WordPressブログにお問い合わせフォームを設置するプラグイン紹介

お問い合わせフォーム設置

こんにちは。SOです。

Googleアドセンスのアカウントを取得するためには、

WordPressブログに、『お問い合わせフォーム』を作成しておく必要があります。

 

このお問い合わせフォームとは、

『ブログの固定ページからブログ運営者にメッセージ(メール)を送信できる仕組み』

のことです。

 

これを聞くと、

『なんかめんどくさそう…』

なんて思うかもしれませんね。

 

でも安心してください!

その『めんどくさい部分を全部やってくれるプラグイン』があるんです。

今回は、そのプラグインの導入と、お問い合わせフォームの設置までを紹介しましょう。

 

『お問い合わせフォーム』プラグインのインストール

WordPressブログに『お問い合わせ』フォームを作ることができるプラグインの名前は、

『Contact Form 7』

と言います。

 

まずは、この『Contact Form 7』をインストールしていきましょう。

インストール方法は、他のプラグインと変わりません。

WordPressの機能を使った方法でインストールしていきます。

 

【プラグイン】⇒【新規追加】をクリックします。

プラグイン

 

【プラグインを追加】画面が開きます。

プラグイン

ここで画面の右上にある【キーワード】に

Contact Form 7

と入力してください。

補足

Contact Form 7

にある、間の半角スペースを詰めてしまうと、正しく検索されません。

注意してください。

 

正しく検索されると、下図のように検索結果が表示されます。

プラグイン

『Contact Form 7』の『今すぐインストール』ボタンをクリックします。

補足

『Contact Form 7』と検索すると、

同名の似たプラグインが検索されるかもしれません。

作成者が『Takayuki Miyoshi』であることを確認してください。

プラグイン

 

インストールが完了すると、

『今すぐインストール』ボタンが『有効化』ボタンに変化します。

そこで『有効化』ボタンをクリックします。

プラグイン

以上で、『お問い合わせフォーム』プラグインである

『Contact Form 7』のインストールが完了しました。

 

『お問い合わせフォーム』プラグインの使い方

続いて、インストールした『Contact Form 7』の基本的な使い方を説明していきます。

 

Googleアドセンスのアカウントを取得するためなら、

これから説明するお問い合わせフォームを設置すれば十分ですよ。

 

『Contact Form 7』のインストールが完了すると、

WordPressのブログ管理画面に『お問い合わせ』の項目が追加されます。

【お問い合わせ】⇒【新規追加】をクリックします。

プラグイン

 

【コンタクトフォームを追加】画面が表示されます。

『ここにタイトルを入力』とある箇所に『お問い合わせ』を入力します。

プラグイン

 

入力するとこんな感じになります。

プラグイン

そのほかの項目については、とくに変更する必要はありません。

(初期値のままでOKです。)

 

続いて、【メール】タブに切り替え、【送信先】のメールアドレスを確認します。

プラグイン

このアドレスには初期値として、

『WordPressに設定したメールアドレス』

と同じメールアドレスが設定されます。

このメールアドレスに、お問い合わせフォームからのメールが届くようになるので、

必要があれば、送付してほしいメールアドレスに変更しておきましょう。

 

最後に画面の右上にある【保存】ボタンをクリックします。

プラグイン

以上で、お問い合わせフォームが完成しました。

 

続いて、完成したお問い合わせフォームを固定ページに設定していきます。

ただ、その前に、

お問い合わせフォームのショートコード

をコピーしておきましょう。

 

【お問い合わせ】⇒【コンタクトフォーム】をクリックします。

プラグイン

 

さきほど作成した【お問い合わせ】の【ショートコード】を選択してコピーします。

プラグイン
選択してコピー

選択すると、下図のようになります。

プラグイン

この状態でコピーをしましょう。

 

ここから固定ページに『お問い合わせフォーム』を設置していきます。

【固定ページ】⇒【新規追加】をクリックします。

プラグイン

 

【新規固定ページを追加】画面が開きます。

プラグイン

ここで以下の設定を行います。

固定ページの設定

  • タイトル
  • パーマリンク
  • 固定ページの内容

タイトル

『お問い合わせ』『連絡先』『メール』など、お好みのタイトルにしましょう。

入力した内容がブログに表示されます。

パーマリンク

上図では、『contact』となっていますが、

初期設定では、【タイトル】がそのままパーマリンクになります。

日本語のパーマリンクが嫌な人は、【編集】ボタンをクリックして、

お好みのパーマリンクに変更しましょう。

プラグイン
補足

パーマリンクについてはコチラで解説しています。

パーマリンク

ワードプレスブログで毎月50万円以上を稼ぐパーマリンク設定を紹介

2018年5月28日

固定ページの内容

コピーした『お問い合わせフォーム』のショートコードを貼り付けます。

 

公開する前に【プレビュー】ボタンでお問い合わせフォームを確認しておきましょう。

プラグイン

下図のような画面を表示することができれば、問題ありません。

プラグイン

このプレビューの時点でも、お問い合わせ機能は動作します。

適当に入力をして、送信のテストしてみるとよいでしょう。

 

プレビューで問題がなければ、最後に【公開】ボタンをクリックします。

プラグイン
テーマがSTINGERの場合

公開した時点で、

ブログ上に『お問い合わせフォーム』へのリンクがヘッダーに作成されます。

プラグイン

STINGERに限らず、テーマ(テンプレート)によっては、

自動的に固定ページがヘッダーに表示されることがあります。

 

お問い合わせリンクをメニューに表示させる方法

ここからは、

『作成したお問い合わせフォームのリンクをブログのヘッダーメニューに表示させる方法』

を説明していきます。

 

【外観】⇒【メニュー】をクリックします。

プラグイン

 

メニュー画面で、【メニュー名】を入力し、【メニューを作成】ボタンをクリックします。

プラグイン

入力する【メニュー名】は、お好みで構いません。

 

メニュー画面にある【固定ページ】で、

  1. 【すべて表示】をクリック
  2. 【お問い合わせ】を選択
  3. 【メニューに追加】をクリック

をしていきます。

プラグイン

 

メニュー画面の【メニュー構造】の中に【お問い合わせ】が追加されていることを確認します。

【メニュー設定】の【メニューの位置】にある【トップメニュー】にチェックを付けます。

最後に【メニューを保存】ボタンをクリックします。

プラグイン

以上で、ブログのヘッダー位置に『お問い合わせフォーム』へのリンクが表示されます。

 

まとめ

ここまでに説明したとおり、WordPressブログに設置する『お問い合わせフォーム』とは、

『Contact Form 7』プラグイン

のことです。

このプラグインを使って、

サクッとWordPressブログにお問い合わせフォームを作成してください。

ブログに表示させるまでは、少しややこしいかもしれませんが、

一個ずつ、丁寧に進めていけば、難しいところはありません。

 

また、このお問い合わせフォームは、

Googleアドセンスアカウント取得のためだけにあるわけではありません。

 

お問い合わせフォームを設置することによって、

  • 広告案件のお願い
  • ブログ売却のお願い

などの様々なメッセージが届くようになります。

ここにビジネスチャンスとなる可能性が秘められているんです。

 

たとえば『広告案件のお願い』であれば、

お願いされた広告を掲載することで『特別単価』、いわゆる特単を期待できます。

たとえば、

『通常は報酬1000円のところが、報酬1400円に!』

とかですね。

(普通は、ある程度は売れた実績がないと特単はでません)

 

『ブログ売却のお願い』であれば、

相場よりも高値でブログを売却することを期待できます。

一般的なブログ売却の相場は、

ブログ月収の10~15ヶ月分

といわれています。

それが、お願いされている立場もあって、

ブログ月収の30ヶ月分

で売却することも可能です。

 

実際に僕も、月収50万円のブログを

1500万で売却

することができました。

(ブログ月収の30ヶ月分)

 

すべては『お問い合わせフォーム』からのメッセージがきっかけです。

ここから意外なチャンスが転がってくるので、軽視せずにメッセージに注目しておきましょう。

 

それと、

1500万で売却できるブログの作り方

については、僕の無料のメルマガで暴露していきます。

ぜひ記事下から登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください