日本の若者が長生きしたくない心理とは?理由は年金や介護問題?

生きる

こんにちは。SOです。

『長生きすること』

を望んでいる人は、現在どのくらいいるのでしょうか?

今より環境が整っていなかった時代には、長生きしたいのにできない人も多くいました。

長寿は、誰しもが憧れるものだったことでしょう。

時が過ぎ、現在では平均寿命も、

男性:81.09歳

女性:87.26歳

というふうに

『100年人生』

も決して難しいものではなくなってきました。

しかしその反面、最近では

『長生きはしたくない』

という声も多く聞くようになってきたのです。

とくに、その傾向は若者世代に多くみられ、それがニュースにもなっています。

そこで今回は、若者世代を中心に、なぜ長生きをしたくない人が増えているのかを紹介していきます。

改めて、

生きるということ

について、考えるきっかけにしてみてください。

 

若者が長生きしたくない理由1 金銭問題

長生きしたくない最も多い理由として

『金銭問題』

があります。

とくに、年金受給額が、かなり下がることが、近年噂されているため、それを受けて、

「年を取ってまで、お金に悩まされるのなら、長生きなんてしたくない」

と考える人も多いのです。

国という枠組みで生活していくため

には、お金が必要不可欠なものとなってきます。

生きていくための元となるものが無くなってしまうのは、誰でも困りますよね?

無くならないにしても、

「お金を稼ぐために生きているのではない」

と考えるのは、人として当然の想いでしょう。

そんな苦しみを抱えながら、ずっと生きているよりは、

「ある程度、生きられればよい」

と考える人のほうが多い現状になっているのです。

 

若者が長生きしたくない理由2 介護問題

人が長生きしていく上でぶつかる問題として『介護問題』があります。

絶対とはいいませんが、人は身体が衰えると

誰かに介護してもらわなければなりません。

今まで出来ていたことが出来なくなり、その分を他の人に手伝ってもらいながら生活することを余儀なくされるのです。

これは生きていく上では、しょうがないことでもあるのですが、長生きをしたくないと考える人の中には、

『誰かに介護をさせて迷惑をかけたくない』

と考える人もいます。

 

『人に迷惑をかけるくらいなら、長生きせず早めに人生を全うしたい』

という考えなのですが、これには様々な要因が含まれています。

その1つが『少子高齢化社会』です。

平均寿命が伸びた関係で、

老後の生活負担を今を生きる若い世代が引き受けている

現状があるのです。

介護は、かなり分かりやすい例です。

老後に、

身体が不自由になった人を若い世代が介護をしながら働いていること

は、よくあります。

この二足のわらじを履いていると、次に出てくる問題として

『介護疲れ』

があります。

家では介護、会社では仕事の板挟み。

これでは心身ともに疲弊しきってしまい、最悪自ら命を絶つ人まで出てくるのです。

 

老人ホームなどの施設に入れている人も多くいますが、

100%安心ということでもありません。

認知症などを発症している人は、老人ホームから無断で外出し行方不明になることもあります。

施設員から虐待を受ける場合もあるのです。

認知症はまだしも、施設員が虐待をするのは言語道断です。

しかし実際に、ニュースにもなっているあたり

これが現実なのです。

これらの対応を行うのも若い世代の人が多く、

実際に自分が同じようになるのをおそれていること

も、長生きしたくない要因になっているようです。

 

若者が長生きしたくない理由3 生きる意味を見出せない

絶望の人

年金に介護と現実的な問題を紹介しましたが、それだけが理由ではないようです。

中には、

『生きる目標が何もない』

という人もいます。

人生そのものに価値を見出せない

という問題が起きています。

毎日同じように会社に行き、年中無休で働くけど、収入はほぼ全て生活費などで消えていく。

  • 負の連鎖から逃れられない自分
  • 周囲の成功している人

自分自身の価値について考え、さらに落ち込む。

とくにやりたいと思えることもなく、やりたいことが見つかっても現在の生活を壊してまでは実行できない。

結局は、同じことの繰り返しになる。

このような生活を送っている人は、決して少なくないでしょう。

このような状態で「目標を持て!」と言われても

それは無理。

というより、心がついていかない状態なので、次第に生きることすら辛くなってくるのです。

こうして、やがては生きる意味を見出せなくなり、長生きなんてしたくないと考えてしまうのでしょう。

 

現実が長生きしたい願望を消している

このように日本の若者には長生きしたくない人が、多くなってきているのですが、

決して全ての人がそう思っているわけではありません。

『長生きをして楽しい人生を送りたい』

と考えている人も確かにいるのです。

ですが、ここで問題になってくるのが、目の前にある『現実』です。

先程から紹介している、

  • お金
  • 介護
  • 生きる意味

などは、この現実を表す良い例かもしれません。

 

誰しも最初から現実だけを見ていたわけではないでしょう。

子供のころには、

『いつかお金持ちになって自由な生活を送れる』

『スポーツ選手になって有名になる』

などなど。

自分の理想像を、友人などと語り合っていた人もいたと思います。

夢を持つこと自体は、とても素晴らしいことです。

しかし、大人になるにつれ、

夢だけではなく現実も見なくてはいけないこと

に誰しもが気づいてきます。

そして将来の生活を想像して、

  • どれくらいお金がかかるのか
  • 老後までに何をしなければならないのか

などなど。

最終的に、自分がどのような人生を送るべきなのかを考えていくでしょう。

その過程で

『長生きしたらお金も迷惑もかかる』

という結論に至る場合が多くなっているのが現状なのです。

その結論が、長生き願望を消してしまう原因の1つになっているといえるのではないでしょうか。

 

『生きる』を人生の目標にすること

生きる

これまでは『長生きしたくない人の心理』について紹介しました。

当てはまる人も、かなりいるのではないでしょうか?

ですが、これだけではあまりにも希望がないので、ひとつ希望が生まれる話をしたいと思います。

 

それは、

『生きるを人生の目標にすること』

についてです。

「人はなぜ生まれてくるのか?」

この質問に、誰もが納得できる回答を出来る人は、おそらくこの世にはいません。

これは限りなく持論に近いものになりますが、人が生まれてくる意味、それは、

『生きるため』

ということを、ここで言っておきます。

人に限らず、生き物は生まれたときから『生きるため』に生活しています。

この生きるが根底にあり、

『子孫の繁栄』

『豊かな生活』

などは後からついてくるものに過ぎません。

また『生きる』を人生の目標にしたとき、誰しもが

すでに目標を達成していること

となります。

それと同時に目標向かって取り組んでいる状態ができるのです。

『目標達成と同時に目標に取り組める』

ということは、本来これだけで幸せなことと言えるでしょう。

長生きすることに希望を見い出せない気持ちも分かります。

でも、『生きる』という目標を持てば、長生きするしないは

贅沢な悩み

に見えてきませんか?

 

まとめ

今回のまとめとして、

『長生きしたくない心理は人それぞれ。まずは長生きできる環境を喜ぶことが大事。』

ということになります。

日本で暮らす若者が長生きしたくない心理は様々。

その心理は、紹介した内容やその他多くの理由があることだと思います。

ですが、この心理状態になれることは、

ある意味で幸せなこと

だと知ることも重要ではないでしょうか?

幸い、日本は世界でも有数の長寿国となっています。

ですが、それまでの歴史に

『生きたくても生きることができなかった人』

がいたことを知ることで、人生の見え方も変わってくるでしょう。

世の中は、

理不尽なことや辛いこと

で溢れています。

たとえそうだとしても、生きることに後ろ向きにならないよう、

少し意識を変えること

で、長生きしたくない心理も変わってくるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください