WordPressブログにアナリティクスのコードを設置する方法を紹介!

WordPressアクセス解析

こんにちは。SOです。

運営しているブログにおいて、

  • 詳細なアクセス推移
  • リアルタイムのアクセス状況
  • ユーザーの行動

を知ることは、とても重要なことです。

 

今回、僕が推奨するのは、Google社の

『Googleアナリティクス』

無料で提供されている素晴らしいアクセス解析ツールです。

ほかにもアクセス解析ツールはありますが、

無料にも関わらず、これだけ圧倒的な機能があるツールは他にありません。

そのため、このアクセス解析ツールを使わない手はないでしょう。

そこで、この記事では、

WordPressブログを運営していて、Googleアナリティクスを使ったことない人

に向けて、ブログにアナリティクスのコードを設置する方法までを、

1から10まで全てを解説していきます。

 

ブログで収益を得るためには、多かれ少なかれアクセスは絶対に必要です。

そのアクセスを増やすためのアクセス解析です。

ぜひ最後まで読んで活用してみてください。

 

Gmailアカウント取得

Googleアナリティクスを利用するためには、Gmailアカウントを持っておく必要があります。

現在では、ほとんどの人が持っていると思いますが、

もし持っていなければ、これからGmailアカウントを作成する必要があります。

 

アナリティクスで利用する以外にもGmailアカウントをもっているだけで、

Googleから提供される素晴らしいサービスが利用できるようになるので、

最低でも1つは持っておきましょう。

 

中には、個人情報の流出などを懸念する人もいますが、

それだったらプライベートでの使用をしなければよいのです。

あくまでもビジネス用途として、Gmailアカウントを取得しておいてください。

Gmail

【Gmail】メールアドレスやアカウントを2つ以上複数作成する方法

2018年7月19日

⇒Gmailアカウントの取得はコチラから

 

Googleアナリティクスアカウント取得

ここからアナリティクスのコードをブログに設置するまでの詳細を解説していきます。

まずは、以下にアクセスしてください。

⇒Googleアナリティクスアカウント取得はコチラから

 

【ログイン】をクリック

アナリティクス

【Googleアナリティクス】をクリック

アナリティクス

Googleのアカウントにログイン

Gmailアドレスを入力し、【次へ】ボタンをクリックします。

アナリティクス

パスワードを入力し、【次へ】ボタンをクリックします。

アナリティクス

【お申し込み】ボタンをクリック

アナリティクス

新しいアカウントの設定

下図の指定項目を入力し、【トラッキングIDを取得】ボタンをクリックします。

アナリティクス
各項目の入力する内容

アカウント名:お好みの名前

ウェブサイト名:ブログの名前(お好みの名前)

ウェブサイトのURL:ブログのURL

業種:ブログに合いそうな業種をお好みで

レポートのタイムゾーン:日本

Googleの規約に同意

【言語】を日本に設定し、規約に同意するチェックボックスをONにします。

【同意する】ボタンをクリックします。

アナリティクス

アナリティクス

ブログ埋め込み用のトラッキングコードをコピー

Googleアナリティクスの管理画面に遷移します。

そこにあるトラッキングコードをコピーします。

アナリティクス

以上で、Googleアナリティクスのアカウントを取得したことになります。

 

WordPressブログにアナリティクスのコードを設置

最後に、コピーしたトラッキングコードをWordPressブログに埋め込みます。

テーマの編集画面へ

WordPressブログにログインし、【外観】⇒【テーマの編集】をクリックします。

WordPress

header.phpを選択

テーマの編集画面で、テーマファイルの中から『header.php』をクリックします。

WordPress

上図では、『STINGER』のテーマを使用していますが、

別のテーマだとしても『header.php』をクリックします。

『テーマヘッダー』ではなく、『header.php』であることに注意してください。

トラッキングコードを設置

コピーしたトラッキングコードを『</head>』の直前に貼り付けます。

WordPress

 

下部にある【ファイルを更新】ボタンをクリックします。

アナリティクス

以上で、Googleアナリティクスを利用するためのトラッキングコードの設置は完了です。

成功していれば、

Googleアナリティクス内で【リアルタイム】⇒【概要】

をクリックすることで、

下図のように、リアルタイムのアクセス数を確認することが可能となっているはずです。

WordPress

WordPress

補足1

この記事では、トラッキングコードを直接WordPressに埋め込む方法として紹介しました。

ただ、最近のテンプレートの中には、WordPressにトラッキングコードを埋め込まなくても、

テンプレートの設定にトラッキングIDを設定するだけで連携できるようになっています。

 

たとえば、テンプレート『STINGER』の場合、

STINGER

上図のようにトラッキングIDを設定する項目があります。

 

この記事で紹介した

『WordPressそのものに手を入れる設定方法』

は、すべてのテンプレートに共通する方法ではありますが、一方で、

ブログを壊してしまう可能性もゼロではありません。

その点、テンプレートに設定する方法であれば、そういったリスクは回避できます。

ぜひ、利用するテンプレートを確認してみてください。

 

『STINGER』をインストールする場合は、こちらの記事を参考にしてください。

WordPressのテンプレート設定

ワードプレステンプレートの2つの入れ方・インストール方法を紹介

2018年7月7日
補足2

記事で紹介した『トラッキングコードをWordPressに埋め込む方法』。

補足1で紹介した『テンプレートにトラッキングIDを設定する方法』。

この二つの方法以外に、プラグインを使ってトラッキングIDを設定することも可能です。

たとえば、

  • All in One SEO
  • Google Analytics by Monsterinsights
  • Google Analytics for WordPress

上記のプラグインを利用してトラッキングIDを設定しても良いでしょう。

テンプレートに設定する方法と同程度に簡単です。

おわりに

以上が、GoogleアナリティクスのコードをWordPressに設置する方法となります。

 

ただ闇雲に記事を書いていても、なかなか結果が見えないこともあるでしょう。

そこで活躍するのが、今回紹介した『アクセス解析ツール』です。

「今どの記事が一番アクセスがあるのだろうか?」

「どの記事が一番長く滞在してくれているのか?」

「毎日定期的にアクセスがあるのはどの記事だろうか?」

といったことを知って、自分のブログのアクセスの特徴を掴んでみてください。

その情報が、その後の運営方針を決めるベースとなります。

 

アクセス解析から記事に対する反応を読み解き、そこから多くの人が求めているモノを掴む…。

 

すると、このような結果を出すことも可能になります。

↓↓↓

リアルタイム1万人超え

これは僕が実際に叩き出した数字です。

たまたまアナリティクスを開いた時に、

リアルタイムにアクセスが大量発生していたので、その場面を画像におさめてみたものです。

それに、これがMAXの数字でもありません。

僕がアナリティクスを開いて、リアルタイムに立ち会っていないだけで、

この数倍~10倍くらいのアクセスがあったこともあるでしょう。

 

いずれにしても、芸能人や著名人でもない平凡な一個人だとしても、

アクセスを解析し、多くの人々の求めていることに応えるだけで、

通常では考えられないほどのアクセスを獲得することも可能なんです。

さらに詳細なアクセスの集め方については、僕の無料メルマガでお話していきます。

興味があれば、この記事下から登録しておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください