日本のお金の単位が円や銭はいつから?由来や意味をチェック!

お金

こんにちは。SOです。

現在、日本で使われているお金の単位は、

『円』

だということは、誰でも知っていることですよね?

 

これが、株の世界になると、

『銭』

も一緒に使われています。

 

今では当たり前のように使われているお金の単位ですが、そもそも、

どのようにして、お金の単位が決まったのか

知っている人は、あまりいないのではないでしょうか?

 

というか、僕自身もちゃんと調べてみるまでは、よく知らなかったんですよね。

  • 僕がサラリーマンとして稼ぐお金
  • 僕がブログ運営の副業で稼ぐお金

どちらも、同じお金です。

そして僕に限らず、現代の日本で生きる、ほぼ100%の人にとって価値のあるものです。

にも関わらず、その知識がないって変ですよね。

 

お金をたくさん稼いでいる資産家ほど、

お金の歴史は、当たり前の知識として持っているものです。

そして、なによりお金に感謝し、お金を大切に考えています。

決して、お金を粗末に扱ったりはしません。(資産家のマインド)

 

そこで、今回は、

『円や銭は、どのようにして決まったのか』

について、紹介していきます。

知っているようで知らないことだと思いますので、ぜひお金のことを知っておいてください。

 

日本のお金の単位が『円』や『銭』になったのは、いつから?

まず最初に、

『日本のお金の単位が円や銭になった経緯』

について紹介していきます。

 

円という単位が使われる前は、

『両・分・文』

という単位が使われていました。

 

これは江戸時代に使われていた貨幣の単位であり、

『江戸から明治に変わる過程』

で、現在の『円』が使われるようになったのです。

 

正式に『円』となったのは、『新貨条例』が出てから

正式に、貨幣が円に変わったのは、1871年5月に出された、

新貨条例

からとなっています。

 

当時の円の価値は、

『1円=1ドル』

となっていました。

 

つまり、現在の貨幣と比べて、

およそ100倍

の価値があったということです。

 

形状も、現在のようなものではなく、

  • 金貨
  • 銀貨
  • 銅貨

が使われていました。

ここから、様々な貨幣が作られては廃止されながら、現在の形となっています。

 

お金の単位が『円』や『銭』になった由来や意味は?

お金

ここまでお金の歴史について、簡単に紹介しました。

それでは、次に、

なぜ、『円』や『銭』という名称になったのか?

について、紹介していきます。

 

『円』の由来は、中国を真似したから?

これから『円』の由来を紹介していくのですが、『円』には、

様々な通説がある

と言われています。

 

例えば、『円』は、

形が丸いから『円』という名前になった

とされています。

 

これは、そのままの意味になるかもしれませんが、

『形が丸くないお金』

もあるため、実際には少し由来が違うとも言われていますね。

 

そもそも、円という単位を使い始めたのは、

『中国が先』

と言われています。

 

中国では、かつて、

『銀塊を貨幣として使っていた時代』

がありました。

 

ですが、メキシコから入ってきた銀貨が、

『円形をしていた』

ことから、中国でも同じ形を貨幣として採用したということです。

また、このときにメキシコの貨幣のことを、中国では、

銀円

と呼んでいました。

 

一連の流れを知っていた日本は、

  • 中国が円形の貨幣を使いだしたこと
  • メキシコの貨幣を銀円と呼んでいたこと

から、これに倣い、

『円』

という単位を使ったとされているのです。

 

香港銀行の壱円を真似たから?

また、もう1つの説があります。

それは、円の貨幣を作るときのモデルにもなった、

『香港銀行の壱円』

の呼び方から、『円』という名称になったと言われています。

 

確かに、香港銀行の壱円と昔の日本円を比べると、

円形であること

が、共通点となっています。

お金

香港の壹圓(左)と日本の一圓(右)

名称も、

『壱円』

だったことから、かなり納得できる説ではあります。

 

持ち運びやすい形が、円形だったから

日本の貨幣は、今と比べて、

『持ち運びに手間がかかるもの』

でした。

 

寛永通宝などは、円形でしたが、他の貨幣は、

  • 四角形
  • 楕円形

など、なかなか持ち運びにくい形をしていたのです。

 

これを、何とか解消しようとして、

貨幣を円形に揃える

という方針を立てたとも言われています。

 

そして、円形に揃えられた貨幣の形を見て、

『円』

という名称がつけられたとされているのです。

 

意味は形骸化

『円』の意味としては、いまや『形骸化した』と言ってもよさそうです。

僕自身、収入として、

  • 会社から得る給料
  • ブログから得る報酬

がありますが、どちらも現金で受け取ることは、まずありません。

どちらも毎月勝手に、僕の銀行口座に振り込まれます。

振込にしても実際には、ただの数字データの移動に過ぎないでしょう。

支出にしても、

  • 家賃の支払い
  • コンビニやスーパーでの買い物

なんて、すべてクレジットカードか電子マネーです。

現金の『円』なんて、ほぼ使いません。

『円』を持ち歩くことは、この先もっとなくなるでしょうね。

 

『銭』の由来は『セント』

ちなみに、『銭』という単位も使われていますが、由来は、

アメリカ貨幣のセントからきている

と言われています。

 

セントを貨幣の名称で使えないか考えたところ、少し変化して、

『セン』

という名称になり、それが『銭』になったみたいですね。

 

銭は、もともと、

『ゼニ』

と呼ばれ、古い時代から使われている貨幣の単位でした。

 

その為、円に貨幣の名称が変わったときも、

『馴染み深い貨幣の単位』

として、残されたのかもしれません。

 

本当の『円』や『銭』の由来は分からない

様々な由来がある、円や銭ですが、実は、

本当の由来は分かっていない

と言われています。

 

なぜかと言うと、新貨条例が出された次の年に火災が発生し、

『当時の関係資料が全て燃えてしまった』

ため、確認する術が無くなってしまったのです。

 

その為、様々な通説が生まれることになったのですが、現在まで、

『本当の由来は判明していない』

というのが、本当のところだとされています。

 

今後、どこかで当時の資料が発見されることになれば、

『円や銭の本当の由来』

がわかるかもしれません。

 

それとも、すでに発見されているにも関わらず、

何か不都合なことがある

ために、隠している可能性も否定できません。

どちらにしても、いずれは、本当の由来を知りたいものですね。

 

まとめ

様々な通説があるものの、

『円や銭の由来は複数の説があるものの、はっきりしたことはわからない』

ということが言えるでしょう。

 

やはり、現存する資料の中に、貨幣の起源を記したものがないことが、

『円や銭の由来がわからなくなっている原因』

と言えます。

 

資料が残っていなくても、誰かしらが知っていそうなものですが、

『由来に関連する言葉を残した者もいない』

ということになっています。

 

先程も紹介したように、

何かしらの理由があって、言えないだけ

かもしれませんが、本当のところは、現時点では判明しません。

今後、

  • はっきりとした資料が発見されるか
  • 本当は知っている誰かが公言するか

どちらにしても、本当のことを知ることが出来る日を待つ方が良いのかもしれません。

お金の歴史を学んだ後は…

次は、『お金を稼ぐこと』を学んでいきましょう。

僕の無料メルマガでは、副業でお金を稼ぐ方法を暴露していきます。

どのように稼ぐかといえば、それは『ブログ』。

パソコンとネットがあれば、誰でも実践可能な副業です。

しかも、月に1~2万円レベルのお小遣いではありません。

初心者からでも、

  • 月収10万円以上
  • 年収数百万

極めることができれば…

  • 月収100万円以上
  • 年収数千万

を稼ぎ出す副業ブログの実践テクを公開します。

この記事下から、ぜひ登録しておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください