッチフレーズで、長時間働くことを美徳とした時代もありました。

しかし、現在は

『仕事と余暇の両方を大切にしたい』

という考え方が主流となっているのです。

よって高報酬ながら激務な総合職よりも、適度な仕事量な一般職が、選ばれるのは時代の流れかもしれませんね。

 

そして、やってきた大副業時代。

それは、

自分自身の力で大きく稼ぐことにチャレンジできること

を意味すると言っても過言ではないでしょう。

僕がおすすめする

『ブログで稼ぐこと』

は、副業に合う選択肢の一つです。

『ブログで稼ぐこと』の詳細は、僕が発行する無料メルマガで、お伝えしています。

本気で『現在の収入の倍以上を稼ぎたい』と思うなら、この記事下からメルマガ登録しておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください