グーグルアドセンスの審査に合格する方法!2018最新基準をチェック

アドセンス審査に合格する方法

こんにちは。SOです。

この記事では、

  • グーグルアドセンスのアカウントを取得
  • 審査を合格するための基準

を紹介していきます。

 

「アドセンスで稼ぎたい!」

と思う人の

『はじめの難関』

と言えるのが、グーグルアドセンスの審査です。

実は、ここで多くの人が挫折してしまっています。

しかし、挫折してしまう人のほとんどが、

審査に合格するための方法や基準を知らないから

だったりするんです。

だから、この記事で紹介する

審査に合格するための2018年最新基準

を頭に入れて、サクッとアドセンスアカウントの審査を合格してしまいましょう。

 

グーグルアドセンスの審査合格までの流れ

大まかな流れは以下のとおりです。

  1. ブログの開設
  2. 記事を投稿
  3. グーグルアドセンスアカウント取得
  4. 審査を申請
  5. 合格可否の結果メールがくる

審査では、主にブログの品質(Googleのポリシー遵守状況)についてチェックされます。

ここでの品質とは、

Googleの求める基準

をクリアしているかどうかですね。

(合格する基準については、記事の後半でお伝えしていきます。)

 

先に一つお伝えしておくと一昔前までは、

  • アドセンス審査用のブログ
  • 実際に運営していきたいブログ

を分けて考えられていました。

なぜ、そんなことをしていたかと言えば、

500文字程度の日記のようなペラ記事を10記事ほど

集めたブログでもアドセンスの審査に合格できた時代があったからです。

その上、無料ブログでもよかったのです。

 

だから、アドセンス審査をクリアするための無料ブログを、

サクッと用意して、そのブログでアドセンスの審査を合格していたのです。

 

しかし、今は違います。

日記のようなペラページでは審査に合格できません。

さらに無料ブログでやるならば、

無料ブログ『Blogger』推奨で、独自ドメインが必須

となったのです。

 

もはや独自ドメインが必須になった時点で、

無料ブログでアドセンス審査をするメリットはなくなった

と僕は考えています。

 

そもそもアドセンス審査用のブログなんて、効率が悪いです。

これからグーグルアドセンスアカウントを取得するなら、

独自ドメインのWordPressブログでアドセンス審査に臨んでください。

 

そして、審査合格後のことも考え、

そのままブログを運営していけるようにしましょう。

 

もしGoogleのアカウントを持っていないなら…

アドセンスを使うには、Googleのアカウントが必須です。

こちらの記事を参考に取得しておいてください。

Gmail

【Gmail】メールアドレスやアカウントを2つ以上複数作成する方法

2018年7月19日

グーグルアドセンスのアカウント取得から審査まで

ここからは、『はじめての人向け』に、手順を1個ずつ掘り下げて説明していきます。

 

まずは、以下のアドセンスのトップページを開きます。

アドセンスのトップページ

 

アドセンスのトップページにある【お申し込みはこちら】をクリックします。

アドセンス

 

アドセンスの【お申し込み】画面が開きます。

アドセンス

以下のように入力を進めます。

入力内容

お客様のウェブサイト

Googleアドセンスの審査をするブログURLを入力します。

メールアドレス

アドセンスアカウントを紐付けるGmailアドレスを入力します。

こちらのメールアドレスにAdSenseの有益な情報をお届けします

どちらでも問題ありません。

お好みで選択してください。

最後に、【保存して次へ】ボタンをクリックします。

 

次に下図のように、入力したGmailアドレスへのログインが求められます。

(すでにログイン済みの場合は、この画面は省略されます)

アドレスは入力済みなので、【次へ】ボタンをクリックします。

アドセンス

 

Gmailアドレスへのパスワードを入力し、【次へ】ボタンをクリックします。

アドセンス

 

ここで再度【お申し込み】画面が開くので、下記のように進めていきます。

  1. 【国または地域を選択】に『日本』を選択
  2. 【利用規約】を確認し、『はい』にチェックを付ける
  3. 【アカウントを作成】ボタンをクリック
アドセンス

以上で、Googleアドセンスアカウントの作成が完了します。

ただ審査の申請は、まだ終わっていません。

 

アドセンスアカウントにログインすると、【支払い先住所の詳細】への入力を求められます。

1つずつ、しっかり入力していきましょう。

アドセンス
入力内容

アカウントの種類

アカウントの種類は、

  • 個人
  • ビジネス

の2つから選択することができます。

ビジネスは、『法人』のことです。

個人でもビジネスでも、アドセンスの報酬に変わりはありません。

名前と住所

  • 郵便番号
  • 住所
  • 名前
  • 電話番号

以上をそれぞれ入力していきます。

自身の自宅住所と、受け取ることのできる電話番号にしましょう。

アドセンスの審査をするためには、

電話番号が必須

となります。

最後に【送信】ボタンをクリックします。

 

次に電話番号の確認をします。

アドセンス
確認方法

  • ショートメッセージサービス(SMS)
  • 通話

スマホや携帯電話の番号以外であれば、『通話』を選択しましょう。

上記のいずれかを選択肢、【確認コードを取得】をクリックしてください。

すると、登録した電話番号あてに、確認コードが送られてきます。

その確認コードを切り替わった画面に打ち込みましょう。

 

次に審査するブログとアドセンスを紐づけます。

アドセンス

まず、コードの部分をコピーして、ブログに貼り付けます。

コードをブログへ貼り付ける方法

【外観】⇒【テーマの編集】をクリックします。

アドセンス

 

以下の手順でコピーしたアドセンスのコードを貼り付けます。

  1. 【テーマの編集】画面にて、【header.php】を探して選択。
  2. 【選択したファイルの内容:】から『</head>』を探す。
  3. 『</head>』の直前にコードを貼り付ける
アドセンス

ここでは、STINGERのテンプレートを使っていますが、

どのテンプレートだとしても『header.php』を探してください。

 

コードを貼り付けると下図のようになります。

アドセンス

 

最後に【ファイルを更新】ボタンをクリックします。

アドセンス

アドセンスのコードをブログに貼り付けた後は、

  • 【アカウントが有効になり次第、広告を表示します。】
  • 【サイトにコードを貼り付けました】

の2つにチェックを付けます。

最後に【完了】ボタンをクリックします。

 

次に【アカウントの有効化】画面が表示されます。

アドセンス

これでGoogleアドセンスアカウントの審査が開始となります。

 

審査の結果が出るまでの期間は、

早ければ1日程度

で連絡メールがきます。

ただ、期間に結構バラツキがあり、もっと遅いこともあります。

気長に待ちましょう。

 

審査に合格すると、下図のようなメールが届きます。

アドセンス

これで晴れて、ブログにアドセンス広告を設置する準備が整いました。

一度、審査に合格すれば、別のブログにアドセンス広告を貼っても大丈夫です!

 

審査に合格する2018最新基準

ここでは、

2018年最新のアドセンス審査合格基準

について、お伝えしておきます。

基準を知るだけで一気に難易度は下がりますので、ぜひ参考にしてみてください。

記事数

最低でも20記事は用意してください。

昔は、もっと少なくても問題ありませんでしたが、現在は審査基準が上がっています。

より確実に審査合格を狙うなら、30記事ほどあると良いですね。

 

また、記事がGoogleにインデックスされていることも重要です。

30記事を公開しても、そのうちの5記事しかインデックスされていなければ、

少なくても20記事以上がインデックスされるまで、待ちましょう。

文字数

最低でも1000文字を超える記事を用意してください。

上限となる文字数は特にありません。

同時に、

1000文字未満の記事は、審査不合格の理由になってしまう

ので、投稿しないようにしてください。

 

本来『良い記事』というのは、文字数は関係ありません。

しかし、アドセンス審査に合格するためには、

ある程度の文量が必要となっている現状

があります。

内容

訪問者にとって、有益になる内容にしてください。

昔は、個人の日記のような記事でも問題ありませんでした。

しかし現在は、ただの日記ではアドセンス審査で不合格になる例が増えています。

確実に合格するためにも、

『人の役に立つ』

ような記事を書いてください。

「ためになった!」

「読んで良かった!」

と思われる記事ですね。

これは、たくさんのアクセスを集める際にも同じことが言えます。

たとえば、

『立ちっぱなしの満員電車で最も疲れない方法!おすすめの位置は?』

『温泉に入る時と出る時のマナーとは?あると便利なグッズも紹介!』

みたいなタイトルの記事ですね。

 

また、『人の役に立つ』といっても、

  • タバコ
  • ギャンブル
  • ポイントサイトの紹介
  • アダルト
  • 暴力
  • グロテスクな表現がある
  • 誹謗中傷
  • 情報商材
  • 政治的な思想
  • 法令に違反

が含まれるテーマの記事はNGです。気をつけてください。

もちろん、コピペ記事もNGです。

 

誰がみても、不快に思わないような内容

になることを心がけましょう。

 

『不快に思わないような内容』というのは、記事の見た目も含まれます。

ただ文章をダーッと並べただけでは、文字ばかりの読みにくい記事の出来上がりです。

  • 話の区切りには、改行をしっかり入れる
  • 大事な文章や文字を強調
  • 見出し2(H2)や見出し3(H3)を活用

といったことをして、少しでも読みやすい記事になるように配慮してください。

画像や動画

審査に確実に合格するなら、画像や動画は使わない方が良いです。

画像を使うのは、審査に合格したあとにしましょう。

どうしても使うのであれば、

  • 著作権フリーで商用利用OKの画像
  • 自分で撮影した画像や動画

にしてください。

著作権や肖像権の侵害にあたるような画像や動画は絶対にNGです。

カテゴリー

記事のカテゴリー分けをしてください。

記事は、カテゴリーの設定をしないと自動的に『未分類』に振り分けられます。

その状態はよろしくありません。

せめて2つ以上のカテゴリーを作成して、記事を『未分類』以外に振り分けておきましょう。

注意

まだ記事が少ないうちに、カテゴリーを細分化しすぎないように注意してください。

カテゴリーに振り分けた時に、

それぞれのカテゴリーが5記事以上

になることが望ましいですね。

アフィリエイトリンク

アフィリエイトリンクを掲載することは一切やめましょう。

「せっかくなので、アドセンス以外の広告を載せたい!」

と思うかもしれませんが、画像と同じく審査に合格したあとに掲載してください。

ちなみに

内部、外部リンクに関しては、

「内部リンクは問題ない」

「Yahoo!など大手企業のニュースサイトであれば、問題はない」

という話もあります。

ただ、万全を期するならリンク自体、すべてやめておくほうが無難です。

投稿日時

記事の日時は、ある程度ズラした方が良いです。

1日1記事などにして、できれば同じ日にまとめて投稿することは避けましょう。

『すべての記事が同じ日で投稿されていること』は望ましくありません。

せめて見せかけだけでも、しばらく運営している風を装ってください。

 

WordPressの場合、投稿日時の指定は簡単です。

記事の編集画面で、【すぐに公開する】の【編集】をクリックします。

日時編集

 

下図のように日時を編集できるようになります。

希望する日時に変更して、【OK】ボタンをクリックします。

日時編集

以上の設定で記事の投稿日時の指定ができます。

アクセス(PV)

ブログへのアクセス(PV)の有無に関しては『関係ない』と考えてください。

1日に数PVしかないようなブログでもアドセンス審査に合格できます。

お問い合わせ

お問い合わせは、ブログ内に必ず作成してください。

具体的な『お問い合わせ』の作成方法は、以下を記事を参考してください。

お問い合わせフォーム設置

WordPressブログにお問い合わせフォームを設置するプラグイン紹介

2018年8月4日

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーは、ブログ内に必ず作成してください。

当ブログや、別のアドセンスブログにあるプライバシーポリシーを流用しても問題ありません。

当ブログのプライバシーポリシー

ただ『プライバシーポリシーのコピペは良くない』という噂もあります。

もし『コピペ』であることが気になるなら、ある程度、文面をアレンジしてみても良いでしょう。

作り方は、固定ページとして作成し、

『お問い合わせ』と同様にヘッダーメニューから遷移できるようにしてください。

プロフィール

ブログの持ち主のプロフィールがあったほうが、審査合格に繋がります。

個人情報を記載する必要はありません。

話せる範囲で、簡単に自己紹介をしておきましょう。

よくあるブログの形としては、『自己紹介の固定ページ』を用意して、

サイドバーとヘッダーメニューからの内部リンクを導線とします。

(当ブログもそうなっています)

審査の再申請

万が一、審査に不合格となってしまった場合、改善が済んだとしても、

すぐに審査の再申請をしないでください。

最低でも1週間はあけてから再申請をするようにしましょう。

いくらブログを改善しても、再申請のタイミングが早すぎると、

問答無用で不合格になる例が報告されています。

そうなると、何が原因で不合格になっているのか、わからなくなってしまいます。

 

また、再申請をするまでは、ただ待つのではなく、さらに記事を追加してください。

更新が止まったブログは、審査上ではマイナス評価にしかなりません。

 

おわりに

グーグルアドセンスアカウントの

取得手順、審査に合格する方法(2018年の最新基準)

を紹介してきました。

 

はっきりいって、何も知らない状態で、

アドセンスのアカウント審査を一発合格することは難しいです。

でも、学校のテストと同じで、この記事でお伝えした

『傾向と対策』

さえわかってしまえば、それも怖くはありません。

 

アドセンスアカウントは、ある程度の記事数を用意する必要があるため、

審査を合格するまでには時間がかかります。

それは、たしかにデメリットです。

審査についても、各種ASP案件に比べて厳しいかもしれません。

しかしアドセンス広告は、ASP案件のような

広告の手入れが一切不要

という大きなメリットがあります。(ASP案件は広告終了が訪れます)

一度、広告を貼ってしまえば、

アドセンスそのものが無くなるまでは、永久的に広告が表示され続けるんです。

そのメリットを享受するためにも、

ぜひ審査に合格して、アドセンス広告を使えるようにしましょう。

 

アドセンス広告を使えるようになれば、

今現在、僕が稼ぎ続けているステージのスタート地点になります。

アドセンス報酬

アドセンス報酬の一部

僕の後を追って、

「アドセンスで、たくさんのお金を稼ぎたい!」

というのであれば、この記事下から無料メルマガに登録しておいてください。

メルマガで、僕の稼ぎ方の裏側をお伝えしていきます。

限定情報はメルマガでお話します

mail



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください