無料Wi-Fiのセキュリティは大丈夫?安全な使い方をチェック!

アンテナ

こんにちは。SOです。

今や完全にネット時代が到来していますが、ユーザーにとって最大の敵は、

『データ通信量』

といってもよいのではないでしょうか?

そんな人の強い味方といえば、

『無料Wi-Fi』

というものがありますよね?

 

『お金がかからず、通信量もかからない!』

まさに今の時代にピッタリでしょう。

ですが、無料Wi-Fiは安易に使うと、

個人情報などを盗まれてしまう可能性

もあるものです。

 

そこで、今回は、

『無料Wi-Fiの安全な使い方』

これを紹介していきます。

安全に、お得に無料Wi-Fiを使うためにも、参考にしてみてください。

 

無料Wi-Fiはどこにあるの?

そもそも、無料Wi-Fiはどこで使えるのか、知っていますか?

普段使っている人ならば、どこで無料Wi-Fiが使えるかは分かるかもしれません。

ですが、あまり使わない人は知らないことも多いです。

 

無料Wi-Fiは主に、

  • 全国チェーンのコンビ二
  • ネットカフェ
  • 公共施設の一部
  • 飲食店

などなど、

不特定多数の人がよく使っている場所

に設置されています。

 

無料といっても、中には、

『パスワードや会員登録をしなければならない』

こともあり、すぐに使えるわけでもありません。

 

無料Wi-Fiのセキュリティは大丈夫なの?

無料で使えるのであれば、ぜひ使いたいところですが、注意すべきこともあります。

使おうとしている無料Wi-Fiが

『本当に安全なのかどうか』

を、確実に確認しておかなければなりません。

 

今の時代、情報は様々なところから狙われています。

個人情報が盗まれてしまうと、

『なりすましをされる』

『情報を誰かに売られる』

など、大変危険な状況にさらされてしまいます。

 

一度漏れた情報を取り戻すことは、

ほぼ100%不可能

であり、どんどん拡散されてくでしょう。

銀行の口座番号などが漏れてしまうと、

有り金を全て取られてしまうこと

にもなりかねません。

 

無料Wi-Fiは、誰でも簡単に使える反面、

『情報が誰にでも盗まれる可能性』

を含んでいます。

無料Wi-Fiがあったとしても、安易に使わないようにしなければならないのです。

 

セキュリティを強化する方法はないのか?

セキュリティ

『無料Wi-Fiがあっても、簡単には使わない方がよい』

と紹介しました。

 

ですが、

「せっかく無料で使えるなら使いたい!」

と思うのが、普通でしょう。

それでは、

『情報を漏らさないために、セキュリティを強化するためにはどうすればよいのか』

以下からは、この方法を紹介します。

 

暗号化されているかどうかを見る

無料Wi-Fiに接続するとき、

『鍵マーク』

がついていることを知っていますか?

この鍵マークは、

『ネットワークが暗号化されているかどうか』

を表しています。

Wi-Fi

暗号化されているネットワークは、

基本的に情報が開示されることはありません。

無料Wi-Fiを使う前には、鍵マークがあるかないかを確認しておきましょう。

 

どこが提供している無料Wi-Fiかを見ておく

鍵マークがついているからといって、完全に安心はできません。

もう1つ注意する点として、

『どこが提供している無料Wi-Fiか、確認する』

する必要があります。

 

無料Wi-Fiを提供しているところは、主に、

『入店したお店や施設の名前』

などが、ネットワーク名に入っています。

それ以外のWi-Fiは、よくわからない名前のものがほとんどでしょう。

 

このことを踏まえて、信頼できる名前の無料Wi-Fiを使うように心がけておきましょう。

 

セキュリティソフトを入れておく

  • 暗号化されているか
  • 信頼できるネットワーク名か

これらはもちろん、セキュリティ対策としてやっておかなければならないことです。

ですが、これだけでは完全とは到底言えないのです。

 

本当に万全を期すのであれば、

『セキュリティソフトを確実に入れておく』

これをしっかりと行っておきましょう。

1番安心で、手っ取り早い方法

は、この方法に尽きます。

 

セキュリティソフトを入れておくことで、別のサーバー経由で通信することもできます。

そうすることによって

『無料Wi-Fiを確実に暗号化することができる』

ができるため、基本的にはどこで使っても安心です。

 

もし危険なネットワークに接続しようとしてしまったときでも、

『警告文を出して注意を促す』

ということも、自動で行ってくれます。

 

自分で対策するのもよいですが、

『先行投資と思ってセキュリティソフトを入れておく』

ことで、大きな被害に遭う前に対処できるかもしれません。

『備えあれば憂いなし』

とも言いますよね。

被害に遭いたくなければ、万全の体制を整えておきましょう。

僕が使っているセキュリティソフト



さきほど紹介した機能が搭載されていますから、これを入れておけば安心です。

「セキュリティ対策は面倒だな…」

と思う人には、とくにおすすめできます。

一度、お試しで使ってみてください。

【カスペルスキー】30日無料体験版はこちら

 

なるべく公共の場所で使わないことが1番の対策

無料Wi-Fiの安全な使い方を紹介してきましたが、1番の対策は、

『公共の場所で、無料Wi-Fiを使わない』

ということです。

 

『人生そんなに甘くない』

というように、

無料で使えるものには、それに見合ったリスク

が必ず存在しているのです。

 

それを受け入れて使っているのであれば、それも良いのですが、いざ被害に遭って後悔しても、

『時すでに遅し』

ということもあります。

 

使わなくてよいのであれば、

なるべく公共の無料Wi-Fiは使わないようにしましょう。

それが、財産を守ることにもつながりますよ。

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『タダより危険なものはない、自分の身は自分で守るべき』

ということがいえるでしょう。

 

いくら技術が発展しても、それを使いこなせなければ意味はありません。

過ぎた力は、自分を滅ぼすだけなのです。

そうならないためには、その力を使いこなせるようにならなければなりません。

 

この情報社会、

『知らないというだけで、すでに自分は不利』

なのだと自覚しなければ、ただいいように利用されるだけです。

自分の身を自分で守れるようにする為にも、今回の内容を参考にしてみてください。

 

また、これ以外にも専門書などを読んだりして、

自分を守れる知識

を増やしておきましょう。

技術に振り回されず、自分で舵取りをしながら、無料Wi-Fiを有効に使ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください