飲食店の値上げラッシュの理由と告知のタイミングをチェック!

値上げ

こんにちは。SOです。

飲食店で食事をすることがある人は、かなりいるのではないでしょうか?

『朝・昼・夜の食事』

どこかのタイミングで、飲食店に入ることも多いと思います。

 

ですが、最近話題になっている、

飲食店の値上げラッシュ

により、飲食店を利用しにくくなってきています。

 

これまでも、飲食店の値上げは行われてきましたが、

『さらに値上げが実施される』

見通しがあります。

 

そこで、今回は、

『値上げラッシュの理由と今後の予想』

について、紹介していきます。

普段から、飲食店を利用する人は、参考にしてみてください。

 

飲食店の値上げラッシュの理由は?

そもそも、なぜ飲食店の値上げラッシュが続いているのか?

ということですが、それにはいくつかの理由があります。

その理由を1つずつ紹介していきます。

 

人手不足による賃金の増加

まず、最初に、

『人手不足』

が、原因に挙げられます。

 

飲食店で働く人は、

年々減少傾向になっている

というのが、現在の状況です。

 

その為、1人当たりの賃金が増加し、

『必然的に資金不足に陥る』

ことになるのです。

 

資金不足になれば、次に取る対策としては、

『物価を上げる』

という流れになるのは、よくわかると思います。

 

全ての商売に言えますが、

物やサービスが売れなければ、経営ができない

のは、誰が見ても明白です。

 

その為、今まで、

『安い値段で提供されていた食事』

など、売り上げを支えてきたメニューを、値上げしなければならなくなるのです。

 

飲食店などは、特に、

人の入れ替わりが激しい

という特徴があります。

 

その理由は、

飲食店の人の入れ替わりが激しい理由
  • 賃金の少なさ
  • 労働時間で不便を感じる
  • 労働と賃金が見合っていない

など、様々な理由が挙げられます。

 

これにより、従業員の定着率が低くなり、

『慢性的な人手不足』

に陥っているというわけなのです。

 

各飲食店も、それなりに対策を講じているところではあります。

しかし、

『今後も、値上げが予定されている』

という話が聞こえてくることは、まだまだ対策が十分とは言えない状況のようです。

 

材料の価格高騰

飲食店の値上げラッシュの要因として挙げられている、もう1つの理由は、

『材料費の高騰』

が挙げられます。

 

飲食店を経営する上で、避けては通れない、

食材の調達

ですが、現在進行形で、価格の高騰が続いているのです。

 

とくに、飲食店でよく使われる、

『米の価格高騰』

が著しく、頭を悩ませている会社も多いようです。

 

材料費が上がれば、それだけ支出も上がります。

そのため、

『売り上げを、さらに増やさなければならない』

という流れができるのです。

 

飲食店が、売り上げを増やす方法としては、

  1. さらに多くの人に、お店を利用してもらう
  2. メニューの値段を上げる

という二択を、迫られることになるでしょう。

 

利用客が多くいる店舗であれば、まだなんとかなります。

しかし、地方などの過疎化が進んでいる地域などでは、なかなかそうもいきません。

 

また、飲食店は日本中に様々なものがあるため、たとえ都心であっても、

他の店舗にお客を取られてしまう

こともあります。

 

飲食店を利用する人は、

「なるべく安く利用したい」

と考える人が多いものです。

 

一部、富裕層をターゲットとしている店舗であれば、

『1回当たりの単価が高くなる』

ので、そこまで多くの人を呼び込む必要もなくなります。

 

ですが、チェーン展開している飲食店は、

安さと回転率

を売りにしている店舗が、ほとんどです。

 

その為、

『利用客の増加』

は、重要事項になってくるのです。

 

そして、利用客が増えなければ、次に実施するのは、

値段を上げる

ということになってくるでしょう。

経営を維持するためとはいえ、負の連鎖になっているのは否めません。

 

今後の、値上げ告知タイミングはどうなる?

時間

値上げラッシュが続いている飲食店ですが、今後も、

さらなる値上げが敢行される

ことは、ほぼ間違いないと思われます。

 

その理由は、

消費税の増税

が背景にあるといって良いでしょう。

消費税

消費税が10%に上がるメリットとデメリットを紹介!その影響は?

2018年10月31日
消費増税

消費税が増税で10%に上がる前に絶対に買っておくべき物5選!

2018年10月30日

 

『10月』が値上げ告知のタイミング?

現在の消費税は、

8%

だということは、誰もが知っていることでしょう。

 

この消費税が、2019年10月に、

10%

まで引き上げられることが、現時点でほぼ確定しています。

 

今まで2度に渡り、消費税の増加は延期されているため、

『3度目は、ほぼ確実に引き上げが行われる』

という雰囲気が、現在流れています。

 

安倍総理にも、

『1度口にした以上、必ずやり遂げる』

という気迫が感じられます。

よっぽど大きな政変が起こらない限り、変更はないでしょう。

 

そして、各飲食店に関しても、

増税に合わせる形で、値上げが敢行される

と考えられます。

 

逆に、

『増税に合わせて、一部のメニューの値段を下げる』

ことにより、利益を狙う方法も、あるにはあるでしょう。

 

ですが、

値下げしたメニューが売れるとも限りません。

そのため、

慎重に考えざるを得ない

というのが、現状となります。

 

消費税が上がると、それだけ、

『売り上げが下がる』

ことは明らかなので、飲食店経営者は、頭を悩ませる日々が続きそうですね。

 

急に値上げはせずに、ゆっくり上げていくことも考えられる

値上げをするタイミングが分かったとしても、

『一気に値上げをする』

とは限りません。

 

いきなり値上げをしてしまうと、

今まで常連だった人が、店から離れてしまう

ことも考えられるからです。

 

その為、値上げを告知するタイミングも、

『増税後、回数を分けて告知する』

ため、いつが正確なタイミングになるかは、飲食店ごとに違ってくるでしょう。

 

ですが、この手の値上げは、

『同じ飲食店業界であれば、ほとんど変わらない』

ので、概ね同じと思って大丈夫です。

 

値上げの期間としては、

半年~1年間

の間で、行われると考えていればよいでしょう。

どうなるにしても、利用客からすれば辛いところですね。

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『飲食店の値上げラッシュは、様々な費用の高騰が原因である』

ということが言えるでしょう。

 

飲食店業界に限らず、

  • 人手不足
  • 材料費の高騰
  • 消費税の増税

は、深刻な問題になっています。

これからも、どんどん値上げの気運は高まってくるでしょう。

 

どこかで歯止めをかけなければならないのですが、

  • その方法がはっきりとわからない
  • やり方を知っていても、実現できない

というのが、実情のようです。

 

消費者側としても、

『値上げに対応する手段』

を身に付けておかなければ、今後の動きに対処できなくなるでしょう。

今後は、値上げされる覚悟をしておき、しっかりと順応できるようにしていかなければなりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください