アドセンス広告をWordPressブログに自由自在に設置するプラグイン3選

AdSenseManager

こんにちは。SOです。

アドセンス広告をWordPressブログで、好きな箇所に自由自在に設置する時には、

『必須プラグイン』なんて言われた『AdSenseManager』…。

 

それは、もう過去の話。

 

とくに正式発表はありませんが、実質サポートが打ち切られたことによって、

『AdSenseManager』の代わりとなるプラグインを探す必要が出てきました。

 

そこで、この記事では、

『AdSenseManager』に代わりになる上に、より良いプラグインを紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

ちなみに『AdSenseManager』の問題については、以下の記事でお話しています。

AdSense

AdsenseManagerの設定や使い方を解説!広告が表示されない原因とは?

2018年9月16日
AdSense

WordPressの検索で目的のプラグインが見つからない時の対処法を解説

2018年9月10日

プラグイン1 AdSense Plugin WP QUADS

1つ目に挙げるのは、『AdSense Plugin WP QUADS』。

『AdSenseManager』と違って、WordPressの検索から、インストールすることが可能です。

プラグイン

WordPressから検索した結果

『QuickAdSense』の後継のようなプラグインで、

『QuickAdSense』を使った経験があれば、非常にスムーズに利用することが可能です。

現在も定期的に更新されていますから、

プラグインそのものが、今後も安定して動作することが見込めます。

『AdSenseManager』のように、終わりがくることもしばらくはないでしょう。

 

無料版と有料版がありますが、気にせず、無料版を使ってください。

無料版で十分すぎるほどの機能が備わっていますよ。

 

アドセンスコードのショートコード化も、もちろん可能です。

ただ、それだけじゃなく、大きな特徴として、

指定した条件での自動挿入機能

があります。

これによって、ショートコードすら意識することなく、

指定した場所にアドセンス広告を記事に埋め込むことが可能になります。

さらに楽になるための、その先にあるプラグインといえるでしょう。

 

とくに、これまで自動挿入機能を使ってこなかった人には、特に使ってほしいですね。

この機能があるおかげで、

アドセンス広告のテストにかかる労力が100分の1くらいは、軽減されます。

 

たとえば、

「記事上に広告を設置していたけど、記事中にも広告を出してみたら、報酬が増えるかな?」

なんて思った時、自動挿入機能がなければ、

テストのために、すべての記事を手動で変更する必要があったんです。

これが数記事程度だったら、まだいいでしょう。

でも、何百、何千と記事があったとしたら…。

とんでもなく面倒な作業であることは誰でも想像できますよね?

 

そこで、今回紹介した自動挿入機能ですよ。

プラグインの設定ひとつを変更するだけで、すべての記事に、あっさり反映されます。

こんな便利な機能を導入しない手はないですよ。

 

プラグイン2 Advanced Ads

プラグイン

『AdSenseManager』と同様にショートコードを設定することで、

好きなところに自由自在に、アドセンス広告を表示可能となります。

 

しかも、ショートコードどころか、クリックだけで簡単に広告を挿入することもできます。

(『AddQuicktag』プラグインを使わずに)

プラグイン

上図の『Ad』をクリックすれば、広告を挿入できます。

 

また、『AdSense Plugin WP QUADS』と同じように、

『自動挿入機能』

も備わっています。

『下から◯行目にアドセンス広告設定』

『上から◯行目にアドセンス広告設定』

『記事下にアドセンス広告設定』

みたいな感じですね。

 

あと上の画像にあるように、『Advanced Ads』プラグインは、とても更新頻度が高いです。

これが何を意味するのかと言えば…。

  • WordPressのバージョンアップ
  • セキュリティの問題
  • PHPのバージョンアップ

以上、3点に対する対応が早いということです。

『長く安定して利用できる』

とも言えるでしょう。

今回紹介する3つのプラグインでは、最も長期的に利用できることが予想されるので、

 

「もう二度とアドセンスコードの設置プラグインで悩みたくない!」

 

という人には、最もおすすめですよ!

 

プラグイン3 Post Snippets

プラグイン

最後に紹介する『Post Snippets』プラグインも、

指定文字列のショートコード化

が実現できるプラグインです。

ただ、それだけじゃなく、このプラグインの最大の特徴は、

ショートコードの文字列を指定可能

ということです。

 

『AdSenseManager』を使っている人であれば、きっとこの魅力に、すぐ気がつくはずです。

なにせ、

『AdSenseManager』を使って広告表示していた記事を一切変更せずに、

『Post Snippets』へ、そのままプラグインの移行ができるからです。

『AdSenseManager』卒業組にとっては、『渡りに船』のようなプラグインと言えるでしょう。

 

記事数が数百以上あるアドセンスブログで、

『AdSenseManager』から似たプラグインへ移行するには、

『Post Snippets』しか選択肢はない

といっても過言ではありません。

 

「『AdSenseManager』から別のプラグインに代えたいけど、修正する記事数が多くて、簡単には変更できない…。」

 

という人には、ぜひ『Post Snippets』を使ってほしいですね。

 

また、テキストモード時に限定される話ですが、

ショートコードをクリック一発表示するために必須プラグインだった『AddQuicktag』が、

この『Post Snippets』では不要です。

テキストモードで記事を書く人にとっては朗報かと思います。

(ビジュアルモードには、『AddQuicktag』が必要です)

 

おわりに

今回は、アドセンス広告を自由自在に設置するための

『AdSenseManager』以外のおすすめプラグイン3選を紹介していきました。

補足

『AdSenseManager』には、以下の記事で挙げた問題点がありますので、

早めに卒業しておくと良いですよ。

AdSense

AdsenseManagerの設定や使い方を解説!広告が表示されない原因とは?

2018年9月16日
AdSense

WordPressの検索で目的のプラグインが見つからない時の対処法を解説

2018年9月10日

アドセンス広告を表示させるだけなら

記事で紹介したプラグインのいずれかを使えば、とくに支障はないはずです。

 

ただ実は、アドセンス広告を簡単に設置するには、プラグインだけに限りません。

賢威やSTINGERなど、一部のテンプレートの中には、

アドセンスを簡単設置するための機能が備わっているんです。

だから、それを使っても、ほとんど同じことが実現可能です。

そういった便利なテンプレートは、これから増えていくでしょう。

 

しかし、だとしても僕はプラグインの使用を絶対におすすめします。

なぜなら、テンプレートの機能に頼ってしまうと、

後々テンプレートを変更しにくくなるからです。

(テンプレートを変更すると、広告を設定するために、全記事を修正する必要があるため)

 

『ブログを新しいテンプレートに変更したいけど、簡単にはできない…』

テンプレートの機能に頼りすぎると、そんな足枷になってしまう恐れがあるんです。

だから、ぜひ今回挙げた3つのプラグインのいずれかを利用しておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください