BrokenLinkCheckerでWordPressブログ記事のリンク切れをチェック!

リンク切れチェック

こんにちは。SOです。

長くブログを運営していると、

『記事内で紹介した外部リンクが、いつの間にか切れてしまっていること』

ってありますよね。

そんな時に、どうやってリンク切れを把握すればよいのでしょうか?

定期的にリンクを一個ずつ、目視で確認する?

いやいや。

そんな方法では、あまりにも効率が悪いですよね。

そこで登場するのが、今回紹介するプラグイン『BrokenLinkChecker』です。

『BrokenLinkChecker』を使うことで、記事中のリンク切れを簡単に、

そして自動的にチェックすることができるんです。

今回は、『BrokenLinkChecker』のインストールから使い方までを紹介していきましょう。

 

BrokenLinkCheckerのインストール

【プラグイン】⇒【新規追加】をクリックします。

プラグイン

 

【キーワード】に『broken link checker』と入力します。

プラグイン
補足

入力する時には、

『broken link checker』

の半角スペースを詰めないようにしてください。

詰めてしまうと、正しく検索されません。

 

正しく検索されると、『Broken Link Checker』が表示されるので、

【今すぐインストール】ボタンをクリックします。

プラグイン
補足

同一名称の『Broken Link Checker』プラグインが他にも見つかりますが、

作成者が『Janis Elsts』となっているプラグインを選択してください。

 

インストール後、【有効化】ボタンをクリックします。

プラグイン

以上で、『Broken Link Checker』のインストールは完了です。

 

BrokenLinkCheckerの使い方

基本的には、インストールしただけで、

ブログ内のリンク切れを『BrokenLinkChecker』がチェックしてくれます。

ここでは、エラーが見つかった時の使い方を紹介していきます。

 

【ツール】⇒【リンクエラー】をクリックします。

プラグイン

リンクエラーがあると、【リンクエラー】の箇所にエラーの数が表示されます。

 

リンクエラー一覧画面が表示されます。

カーソルを対象のエラーにあわせると、下図の赤枠のような表示が出てきます。

プラグイン

URLを編集

【URLを編集】をクリックすると、以下の画面が表示されます。

プラグイン

ここでは、リンクエラーとなった【テキスト】と【URL】の編集が可能となっています。

編集したのちに、【更新】ボタンをクリックすると、内容が記事に反映されます。

リンク解除

【リンク解除】をクリックすると、その場でリンクを解除することが可能です。

ただし、テキストだけは残ります。

必要があれば、別途記事を修正する必要があるでしょう。

リンクエラーでない

リンクエラー一覧から、対象のエラーが削除されます。

エラーのものを『エラーではない』とすることに意味はありません。

『見て見ぬふり』みたいな形なので、この機能を使うことはないでしょう。

無視

リンクエラー一覧から、一時的に削除できます。

【無視】をしたあとは、下図のように無視したリンク一覧に移動します。

プラグイン

無視したリンク一覧から【リンク無視を解除】をクリックすると、

リンクエラー一覧への復帰が可能です。

いずれにしても、ただの先送り機能にしかなりません。

再確認

再度リンク切れのチェックをします。

ただし、すぐには動作しません。

内部で『確認待ち』となり、その後、再チェックをします。

再チェック後、リンク切れではないことがわかると、

下図のように、【ステータス】が『200 OK』となります。

プラグイン

上図を確認するには、【すべて】を選択してください。

【すべて】を選択することによって、リンク切れから回復したリンクも表示されます。

警告

普段は、ほとんどありませんが、

短時間の一時的なリンク切れや、誤検出などの場合には、

『警告』として一覧にあがってきます。

警告

警告なだけに、すぐに対応する必要はなく、注意するだけで良いでしょう。

リダイレクト

リンク先が、別のリンク先に自動転送設定されている場合には、この一覧にあげられます。

プラグイン

現在設定しているリンクをリダイレクト先に変更するか、

不要なリンクになっていれば、リンクを削除したほうが良いでしょう。

 

ちなみにリダイレクトは、古いURLから新しいURLに引っ越ししたときに、主に使われます。

 

BrokenLinkCheckerの設定方法

さきほどもお話した通り、『BrokenLinkChecker』というプラグインは、

インストールして、有効化しただけのデフォルト状態でも、正しく動作します。

そのため、お好みとなる細かな設定方法を、ここで説明していきます。

 

【設定】⇒【リンクチェッカー】をクリックします。

プラグイン

 

以下のように『BrokenLinkChecker』の【一般】タブの設定画面が表示されます。

プラグイン

ここで『BrokenLinkChecker』の各種設定をします。

【一般】ステータス

プラグイン

現状のリンク状況を確認することが可能です。

リンクエラーがある場合、『壊れたリンク』のある旨が表示されます。

確認作業待ち(作業キュー)も確認することもできます。

【一般】各リンクをチェック

プラグイン

リンクエラーチェックの頻度(時間)を設定します。

初期設定では、72時間となっていますが、ここまで頻繁にチェックする必要はありません。

むしろ、あまり早いペースでチェック作業をすると、

WordPressをおいたサーバーの負荷が高まり、なにかしらの悪影響を与えてしまう可能性

にも繋がります。

おすすめは、

  • 1週間に1度(168時間)
  • 2週間に1度(336時間)

くらいのペースです。

怪しげなリンクでなければ、そう簡単にリンク切れになることはありません。

【一般】メールで通知

プラグイン

リンクエラーが発生した場合に、メールで通知を受け取るかどうかの設定が可能です。

日々ダッシュボードでリンク切れを確認するのであれば、この設定は不要です。

ダッシュボードを見ないのであれば、この設定は必須と言えるでしょう。

【一般】通知メールアドレス

プラグイン

リンクエラーをメールで受け取る時の通知先メールアドレスを設定できます。

【設定】⇒【一般】で設定したメールアドレス以外を使う場合のみ設定してください。

【一般】リンクの調整

プラグイン

エラーになったリンクや削除したリンクの表示状態を調整することが可能です。

【リンクエラーにカスタムCSSを適用する】

【削除したリンクにカスタムCSSを適用する】

にチェックを付けると、対象となったリンクのテキスト部分に取り消し線を付けます。

たとえば、このような形になります。

リンクエラーの例

リンクエラーによる取り消し線

↓↓↓

リンクのテキスト

実際にリンクを修正するまでは、

エラーであることを、よりわかりやすい形にしておいたほうが訪問者にとって親切です。

ぜひ2つともチェックを付けておきましょう。

 

【検索エンジンに壊れたリンクをたどらせない】については、どちらでも構いません。

ただ、外部リンクについては、

エラーに限らず、はじめから『nofollow』にしておくことがおすすめです。

【一般】提案

プラグイン

チェックを付けることで、プラグインからリンク切れに代わるものを提案してくれます。

利用するかどうかは、お好みと言えますが、僕自身は不要だと考えています。

【一般】警告

プラグイン

誤検出したリンクエラーが多い場合には、このチェックを付けておきましょう。

とくに誤検出がなければ、チェックを外してみるのも良いですね。

【含まれるリンクを探す】含まれるリンクを探す

プラグイン

リンクエラーをチェックする箇所を選択します。

基本的には、

【コメント】

【固定ページ】

【投稿】

の3つのチェックが付いていれば、不都合はないはずです。

【含まれるリンクを探す】投稿のステータス

プラグイン

リンクエラーをチェックする投稿記事のステータスを指定できます。

全てにチェックを付けても良いのですが、

一番大事なのは、【公開済み】にチェックを付けることです。

WordPressを設置したサーバーの負荷を最小限にするのであれば、

【公開済み】にのみチェックを付けましょう。

【チェックするリンクの種類】リンクの種類

プラグイン

リンクエラーをチェックするリンクの種類を選択することが可能です。

おすすめは以下です。

おすすめ設定

【HTMLリンク】

【HTML画像】

【プレーンテキストのURL】

【埋め込まれたYouTubeの動画】

【埋め込まれたYouTubeプレイリスト(古いembedコード)】

【埋め込まれたYouTube動画(古いembedコード)】

【Smart YouTube httpv:// URLs】

GoogleVideoやDailyMotionなどの動画を記事に埋め込んでいる場合は、

それぞれ適宜チェックを付けてください。

また、サーバーへの負荷を考えて、最小限の設定にするのであれば、

以下にのみチェックを付けることが、おすすめです。

最小限のおすすめ設定

【HTMLリンク】

【HTML画像】

【埋め込まれたYouTubeの動画】

【チェックするリンクの種類】除外リスト

プラグイン

リンクエラーをチェックしないURLの単語を設定することが可能です。

【プロトコル&API】

プラグイン

リンクエラーをチェックするときに利用するAPIを選択することが可能です。

初期設定となっている

【基本的なHTTP】

【YouYube API】

にチェックを付けておけば問題ないでしょう。

【高度な設定】タイムアウト

プラグイン

『BrokenLinkChecker』が

リンクエラーと判定するリンク先の応答時間

を設定することが可能です。

初期設定の『30秒』から変更する必要は、とくにありません。

【高度な設定】リンクモニター

プラグイン

ダッシュボードに『BrokenLinkChecker』を表示している時に、

リンクエラーチェックを継続するかどうかを設定することが可能です。

チェックを付けるかどうかは、お好みになります。

ただ、サーバーの負荷を極力減らしたい場合は、2つともチェックを外しても良いでしょう。

【高度な設定】ダッシュボードのウェジェットを表示

プラグイン

WordPressのダッシュボードから『BrokenLinkChecker』のリンクエラーを確認できる設定です。

【編集者以上】もしくは【管理者】としましょう。

【高度な設定】リンクに表示する操作

プラグイン

リンクエラー一覧で、

対象となったリンクエラーの処理をどうするか決める設定

を変更することが可能です。

具体的には、下図の赤枠の部分の表示を切り替える設定ができます。

プラグイン

基本的には、わざわざ変更する必要はありません。

ただ、僕は、

『リンクエラーではない』は不要

と考えているので、邪魔であれば、外してしまっても良いですね。

【高度な設定】最大実行時間

プラグイン

上図にある説明のとおりです。

とくに目的がなければ、初期設定のままで良いでしょう。

【高度な設定】サーバー負荷の制限

プラグイン

リンクエラーのチェックには、WordPressの置いてあるサーバーに一定の負荷がかかります。

万が一、高負荷となってしまったときに、

『BrokenLinkChecker』を停止する基準をここで設定することが可能です。

初期設定のままでも、とくに問題はないでしょう。

 

ただ、もし自身で設定するときには、あまり極端な設定はおすすめできません。

大きな値を設定するほど、サーバーに負荷がかかる可能性が高まり、サーバーが無理をします。

逆に小さな値では、頻繁に『BrokenLinkChecker』が停止して、

チェックがいつまでも終わらない可能性があります。

【高度な設定】リソース使用率の目標値

プラグイン

『BrokenLinkChecker』が利用するサーバーのリソース目標値を指定することが可能です。

さきほどの【サーバー負荷の制限】と同じく、大きな値に設定することはおすすめできません。

【高度な設定】ログの保存

プラグイン

リンクエラーをチェックした履歴(ログ)を取るかどうかを設定することが可能です。

設定は、お好みでどうぞ。

少しでもサーバーへの負荷を軽減するなら、チェックは外しておいたほうが良いでしょう。

【高度な設定】ログファイルの場所

プラグイン

【ログの保存】をする時のログファイルを配置する場所を指定することが可能です。

【高度な設定】再確認

プラグイン

リンクエラーのチェックを全てはじめからやり直します。

【すべてのページを再確認】ボタンをクリックすることで、再度チェックをし直します。

サーバーに負荷がかかることが想定されるので、頻繁なクリックは控えましょう。

 

BrokenLinkCheckerで記事のリンク切れをチェック

最後に、

『BrokenLinkChecker』がリンク切れを検出したこと

をチェックする方法を説明していきましょう。

ダッシュボードでチェック

【ダッシュボード】に『Broken Link Checker』のステータスが表示されるので、

ここで、リンク状況を確認することが可能です。

 

下図は、エラーがない場合のステータス。

プラグイン

 

エラーがある場合は、下図のように表示されます。

プラグイン

『○個のリンクエラーを発見しました』

という部分をクリックすることで、リンクエラーの一覧画面に遷移することが可能です。

プラグイン

 

メールでチェック

ブログにリンクエラーがあると、以下のような形でメールが届きます。

プラグイン

【ソース】の部分をクリックすることで、記事への遷移。

【すべてのリンクエラーを見ることができます】の部分をクリックすることで、

リンクエラーの一覧画面に遷移します。

 

まとめ

以上、WordPressプラグイン『BrokenLinkChecker』について紹介しました。

インストールは、ほかのプラグインと同じなので、とくに困ることはないでしょう。

リンク切れのチェック方法についても、メールでお知らせしてくれるので、

基本的には『待ち』の姿勢で問題ありません。

 

ただ、『BrokenLinkChecker』のリンクエラーチェックは、

サーバーに負荷がかかるため、

ブログに訪問者がきたときに表示速度が遅くなる可能性

があります。

その点は、留意しておきましょう。

気になるのであれば、『BrokenLinkChecker』を使うときだけ、

プラグインを有効化しておくのもよいかもしれませんね。

 

導入も使い方も簡単なプラグイン『BrokenLinkChecker』。

その重要度は、かなり高いと考えています。

『BrokenLinkChecker』を導入していないために、

知らないうちにGoogleからの評価が下がる可能性

も大いにあるでしょう。

全ての記事のリンク切れをチェックするなんて、人の手では絶対にできません。

必ず『BrokenLinkChecker』を利用し、安心してブログ運営を進めていきましょう。

 

そして、しっかりGoogleに対するブログの評価を上げれば…。

こういったことも可能になります。

アナリティクス

ブログでは話せないアクセスを集める裏側は、無料のメルマガでお話していきます。

ぜひ記事下から、登録しておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください