国家公務員と地方公務員の違いとは?給料や年収の格差と試験難易度を紹介

公務員

こんにちは。SOです。

国や地域のために働く仕事として、

国家公務員

地方公務員

という職業があるのは、誰でも知っていますよね?

 

ですが、この2つの違いを聞かれると、

「よくわからない…」

という人も多いと思います。

なんとなく、

国家公務員の方が上

ように見えるかもしれません。

確かに仕事の規模で見れば、その通りとも言えるでしょう。

かといって、地方公務員が良くないのかと言われれば、そういうわけでもないです。

 

そこで、今回は、

『国家公務員と地方公務員の違いは何か?』

これについて、紹介していきます。

これから、どちらの仕事に就きたいと考えている人は、参考にしてみてください。

文部科学省

官僚とキャリア官僚の意味の違いとは?激務の真相と給料や年収を解説

2018年11月1日

国家公務員とは?

まずは、国家公務員について紹介していきます。

国家公務員とは、

『日本の行政機関に勤務する者や、特定行政法人に勤務する者』

これに加えて、

『国家公務員法が適用される者』

を指していて、特別職と一般職に分かれています。

 

特別職には、

  • 内閣総理大臣
  • 国務大臣
  • 国会議員
  • 裁判官

などがあります。

一般職は、

各府省庁で事務職をすること

がほとんどです。

ただ専門的な分野で働く一般職の職員もいるため、一概にどの仕事とはいえません。

 

国家公務員の給料は?

国家公務員の給料は、

俸級

というもので決められています。

勤務年数と階級によって、『級』『号給』が決まっています。

これに、各種手当が追加されたものが最終的な給料になるのです。

 

平均年収は、

約600万円

とされています。

ただ、これは勤務年数がある程度、長くなければなりません。

ちなみに、平均月給が、

約40万円

夏と冬のボーナスの平均が、

約80~90万円

となっています。

 

これを『高い』と思う人もいるかもしれませんね。

しかし、ここまでになるには、

『およそ20年程度の勤務年数』

が必要になってくるんです。

職場にもよりますが、かなりの重労働になることもあるため、

軽い気持ちで公務員を目指すと、あとで痛い目を見るかもしれませんね。

 

地方公務員とは?

次に、地方公務員について紹介します。

地方公務員は、

『地方公共団体に勤務し、一定の地位がある者』

となっていて、

『地方公務員法が適用される者』

を指しています。

地方公務員も、国家公務員と同様に、特別職と一般職に分けられます。

 

ちなみに、特別職は、

  • 都道府県知事
  • 市区町村議員
  • 地方自治体議員

などがあります。

一般職は、

  • 特別職以外の各行政機関や公安職
  • その他それぞれの専門にあった職場で働く人

に分かれています。

 

地方公務員の給料は?

地方公務員の給料は、国家公務員と同様に俸給であり、

級と号給

で決まっています。

 

平均年収は、

約400~450万円

といわれていて、これもある程度、勤務年数がある人に限られます。

平均月給は、

約30~40万円

といわれています。

 

やはり、国家公務員などに比べると、給料や年収が低いのは否めませんね。

 

公務員の試験難易度は?

絶望

国家公務員、地方公務員ともに、試験の難易度は、

『どの試験を受けるか』

で様々です。

 

公務員試験は、種類が多いため、

自分が公務員になって何をしたいのか

によっても、試験の難易度は違ってくるでしょう。

それによって、倍率が20倍超えをするときもあれば、5倍程度になる場合もあります。

 

とくに、

『国家行員の総合職は、公務員試験の中でも最難関』

といわれていて、

国家資格と同等かそれ以上の難易度

があります。

 

試験内容も、一般知識から専門知識まで幅広く網羅しなければならず、並の努力では、まず合格できないでしょう。

やはり、国の仕事に携わるためには、それ相応の知識が必要ということです。

 

筆記試験を合格すれば、ひとまずは安心

公務員試験で、何が難しいと言われれば、やはり、

『筆記試験』

となるでしょう。

「ここに全てを注ぎ込む!」

といっても過言ではないくらい、筆記試験は重要になってきます。

 

そもそも、筆記試験に合格できなければ、面接試験まで進めないこともあるので、ここが最も重要なのです。

ですが、逆に考えると、

『筆記試験に受かれば、かなり有利になる』

ということです。

 

もちろん、面接試験も重要なのですが、こればかりは当日の試験官が判断することなので、どうなるかはわかりません。

面接官も、目で結果が見える筆記試験の内容を重視しているので、

『筆記試験をどれだけ高得点で合格できるか』

が合格への1つの鍵となってくるでしょう。

 

公務員の収入格差は、難易度の差

同じ公務員でも、国家公務員と地方公務員では、収入にある程度の差があることを紹介しました。

ですが、収入の差は、

『ある意味当然のこと』

といえるのです。

 

先程紹介したように、試験の難易度では、

『国家公務員の方が、明らかに上』

となっています。

 

倍率は、受ける人数にもよるので別ですが、試験の難易度に関しては比べるまでもないのです。

それほど、

『国家公務員になるのは難しい』

ということであり、生半可な気持ちでは決してなれないでしょう。

かといって、地方公務員試験が簡単なのかと言われれば、それもまた違います。

 

確かに、国家公務員試験に比べれば難易度は落ちますが、公務員である以上、

『責任のある職業』

に就くことになります。

それに見合った教養と人格を持ち合わせていなければ、地方公務員にはなれないと思っていてください。

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『国家公務員と地方公務員、給料の格差はあれど、仕事の重要度は同じ』

ということがいえるでしょう。

どちらの職業も、国の仕事に関わることには違いありません。

 

『どれだけ国の深い部分にいるか』

によって、給料も違ってきますが、それ相応の仕事をしなければならないのです。

 

近頃では、公務員も給料がカットされ続け、また不祥事続きでもあります。

昔のように、安泰な職業ではないかもしれません。

しかし、国のために働く、

『誇りと使命感』

これがある人は、ぜひ目指してみるといいですね。

 

公務員は、

「お金の問題が多い」

とも言われますが、普通に生活していれば、そんな問題はほぼ起きません。

あまり心配する必要もないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください