パソコンの動作が重い原因の調べ方と改善・解消の方法を紹介!

Windows10

こんにちは。SOです。

パソコンを使っているとき、

「動作が遅いな。」

と感じることはありませんか?

 

どんなパソコンを使っているか、によっても違いがありますが、

『重くなる原因』

としては、ある程度決まっています。

 

なるべくなら、自分のパソコンを、

「快適に使いたい!」

と思いますよね?

 

そこで、今回は、

『パソコンの動作が重くなる原因と対処法』

について、紹介していきます。

快適にパソコンを使いたい人は、参考にしてみてください。

 

パソコンの動作が重い原因とは?

パソコンが重たくなる原因は、様々です。

ですが、

「何が原因になっているか分からない」

なんて状態では、対処ができません。

 

まずは、

パソコンが重たくなる原因

の種類を紹介していきます。

 

原因1 スペック不足

まず考えられるのは、

『パソコンのスペック不足』

です。

 

デスクトップパソコンなど、最初からスペックが高いパソコンであれば、よっぽどのことがない限り、動作が重くなることはありません。

ですが、

  • ノートパソコン
  • 型落ちパソコン

などであれば、どうしても動作が重く遅くなることがあるのです。

 

原因2 容量不足

パソコンの動作が遅くなる原因に、

『容量が少なくなっている』

というものがあります。

 

例えると、

荷物が多すぎて、動きずらくなる状態

と言えるでしょう。

 

定期的に点検を行い、

データの消去をしておく

必要があります。

 

原因3 ウイルスに感染している

これは気づきにくいのですが、パソコンの動作が遅い理由として、

『ウイルスに感染している』

という可能性があります。

 

最新の『ウイルスバスター』などをインストールしていても、ウイルスに対応できない場合があります。

 

その場合、パソコンのセキュリティを突破して、

中の情報を盗み見ている

という状態になるのです。

 

実質、

『二台分のパソコンが操作している』

ため、動作は遅くなって当然となります。

 

ウイルスの場合で、セキュリティソフトが効かないときは、

  • 専門店に持っていく
  • パソコンを初期化する

などの対策を行いましょう。

 

原因4 パソコン本体の不具合

パソコン本体に、

『異常が生じている』

という可能性もあります。

 

パソコンは、定期的に手入れをしなければ、

中のパーツが劣化する

など、不具合が起こりやすくなってしまうのです。

 

ずっとパソコンを使っている人で、

「1度も手入れをしていない。」

という人は、1度専門店などに、パソコンを持って行った方が良いかもしれません。

 

パソコンが重い原因の調べ方と改善・解消方法は?

Windows10

ここまでパソコンが重い原因を、紹介してきました。

それでは、実際に、

『パソコンが重くなってしまったときにどうすれば良いのか』

ということは、なかなか分からないでしょう。

 

専門店に持って行っても良いのですが、出来れば、自力で解決するほうが、お金もかからなくて良いですよね?

 

ここからは、

『パソコンが重くなった原因の調べ方と、改善・解消方法』

について、紹介していきます。

クリーンアップを行う

パソコンを使い続けていると、

『不要なデータ』

というものが出てきます。

 

不要データが溜まりすぎると、

『パソコンの読み込み動作が遅くなる』

ことに繋がりますので、定期的に整理していかなければなりません。

 

その方法の1つに、

クリーンアップ

があり、これを行えば不要なデータを削除することが出来るのです。

 

パソコンの不要なデータを削除するためには、

  • Windowsなら、Cドライブのクリーンアップ
  • Macなら、管理ツール

をそれぞれ使ってみてください。

 

常駐アプリケーションを見直す

パソコンの起動と同時に、

『勝手に起動するアプリケーション』

というものがあります。

 

これを、

『常駐アプリケーション』

というのですが、これにあっても、パソコンの動作を重くする原因となっています。

 

これを解消するためには、

  • Windowsなら、スタートアップ欄から削除する
  • Macなら、ログイン項目ファイルから削除する

ことで、勝手にアプリケーションを起動させないように出来ます。

 

タスクマネージャーで管理する

パソコンには、

『タスクマネージャー』

という機能があります。

 

これを使えば、

自分のパソコンに、どれだけの容量があるデータが入っているか

が、一目で分かるようになるのです。

 

タスクマネージャーで出た結果をもとに、

『どのデータが不要なのか』

を、絞ることができます。

 

不要だと思うデータは、

適宜、削除していく

ことで、パソコンの動作をある程度は軽く出来るでしょう。

 

不要なデータ以外で、アプリケーションを削除する場合は、

  • Windowsなら、コントロールパネルから削除する
  • Macなら、launchpad(ランチパッド)から削除する

これを試してみてください。

 

キャッシュを削除する

パソコンで、インターネットを閲覧していると、

『キャッシュ』

というものが溜まっていきます。

 

これは、一度訪れたサイトなどに素早くアクセスすることが出来るものですが、

溜まりすぎてしまうと、パソコンが重くなる原因になるものです。

 

その為、

定期的にキャッシュを削除する

ことで、パソコンの動作を軽くすることができます。

 

削除方法としては、

  • キャッシュファイルを削除する
  • 各ブラウザの、閲覧履歴を削除する

などがあります。

 

視覚オプションやアニメーションを無効化する

パソコンの各動作時、

『特殊なエフェクトやアニメーションが施されている』

ときがあります。

 

特殊なエフェクトやアニメーションは、

『視覚オプション』

と呼ばれることがあり、これも、パソコンの動作を重くする原因になることがあります。

 

とくに必要がないのであれば、

アニメーションを無効化する

ようにしておきましょう。

 

方法としては、

『Windows・Macともに、設定画面から無効化できる』

ため、必要がなければ無効化しておきましょう。

 

デフラグを設定する

パソコンにデータが書き込まれるとき、容量が少なくなってくると、

『ハードディスク内部の別々の場所に、データを書き込む』

ことがあります。

 

この場合、読み取りに時間がかかるため、

デフラグ

という機能を使って対処しています。

デフラグとは

『分散されたデータの整理』を行うことができる機能。

実行するとパソコンの動作が軽くなる。

ですが、Window10やMacでは、

『初期状態から、自動でデフラグを行ってくれる機能』

がついています。

 

万が一、デフラグが働いていないときは、

  • Windowsなら、管理ツールを使う
  • Macなら、フリーソフトを使う

など、自力でデフラグを行うことが出来ます。

 

あまり気にする必要はありませんが、

「どうしても、動作の改善ができない」

という人は、試してみてください。

 

パソコンを初期化する

パソコン内に、とくに大事なファイルがない場合、

『パソコンを初期化する』

という方法もあります。

 

無駄なアプリケーションやファイルを消すことができ、

パソコンを購入時の状態に戻す

ことができます。

これにより、改めて設定を行うことも可能です。

 

初期化は、

  • Windowsなら、設定から行う
  • Macなら、ディスクユーティリティから行う

ことによって、実行可能です。

 

注意する点としては、

削除されたら困るデータを保存しておく

ということです。

 

1度初期化してしまうと、削除されたデータを復元することは、ほぼ不可能となってしまいます。

 

初期化をする前に、

本当に大切なデータがないのか

などを、しっかりと確認しておきましょう。

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『パソコンの動作不良は、専門店に持っていかなくても、ある程度自分で対処できる』

ということが言えます。

 

パソコンに不慣れな人にとっては、パソコンの動作が悪くなるなど、トラブルが起きると、

『どう対処すれば良いか分からなくなる』

ものですよね。

 

そんなときは、1度落ち着いて、

自分で何とか出来ないか、調べてみる

ことをおすすめします。

 

今回紹介した方法以外にも、インターネット上には、トラブル対策の方法が数多く載っているものです。

無駄に専門店に持っていかなくても済むので、なるべく自分で対処できるようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください