トレンドネタ以外でブログにアクセス数を長期に集める方法を紹介

不労所得

こんにちは。SOです。

アドセンスブログを運営していると、

「記事を書いても、すぐにアクセスがなくなる」

「毎日記事を書かないと駄目なの?」

なんて悩みを抱えている人の声を、よく耳にします。

でも、それは、

短期間でしか、アクセスが集まらないネタ

をテーマに記事を書いているからです。

トレンドネタの場合だと、とくにその傾向です。

それは間違いありません。

 

しかし、長期間にわたってアクセスを集めるネタも存在します。

1年2年と

超長期にわたってアクセスを集め続けるネタ

だってあるんです。

そこで今回の記事では、

『長期間にわたってアクセスを集め続ける方法』

を紹介していきます。

アドセンスで長く稼いでいくためにも参考にしてみてください。

 

超長期にブログにアクセスを集めるネタ

超長期にブログにアクセスが期待できるネタ。

それは、

常に一定の検索需要があるようなネタ

になります。

そのほとんどが、

非トレンドネタ

です。

 

トレンドネタは、一発集中的なアクセスを求めるネタ。

一方で非トレンドとなれば、その考え方は真逆と言ってよいでしょう。

テレビ番組ネタや、ヤフーニュースの速報を狙うやり方とは異なり、

世の中のトレンドに左右されないネタ。

それが、超長期的なアクセスが期待できるネタになっていきます。

 

季節ネタは長期にアクセスが狙えるがトレンド要素も

ここまで聞くと、

「季節ネタのこと?」

なんて思うかもしれません。

 

たしかに季節ネタなら、毎年その季節の間は、長くアクセスを集めることは可能です。

季節ネタの代表的なところでは、

季節ネタ

『クリスマス』

『夏休み』

『GW』

『花火大会』

『入学式』

などなど

といったところが挙げられ、それら全部で稼ぐことが可能です。

でも、やっぱり季節“トレンド”なんですよね。

その季節でなければ、アクセスは期待できません。

 

ここで一つ、『お歳暮』を例にとって、検索ボリュームを見てみましょう。

お歳暮のアクセスボリューム

お歳暮のアクセスボリューム

上図は、過去5年間の『お歳暮』の検索ボリュームを示したものです。

もう一目瞭然ですよね。

毎年年末に向けて10月くらいから検索されていき、

12月にはアクセスのピークがあって、翌年の1月には検索されなくなります。

この『お歳暮』は、

年末にしかアクセスが期待できない

ということを意味するわけです。

 

ただ、季節ネタそのものは、

悪い選択肢でもありません。

毎年大きなアクセスがあるわけですから、それはそれで

『資産となる記事』

と呼べます。

ですから、狙えるのであれば積極的にやってみてください。

その時にしかアクセスの集まらない時事トレンド

よりは、よほど長くアクセスが集まりますよ。

(時事トレンドは資産にはなりませんが爆発力が凄いです)

 

生活の中で困ったときのネタ

非トレンドで、常に検索されるようなネタは、数多くあります。

はっきり言って無数です。

それはきっと、

自分自身がネット検索を使った過去

を振り返ってみれば、よくわかるのではないでしょうか?

 

人は何かで困った時には、その答えを懸命に調べます。

答えを探すのは、検索上位にある記事だけではありません。

検索下位にある記事まで読むことも珍しくありません。

なぜなら、

芸能人の熱愛ネタなどよりも、よっぽど大事

だからです。

そのため、

困ったことを解決するネタ

に関しては、検索上位でなくても記事に訪問してくれる確率が高めになります。

超長期的にアクセスを得るためには、そこを狙うと効率的といえるでしょう。

 

ただ、『困ったことを解決するネタ』には、1つ注意点があります。

『健康』『お金』

に関するネタには、手を出さないでください。

 

たとえば、

『風邪を治す方法』

というネタ。

たしかに、日本全体で需要があるネタです。

いまもどこかで風邪で苦しんでいる人が大勢いることでしょう。

それだけに検索ボリュームは計り知れないほど大きいことは間違いありません。

 

だとしても今現在、こういった『健康系』と『お金系』には手を出さないほうが無難です。

なぜなら、今のGoogleは『健康』や『お金』など、

人の人生を直接的に左右する可能性のある分野

においては、非常に厳しい検索アルゴリズムが組まれています。

(偽の情報が命取りになるため)

そのため、記事を書いた人の

実在性、権威性、情報の正確性

など、記事以外にも様々なチェックをした上で、それを検索結果として反映させています。

 

わかりやすく言えば、

  • 薬剤師や医師の免許を持っていない僕
  • 大手製薬会社や名医の公式ブログ

この二つの立場において、風邪薬のブログ記事を書いたら、

はたして、どちらの話が信じられるのか?

ということです。

 

答えは、もちろん後者。

僕がどんなに素晴らしい風邪薬の記事を書いたとしても、

それは、すでに『名医』という評判を得ている人のブログには勝てません。

 

となると、

「超長期的にアクセスを集めるためには、どんなネタで攻めれば良いのか?」

と思うかもしれませんね。

でも、そう悲観する必要はありません。

『健康』『お金』以外でも、生活の中で困った場面

なんて、たくさんあるんです。

 

たとえば、

超長期的にアクセスを集めるネタ例

『ぼったくりをする居酒屋の見分け方』

『鎌倉幕府の本当の年度と覚え方』

『新宿駅のトイレの場所』

『◯◯詐欺の対処法』

『LINEで告白する方法』

などなど。

こんなところでも、毎日数百アクセスを拾えたりするんです。

 

アドセンスブログを運営している人は、トレンドに走りがちな人が多いです。

たしかにトレンドの爆発力なアクセスは魅力的です。

しかし、

爆発はなくとも細かく広くアクセスを集めること

は、十分に可能であることは覚えておいてくださいね。

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『人々の生活で困ったことをネタにして記事にすること』

で、超長期的に記事が生きていきます。

『超長期的に記事が生きる』

ということは、それだけ

アクセスを集めることができる

ということです。

 

ただ、

『誰もが簡単に思いつくネタ』

は、ライバルがとても多くなります。

そこを狙いたくなる気持ちもわかりますが、

いきなり狙うには、厳しいネタなんです。

 

そこで、まずは本丸ではなく、外堀を埋めていってください。

そのためには、

定番ネタの複合キーワードから狙っていく

必要があります。

(だいたい3ワード以上が良いです)

 

当然、検索需要は少なくなっていきます。

1日10PVしかないようなネタ

もあります。

それもブログ記事にしていくといいですよ。

そういった複合で細かいネタを拾っていくことが、

本丸の単独キーワードを攻略することに繋がります。

 

そもそも、1日10PVだとしても、

その記事だけでも年間で3650PVもアクセスが集まるわけですからね。

積もり積もって、そういった記事を数百記事も作れば、

アドセンスの年収だけで数十万~100万以上を稼ぐこと

も現実的に狙えますので。

しかも、

『資産となる記事』

ですから、今後も毎日お金が入り続けてくるんです。

さらに、継続して記事を作っていけば、右肩上がりに収入は伸びていくでしょう。

もちろん、超長期的な資産となる記事だけじゃなく、短期的な

『爆発的トレンド記事』

を織り交ぜても、ガッツリ稼ぐことが可能です。

 

その上で、10年後を想像してみると面白いですよ。

はたして、どれだけのお金が入ってくるでしょうか?

 

10万円?

50万円?

100万円?

 

いいえ。そんなものじゃ済みません。

 

僕はブログ運営から、まだ5年も経っていませんが、それでも

数千万円

と稼いできました。

10年もしたら、ブログだけで

も見えてくるでしょう。

(このままいけば10年も必要ないです)

 

ブログ開始から1~2年くらいでも、アドセンス年収

700万円

を超えることは可能です。

実際に僕がそうでしたからね。

年間の実績

はじめた頃の年間のアドセンス報酬

ある程度は

作業量に比例するところ

もありますが、これは僕がそれだけ

『ブログに真摯に取り組んできた証』

でもあります。

 

そして、はっきり言えば、すばやく行動した人が稼げます。

ですから、一歩でも二歩でも、足を踏み出してみてください。

感覚を掴んでしまえば、凄く楽

なのですが、そのためには行動が必要です。

一歩二歩と踏み出した先は、全く違う世界が待っていますよ。

僕が副業で、寝てても遊んでいても稼ぐことに成功したブログの稼ぎ方

は、無料で発行しているメルマガでお話していきます。

この記事下から登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください