GoogleXMLSitemapsの設定方法!簡単にサイトマップを自動生成!

サイトマップの自動生成

こんにちは。SOです。

ブログのサイトマップのことは、きちんと把握していますか?

とても大切なことなのですが、正しく意味を知っている人は、

きっと少ないのではないでしょうか。

 

少し解説するとサイトマップとは、

記事の投稿、更新のたびに更新し、その内容をGoogleに通知するべきモノ

です。

Googleは、サイトマップを読み取って、ブログの状態を確認しにきます。

その結果が、検索結果に反映されていくのです。

 

しかし、記事の投稿、更新のたびに、毎回サイトマップを更新して、

それをGoogleに通知するなんて、あまりにも面倒ですよね。

 

そこで登場するのが、Googleの規定に準拠したサイトマップを自動的に生成してくれる、

『GoogleXMLSitemaps』

というプラグインの存在です。

 

この記事では、

その『GoogleXMLSitemaps』のインストールから設定方法まで紹介していきます。

WordPressを使ってブログ運営するなら欠かせないプラグインと言えるでしょう。

ぜひ記事を参考にして導入してみてくださいね。

 

GoogleXMLSitemapsのインストール

『GoogleXMLSitemaps』プラグインのインストールから解説していきます。

【プラグイン】⇒【新規追加】をクリックします。

サイトマップ

 

【キーワード】に『Google XML Sitemaps』と入力します。

その後、検索して出てきた『GoogleXMLSitemaps』の

【今すぐインストール】ボタンをクリックします。

サイトマップ
補足

キーワードを検索する時には、

『Google XML Sitemaps』の半角スペースをきちんと空けるようにしてください。

この半角スペースを詰めてしまうと、検索しても出てきません。

 

インストールが終わると、

【今すぐインストール】ボタンから【有効化】ボタンに変わります。

そのまま【有効化】ボタンをクリックします。

サイトマップ

 

以下の画面のように『Google XML Sitemaps』が有効化されたことが確認できます。

サイトマップ

 

GoogleXMLSitemapsの設定方法

続いて、『GoogleXMLSitemaps』の設定方法を解説していきます。

基本的にはプラグインを有効化しておくだけで、サイトマップは自動更新されていきます。

そのため、何もせずともブログ運営にあたっては不都合ありません。

ここで紹介するのは、

さらに『GoogleXMLSitemaps』を使いこなしたい人向けの内容となります。

 

【設定】⇒【XML-Sitemap】をクリックします。

サイトマップ

 

基本的な設定

『GoogleXMLSitemaps』の基本的な設定を指定できます。

サイトマップ

  1. チェックONにすることで、ブログの更新があるたびに、Googleに通知します。
  2. チェックONにすることで、ブログの更新があるたびに、Bingに通知します。
  3. チェックONにすることで、サイトマップの配置場所(URL)をGoogleをはじめとする検索エンジンに知らせます。

記事を素早く検索結果に反映させるためには、上記の全てにチェックを付けてください。

サイトマップ
  1. 【メモリの最大値】【実行時間制限】に値を設定することができます。※1
  2. チェックONにすることで、サイトマップを圧縮します。
  3. XMLを人が読みやすい文書に変換する言語(XSLT)を含めるかどうか。
  4. WordPressのインストール先がドメインの直下ではない場合に指定。
  5. チェックONにすることで、HTMLのサイトマップを利用します。※2
  6. チェックONにすることで、プラグインの開発元に情報を送ります。

※1 記事数が多いと、サイトマップ自動生成時にエラーとなる可能性があり、そういった時にメモリの制御をしてエラーを抑制します。

※2 例えば、『https://adsenser.site/sitemap.html』に見やすい人が読みやすいサイトマップを作成します。

どうしようか困った時は、上の画像にある通りの設定にすることがオススメです。

Additional Pages

手動でサイトマップに記載するページを、ここで設定することができます。

サイトマップ
  1. 追加するページのURLを指定します。
  2. 追加するページの優先順位の設定をします。※1
  3. 追加するページの更新頻度の設定をします。※2
  4. 追加するページの最終更新日を設定します。

※1 0~1までの間で設定をします。(1が最優先となります)

サイトマップ

※2 『常時』~『更新なし』までを設定します。

サイトマップ

おそらくこの設定は、ほとんど使う機会はないでしょう。

投稿の優先順位

投稿した記事や、更新した記事の優先順位を指定することができます。

指定した内容がGoogleなどの検索エンジンに伝わります。

サイトマップ

とくにこだわりがなければ、【優先順位を自動的に計算しない】を選択するとよいでしょう。

のちほど、優先順位を設定していきます。

Sitemapコンテンツ

サイトマップに記載する内容を指定します。

サイトマップ

上の図のように設定することをおすすめします。

チェックを付ける項目
  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める

検索エンジン(Google)に効率良くブログを見てもらうため、上記の4項目以外は不要です。

Excluded Items

サイトマップに含めないカテゴリーと個別記事を指定することができます。

サイトマップ

上図のように、『未分類』を指定してもよいのですが、

『未分類』を使わないのであれば、とくになにもしなくても問題ありません。

お好みでどうぞ。

(通常なら、あえてサイトマップから外すことはしないと思いますが…)

Change Frequencies

記事などの更新頻度を設定することができます。

サイトマップ

上記を検索エンジンに知らせることで、より効率良く検索エンジンに見てもらう意図があります。

ただし、あくまでも目安程度に考えてください。

『更新なし』に設定したとしても、検索エンジンが見に来ることもあるようです。

オススメ設定

ホームページ:毎日

投稿(個別記事):毎週

カテゴリー別:毎週

古いアーカイブ:毎年

タグページ:毎週※

上記以外:更新なし

本来であれば、【タグページ】は『更新なし』に設定するところですが、

『GoogleXMLSitemaps』のバグで、【タグページ】に設定をしないと、

【カテゴリー別】がサイトマップに反映されないことが判明しています。

(2018年7月現在)

バグが解消された時には【タグページ】の設定を『更新なし』にする予定です。

優先順位の設定(priority)

優先度を設定することができます。

0~1までを設定することが可能です。(『1』が最優先)

サイトマップ

先述した【Change Frequencies】の設定と合わせて設定することがオススメです。

オススメ設定

ホームページ:0.8

投稿(個別記事):0.8

投稿優先度の最小値:0.8

カテゴリー別:0.8

タグページ:0.8

上記以外の項目:0.0

ここの【タグページ】の設定も本来であれば、不要です。

しかし、バグのためにやむを得ず設定しています。

ちなみに…

カテゴリー別がサイトマップに正しく反映されると、下図のように設定されます。

(『https://(ドメイン名)/sitemap.xml』で確認)

サイトマップ

【タグページ】を未設定にしても上図のようになれば、

『バグは解消された』とみなしても良いでしょう。

 

設定が全て終わったら、設定画面の下部にある【設定を更新】ボタンをクリックします。

サイトマップ

以上が『GoogleXMLSitemaps』の設定方法となります。

 

おわりに

『GoogleXMLSitemaps』のインストールから設定方法までを解説しました。

難しいところは一つもないので、すぐにやってみてください。

 

アドセンスブログでは、スピード感を上げて記事を投入することが

アクセスを集める勝負の分かれ道になったりもします。

 

しかし、いくら速攻で記事にしても、

Googleの検索結果に表示されなければ意味がありません。

少しでも早くGoogleの検索結果に表示させるために、

このプラグインは必需品と言えるでしょう。

 

そして、ドンドン記事をあげて、素早く上位表示させれば…。

アクセスの爆発

こんな風にバンバンとアクセスを爆発させることも可能になります。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

具体的なブログのアクセスを大爆発させる方法などは、僕の無料メルマガでお話していきます。

ぜひこの記事下から登録しておいてください。

このブログでは、お話できないこともメルマガでは暴露していきますので、お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください