預金と貯金と貯蓄の違いと語源を紹介!効率的なお金の貯め方とは?

預金と貯金の違い

『預金』と『貯金』。

同じお金なのに、なぜ複数の呼び方があるのか。

不思議に思ったことはありませんか?

「いっその事、呼び方をひとつにしてしまえば疑問もなくて、何事もスムーズに進められるのでは?」

なんて意見も聞こえてきそうです。

でも、実はれっきとした理由や歴史があって、『預金』と『貯金』は呼び方が異なってきたのです。

今回の記事では、

  • 預金
  • 貯金
  • 貯蓄

この3つの言葉の違いと、歴史を紹介し、あわせて

最も効率的にお金を貯めていく方法

をお話していきます。

 

預金は銀行!貯金は郵便局!

『預金』と『貯金』の一般的な使い方としては

  • 銀行では『預金』
  • 郵便局では『貯金』

を使います。

では、なぜこのように同じお金なのに、金融機関の違いで、言葉が違うのでしょうか。

銀行はお金を預かっているだけ

それは、銀行ではあくまでも

『お金を預かる』

という形をとっているからです。

銀行は、お客様からのお金を預かり、それをさらに貸し出して運用している

ということから、貯金ではなく預金がぴったりくるのです。

郵便局はお金を貯めておくだけ

郵便貯金は、現在では民営化されて、『ゆうちょ銀行』となっています。

ただ以前は、国の機関でした。

ですので、普通の銀行のように、どこかに貸し出して利子を得ることはありません。

『お金を預ける』というよりは、『お金を貯めておく』という感覚が近いですね。

そこから、『貯金』という言葉が使われ始めました。

民営化された現在でも、その名残のためか『貯金』という言葉は、そのまま使われています。

 

『貯金』という言葉は他でも使われている

実は、ゆうちょ銀行の他にも、『貯金』という言葉を使っている金融機関があります。

それは

  • 農業協同組合(農協)のJAバンク
  • 漁業協同組合(漁協)のJFマリンバンク

農協や漁協でも郵便貯金と同じく、誰かにお金を貸し出すことはありません。

あくまでも

組合に加盟する人同士がお互いに助け、支え合うという目的

で存在している金融機関です。

ですから、ゆうちょ銀行と同じように『貯金』という言葉が使われています。

 

『預金』という言葉が使われている他の金融機関

逆に『預金』の言葉が使われている金融機関は、銀行の他には

  • 信用組合
  • 信用金庫

があります。

これらの金融機関は、銀行と業務形態が似ていることから、『預金』という言葉が使われています。

 

ちなみに…

信用組合と信用金庫の違いは、法制度などの細かい点を除けば…

信用組合

特定の『地域』『業域』『職域』に属する組合員だけが、お金を預けることができる。

信用金庫

特定の『地域』に属する人が会員になれる。

ただ、会員以外の人もお金を預けることができる。

『預金』と『貯金』と『貯蓄』の語源をチェック

『預金』と『貯金』という言葉が使われ始めたのは、

明治時代(1868年~1912年)のはじめ頃

だといわれています。

銀行や郵便局というのは、もともと日本には存在しない機関でした。

そのため、外国にある機関を真似して作られたんです。

『預金』と『貯金』は英語が語源?

当然、『預金』や『貯金』といった言葉も、はじめから日本語として存在していたわけではありません。

外国の言葉を取り入れ、それをもとにして日本語にした流れがありました。

  • 『預金』は、英語のdeposit(デポジット)
  • 『貯金』は、英語のsavings(セーヴィングス)

から、語源がきているといわれています。

『貯蓄』の語源も『貯金』と同じくsavings

実は『貯蓄』も『貯金』と同じく語源は、英語のsavings(セーヴィングス)からきています。

後述しますが、

日本語として、もっと細かく表現をしたいため

に『貯金』と『貯蓄』の二つの言葉が生まれたのです。

 

『預金』『貯金』と『貯蓄』の違いは?

『預金』と『貯金』の違いは、さきほどお話した銀行と郵便貯金の違いで間違いないです。

では、『預金』『貯金』と、さらに『貯蓄』の違いはどこにあるのでしょうか?

貯蓄はもっと広い意味

実は『預金』や『貯金』は

お金の事だけ

を指します。

しかし、『貯蓄』は、貯金、預金、投資、保険、年金、などといった

財産的なもの全体

を指すときに使われるのです。

ですから、土地や株にも『貯蓄』という言葉を使うのです。

『貯蓄』と『貯金』の違いは『給料』と『給与』の違いに似ている

こういった分け方は『給料』と『給与』に似ています。

『給料』と『給与』は、英語にすると、両方ともsalary(サラリー)です。

でも日本語としての『給料』は、基本給だけを指したりします。

しかし『給与』は、基本給のほかにボーナスや残業代、その他の色々な手当て、はたまた現物支給など。

『会社から与えられるもの全て』=『給与』

になります。

だから『貯蓄』と『貯金』も同じような関係というわけですね。

 

日常会話でも出てくる『預金』と『貯金』

普段、『お金を貯めているかどうか』を人に聞くとき

「貯金してる?」

と聞いたりしますよね。

「預金してる?」

とは、聞かないのではないでしょうか?

このような事から、お金を貯めているときは、『貯金』という言葉を一般的には使っています。

タンス預金はなぜ『預金』?

『タンス預金』なんて言葉もありますよね。

これがなぜ『預金』なのか?

といえば、

本来は銀行に預けるお金をタンスにしまっておく

という意味合いがあるので、この場合は『貯金』ではなく『預金』が使われているのです。

 

効率的にお金を貯める方法

『預金』や『貯金』は、そもそも

お金を貯めよう!

という、明確な目標がないと、なかなかできないことです。

では、どのような事をすれば、お金を貯めていく事ができるのでしょうか。

稼いだお金がなくなる原因

給料を貰った後は日常の生活などにお金を使い、それでもお金が余ったら、それを貯金に回す…

こんな感じでお金を貯めている人が多いと思います。

このやり方で、きちんとお金を貯められる人もいますが、お金を貯められない人は、同じことを続けてもお金は貯まりません。

なぜなら、そういう人は全部を使い切ってしまって

気が付けば貯金するお金がない!

というのが関の山なのです。

効率よくお金を貯める具体的な方法

そこで、お金を貯めることを優先し、

はじめに残すお金の決めておく

ということが重要です。

たとえば、給料が出た直後に、3万円を『使わないお金』として確保。

残りのお金で、なんとしてでも生活する方法をとるべきです。

これでしたら無理なく、なんとなく使ってなくなってしまうこともなく、貯金ができますよ。

…………

ただ、

もっとも効率的にお金を貯める方法

は別にあります。

僕は、ただの会社員ですが、実際にこの方法を使って、

わずか3年で数千万円を貯めました。

それは次のまとめの中で、お話していきますね。

 

まとめ

同じお金を貯める言葉でも、

金融機関によって違いがあること

は、とても興味深かったですね。

そして、金融機関側のお金の使用目的によって、呼び方が違うと分かりました。

また、『預金』や『貯金』、『貯蓄』といった言葉の語源は、もともと日本語にはなく、

英語が元になってできた言葉

という事実があったのです。

現在の日常生活では、『預金』や『貯金』『貯蓄』という言葉が普通に使われ、なんとなく溶け込んでいます。

せっかく今回、言葉の違いを知ったからには、ちゃんと使い分けていきたいものですね。

 

ただ、いずれの呼び方にせよ『お金』は『お金』、人生において、とても重要なものです。

『預金』『貯金』『貯蓄』をすれば、人生が豊かになることは間違いないでしょう。

しっかりと貯めておけば、『老後はのんびりと豪華客船で世界一周旅行』だって実現できます。

 

そのために、今回紹介したような方法や、節約をしてお金を貯めてください。

ただ、それは、

『収入源が一個しかない』

『収入の上限が決まっている』

という前提があっての話です。

 

では、その前提がなければ、どうでしょうか?

 

もっとも効率的にお金を貯める方法。

……

………

それは、

収入源を増やすこと

なんです。

 

そのために僕がおすすめするのが、ブログで稼ぐ副業です。

会社員をしながらでも稼げる副業なら、

副業で稼いだお金が全部『預金』『貯金』『貯蓄』

になるんです。

 

僕自身、会社員をしながらの副業でブログを実践し、ここまでお金を貯めることができました。

アドセンスブログの収益

ブログの収益

そして、現在もブログでお金を貯め続けています。

(でも予想を超えて貯まってしまったので、たまに贅沢もしてます笑)

 

毎日カツカツの節約生活に疲れてしまったなら、この機会に収入源を増やすチャレンジをしてみてはどうでしょうか?

ブログで稼ぐ方法については、僕の無料のメルマガでお話していきます。

ぜひ、この記事下から登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください