消費税が10%に上がるメリットとデメリットを紹介!その影響は?

消費税

こんにちは。SOです。

日々の暮らしの中で、誰もが買い物をしてお金を払っていると思います。

そのときに、ほぼ必ず取られるのが、

『消費税』

ですよね?

 

現在は、8%の消費税が買い物で取られていますが、今後、

『10%』

に引き上げられることは、すでにニュースなどでも発表されていることです。

 

家計の負担が増えるので、誰しもが辛いと感じるところですが、

『消費税を増税すると、どうなるのか?』

これを詳しく知っている人は、あまりいないのではないでしょうか?

 

そこで、今回は、

『消費税10%のメリット・デメリット』

について紹介していきます。

生活に関わることなので、ぜひ参考にしてみてください。

 

消費税10%のメリットと影響

ぐー

消費税が、8%から10%になると、メリットとして何があるのか。

まずは、これについて紹介していきます。

 

メリット1 国の予算が安定する

税金が増えると、

『国の税収が増える』

のは、すぐに分かることです。

 

そして、国の税収が増えてメリットになることとは、

『国の予算が増える』

ことなのです。

 

この国家予算を、一般人の手取り金に例えてみましょう。

毎月の手取り金が、

『15万円』

生活費諸々の出費が、

『13万円』

だとすると、残るのは、

『2万円』

です。

 

これが、毎月の手取り金が、

『20万円』

生活費諸々の出費が、

『13万円』

だとすると、残るのは、

『7万円』

になります。

そうなれば、使えるお金は、

7万円-2万円=5万円

に増えます。

 

このように単純に

『もらえるお金が増えると、使えるお金も増える』

ことになりますよね?

 

使える幅が広がったお金を、

『社会保障や公共事業』

などに使えば、人々の日々の暮らしが便利になるのです。

個人と国家の違いだけ

であり、理屈はほとんど変わりません。

 

メリット2 全ての年代に、公平に税金がかかる

日本には、消費税以外にも様々な税金がかかりますよね?

その中でも、特に身近な税金が消費税ですが、もう1つ。

『所得税』

があることは、よく知っていると思います。

 

所得税は、

『現在の所得に対し、税率が変わるもの』

であり、所得が増えれば増えるほど、税金が増えていきます。

「多くお金を貰っているんだから、少し多めに取っても大丈夫だろう」

なんて思うかもしれませんが、ここに問題点があるのです。

 

所得税に関する問題点とは、

『頑張って働けば働くほど、税金が増える』

ということです。

 

そして、この税金は、

『少ない所得の人や定年退職した人に使われる』

ことになるのです。

全てがそうではありませんが、

『所得が多い若者世代が、高齢の世代を支えている』

と言われるのには、このような理由があるのです。

 

本来、

『自分の稼ぎだけで生きていくのが当たり前』

と考えるのが、一般的です。

ですが、所得税を増やしてしまうと、

『若者世代の負担と不満が、さらに大きくなること』

に繋がってしまいます。

 

それに比べて、消費税は、

『消費者全員が取られる税金』

であり、年齢や所得に関係なく、誰もが享受しているものです。

国の予算を増やして、税金の格差を起こさないためにも、

『消費税を増税すること』

は、ある意味で合理的と言えるのです。

 

メリット3 災害被害の早期回復

日本は震災や津波により、各地で復興活動が行われています。

その影響は、被害から数年経った現在でも、

『なかなか解消されていない』

というのが、現状です。

 

災害被害を、早期解決するためには、

『公共施設や住宅等の建て直し』

が急務になってくるのです。

 

そして、災害復興に使われるお金はもちろん、

『国の税金』

ということになります。

 

その為、

『復興財源の確保のためにも、増税は必要なこと』

だと言えるでしょう。

 

被災地が復興すれば、それだけ地域に活気が戻ってきます。

これにより、経済が回りだし、豊かな生活を取り戻すことも可能になるのです。

 

メリット4 インフラが充実する

インフラという言葉が、ニュースなどで度々使われていますが、これは、

『日常生活を支えるもの・インターネットなどの通信基盤』

という意味で、一般的に使われているものになります。

 

日常生活で言えば、

  • 交通
  • 物資搬送
  • 水道
  • 電気
  • ガス
  • 公共施設

などがあります。

インターネットなどの通信基盤は、

  • 電話
  • 携帯電話
  • パソコン
  • その他通信機器全般

などです。

 

これらの発展・整備にも、

『国の税金』

が使われ、消費税が増税されて、国の予算が増えれば、

『インフラ設備の充実』

を図ることができるため、人々の生活がより便利になっていくというわけです。

 

メリット5 脱税を防止できる

よくニュースでも流れている、

『脱税』

という言葉ですが、これを防ぐためにも、消費税の増税は役に立ちます。

 

所得税などでは、

『所得をごまかす』

などの方法で、脱税を行うことが行われます。

 

もちろん、本来やってはいけませんが、

『生活が困窮している』

などの理由で、実際には行われているのが現状なのです。

 

その点、消費税は何か物を買ったときに、

『すぐに支払わなければならない』

という特徴があるため、脱税がほとんどできないものです。

これにより、

『税金に対する不公平をなくすことが出来る』

というわけですね。

 

消費税10%のデメリットと影響

砕け散る人

さきほどは消費税が、増税されるメリットを紹介しました。

ですが、

『メリットがあれば、デメリットも必ず存在する』

ため、それをこれから紹介していきます。

 

デメリット1 出費が増える

消費税が増えると、当然、

『買い物をするときの料金も増える』

ことになります。

 

その為、日頃から切り詰めて生活している人は、

『家計が苦しくなる』

という悩みが増えてしまうのです。

いくらインフラ設備が良くなっても、お金がなければ意味はないですからね。

 

デメリット2 増税前と増税直後の、売り上げに差が出る

実際に消費税が、5%から8%に上がったときにもありましたが、

『増税前に、何か買っておかなければならない』

という心理は、大半の人に働きます。

 

これにより、増税前には売り上げが伸びるものの、増税後、

『極端に売り上げが下がる』

という現象が起きます。

これは主に、企業側のデメリットと言えますが、

『売り上げが下がれば、値上げする』

ことにも繋がりかねないので、一般人も無関係ではありません。

消費増税

消費税が増税で10%に上がる前に絶対に買っておくべき物5選!

2018年10月30日

 

デメリット3 中小企業が倒産する

消費税が上がると、

なるべく物を買わない心理

が働きます。

これにより、被害を最も受けるのは、

『下請けなどの中小企業』

になってくるのです。

 

『物が売れない』

ということは、

『仕事がなくなる』

ということに繋がりますよね?

 

ここから連想される流れは、

  1. 仕事がなくなる
  2. 収入がなくなる
  3. 倒産する

となってきます。

 

実際、そこまで単純な話ではないのですが、

『倒産する企業』

は、この流れを辿ることになるでしょう。

 

デメリット4 失業者が増える

先程の続きのようになりますが、中小企業が倒産すると、当然、

『失業者が増える』

ことになります。

とくに、40~50代で失業すると、次の仕事はなかなか見つかりません。

それで自暴自棄になってしまう人も多くいるのです。

 

たくましい人ならば、失業しても、また這い上がれるかもしれません。

しかし、

『全ての人が、同じようにできるとは限らない』

というのが、この世の摂理というものです。

少なくとも、生活に困る人が増えるのは確実でしょう。

 

デメリット5 景気が悪化する可能性もある

増税によって税金を多く集められても、景気が悪化する可能性もあります。

その理由としては、

消費税の増税で景気が悪化する流れ
  1. 消費者が、増税で物を買わなくなる。
  2. 物を買わないと、中小企業の仕事が減る。
  3. 仕事が減ると、収入が減る。
  4. 収入が減ると、企業が倒産する。
  5. 企業が倒産すれば、失業者が増える。
  6. 失業者が増えれば、経済が回らなくなり、景気が悪化する。

という流れが、一般的なものになるでしょう。

 

この場合、

本当に自力のある企業だけ

が生き残ります。

そのため、

『経済の質を上げる』

と言う面で考えれば、メリットと言えなくもないです。

 

ですが、そのメリットを得るためには、

『多くの失業者たちを踏み越えていかなければならない』

ことにもなります。

弱肉強食と言えば、それまでですが、あまりにも救いがなさ過ぎる気もします。

 

受け入れられる人は良いですが、受け入れられない人からは、

『かなりの不平不満』

が出てくるでしょう。

そしてこれが、政治不信につながり、さらに負の連鎖を引き起こすことになるかもしれません。

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『消費税10%の影響は、思っている以上に大きい』

ということが言えるでしょう。

 

消費税の増税と言っても、

「たかだか2%なら、大丈夫!」

なんて考えているなら、認識を改めた方が良いです。

 

消費税の増税は、メリット・デメリット共に、

『様々な場面で影響を及ぼすもの』

になります。

 

メリットだけを見ていると、足元をすくわれかねないので、

『メリット・デメリットの両方を認識する』

ことを常に忘れず、増税後の生活に備えてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください