アドセンス禁止(NG)ワードとは?トレンドブログ記事作成での注意点

バツ

こんにちは。SOです。

御存知の通り、トレンドアフィリエイトのブログでは、間違った方向ではない、正しくアクセスの集まる記事を書けば書くほどに、収益が上がる仕組みです。

そして、トレンドアフィリエイトブログの収益の根幹となるのは、アドセンス(Google Adsense)広告によるクリック報酬ですよね。

このアドセンス広告を貼り付けるブログには、ある順守しなければならない規約があり、それは『Google Adsenseの禁止コンテンツ』と呼ばれるものです。

このアドセンスの『禁止コンテンツ』に抵触しないようにブログを構築していかないと、どこかのタイミングで Google によって、あなたのブログが審査された時に、

『問題アリ!』

と判定された場合、最悪アドセンスアカウントが凍結、剥奪されてしまうのです。

そこで今回の記事では、トレンドアフィリエイトブログの運営で注意するべき、『Google Adsenseの禁止コンテンツ』、それに関連する禁止(NG)キーワードについて、お話していきましょう!

 

ブログの禁止(NG)キーワードって何?

さて、今回の『禁止(NG)キーワード』についてですが、実は、Googleからの公式発表はありません。

あくまで全てSO個人の推論などを元に、”禁止(NG)キーワード”と呼んでいるにすぎません。真相は、Googleが握っています。

ただ、これまで見聞きした様々な情報などから、ある特定のキーワードをブログ内で使っていると、アドセンスアカウントが凍結、もしくは剥奪される確率がグッと上がることがわかってきました。

それでは、まず禁止(NG)キーワードの元となる Google Adsense の禁止コンテンツについてみていきましょう。

アドセンスの禁止コンテンツ

以上が、アドセンスの規約上の『禁止コンテンツ』です。

詳細を知りたい方は、Google Adsense のヘルプを参照してみてくださいね。

「アドセンス 禁止コンテンツ」と検索すれば出てくると思います。

さて、ここから導き出された禁止(NG)キーワードを探ってみると、以下となります(このブログではアドセンス広告を貼っていませんが、一応、画像としてます)

アドセンスの禁止(NG)キーワード

これまでに記事を書く時に、禁止キーワードを意識されていなかった方には、いろいろ驚かせてしまったかもしれませんね。

でも、すぐさま対策を取る必要はないかもしれません。

これら禁止(NG)キーワードを使っているからと言って、必ずしもアドセンスアカウントが凍結、もしくは剥奪されるわけでもないようなのです。

なぜかといえば、ブログ内で、禁止(NG)キーワードを使っているかどうかの仕分けを全て機械的にやっているとは思えないからです。

たとえば、漫画『暗”さつ”教室』に代表されるような禁止(NG)キーワードが含まれたサブカルチャーなどの言葉が原因で、アドセンスアカウントが凍結、剥奪されたという話も聞きませんからね。

Google としては、おそらく禁止(NG)キーワードを使っているブログ等を抽出、さらに目視で確認し、その中で、アドセンス規約に違反するようなブログを見つけるのでしょう。

その後は、警告メールを流し、さらにはアカウントの凍結、もしくは剥奪を徹底しているものと思われます。

ただし、目視するまでもなく、あからさまにダメな禁止(NG)キーワードもあり、その場合は、即刻アドセンス広告がブログに表示されなくなる、などの対応を取られるようです。

あと、注意するべきは、急激にアドセンス収益を伸ばした時、すなわちブログへのアクセスが急増した時ですね。

この時は、アクセスが急増した翌日~翌々日に Google の審査が入っているのでは?と疑われています。

そういった時に、禁止(NG)キーワードがブログにあるとマズイかもしれません。あくま推測ですが。

 

ブログ記事で禁止(NG)キーワードを使っても救いの道が?

青空

先ほど、少しお話しましたが、実は、アドセンス規約に抵触する禁止(NG)キーワードを使ってしまった場合、よほどの悪質でない限りは、突如としてアドセンスアカウントが凍結、剥奪されてしまうわけでは、ありません。

その前に、おおよそ Google Adsense 運営側から、規約抵触についての警告のメールが、あなたに届くはずです。

ただし、このGoogleからのメールでは、

「あなたのブログに規約に抵触する禁止コンテンツが含まれている記事があるよ。早く直してね♪」

と教えてくれるだけなのです。

そう、これだけでは、あなたのブログのどこの記事のどんな表現が問題だったのか、さっぱりわからないのです。

あなたのブログが全体で、数十記事程度でしたら、1記事ずつ目視でも禁止(NG)キーワードを確認していけますが、これが数百記事となってしまうと、それはとても困難な作業の道のりが待っています。

それでも、早めに記事を修正しないと、あなたのアドセンスのアカウントが凍結、もしくは剥奪されて、今後一切アドセンスで稼ぐことはできなくなってしまうのです。

なので、Goolgeからの規約抵触の警告メールがきた後の選択肢は、

  1. ブログをまとめて削除して新たに作りなおす。
  2. Googleからの警告を無視して、稼げるところまで稼ぐ(いずれアドセンスアカウントが凍結、剥奪)
  3. 1記事づつ目視で確認し、該当箇所を見つけて、文章の表現を修正する、もしくは記事を削除する。

せいぜい、この3つぐらいしか対応策がありません。

ちなみにアドセンスアカウントが凍結、剥奪された場合、それまでに未払いとなっている報酬についても、解除されるまでは報酬の支払いが止まります。

つまり、「先月アドセンスで100万円稼いだぞー」と、歓喜に浸っていても、翌月の支払い前にアドセンスアカウントの凍結、もしくは剥奪をされてしまえば、その100万円はアカウントの復活までは、あなたに支払われることはありません。

そんなことになったら、もう目も当てられないというか、しばらく立ち直れないかもしれませんよね。

以上のことを考えてみれば、そもそもとして、Google Adsense の禁止コンテンツに抵触するような、禁止(NG)キーワードを使わないようにすることがベストと言えるでしょうね。

 

まとめ

ここまでご理解いただけましたか?

トレンドアフィリエイトブログを構築するのであれば、大きな収益源として、絶対にアドセンス広告は外せません。

そのため、アドセンス広告からの収益を安定して確保するために、今回紹介した禁止コンテンツになりうる『禁止(NG)キーワード』は、使わないでくださいね。

たとえアドセンスの規約に抵触していても、一応は救いの道がある可能性はありますが、その救いの道は、時間の大きな浪費になってしまう可能性大です。

だったら初めから、禁止コンテンツや、この禁止(NG)キーワードを頭に叩き込んでおき、出来る限り禁止(NG)キーワードを使わないブログ記事作りを心がけましょう。

アドセンスの禁止(NG)画像についての記事はコチラ!

アドセンス禁止(NG)画像とは?トレンドブログ記事作成での注意点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください