公務員1年目(初年度)のボーナス金額はいくら?夏と冬をチェック!

お金

こんにちは。SOです。

公務員を目指している人だと、

『安定した収入』

を求めている人も多いでしょう。

 

実際問題、公務員になれば、

『悪いことをしない限り、安定した生活が出来る』

ようになります。

 

そして、給料はもちろん、貰えるボーナスも、

『高い金額を想像される』

ことが多いです。

 

ですが、漠然とボーナスが多いと聞いていても、

最初から大きな金額が貰えるわけではない

ことを知っている人は、あまりいないのではないでしょうか?

 

そこで、今回は、

『公務員1年目(初年度)のボーナス』

について、紹介していきます。

公務員のボーナス事情を知りたい人は、参考にしてみてください。

 

公務員1年目(初年度)は、ボーナスを我慢する時期?

芽

冒頭で紹介したように、公務員がいかに安定した職業と言われていても、

『最初から、大きなボーナスが貰えるわけではない』

ということを、これから公務員を目指す人は、覚えておかなければなりません。

 

最近の一般企業では、考え方が見直されつつありますが、

『年功序列』

の風潮が、公務員の給料やボーナスには、今でも残っています。

 

ボーナスを理解するためには、給料を理解しなければならない

公務員のボーナスを理解するためには、

公務員の給料体系

を理解しなければなりません。

 

公務員の給料体系は、

『棒給』

というもので、あらかじめ決められています。

 

公務員として、

  • どの階級になっているのか
  • 勤続年数がどれくらいなのか

によって、棒給で定められた給料が支給されるようになっているのです。

 

そして、棒給にプラスして、

  • 地域手当
  • 扶養手当

が、給料にそれぞれ加算されることになります。

 

地域手当とは

『地域ごとの物価の違い』

などによって決まるものです。

扶養手当とは

『自分以外の家族を養っているかどうか』

によって決まります。

 

これらにプラスして、

『勤務実績』

によっても給料が変動することもあります。

これらの要素から、公務員の給料が決められるのです。

 

公務員1年目(初年度)の夏と冬のボーナスはいくら?

給料の基本的な決まり方を紹介した上で、

『公務員のボーナス』

がどうやって決まるかも紹介します。

 

公務員のボーナスは、

(給料+地域手当+扶養手当)×支給月数

によって求められます。

 

給料・地域手当・扶養手当は先程紹介したとおりで、

『支給月数』

に関しては、国により決定されています。

 

平均的な支給月数は、

『約4か月』

となっています。

これは、給料の4か月分と考えれば大丈夫です。

 

ここで、本題である公務員1年目のボーナスになりますが、

国会公務員:約60~75万円

地方公務員:約50~60万円

となります。

 

これを夏と冬に分けると、

国会公務員の場合

夏のボーナス:約20~25万円

冬のボーナス:約40~50万円

地方公務員の場合

夏のボーナス:約15~20万円

冬のボーナス:約35~40万円

となります。

 

同じ公務員でも、

どんな職種・地方での仕事につくのか

によっても、ボーナスは若干変化します。

 

夏が冬よりも、極端に少なくなっている理由としては、4月からの勤務で、

『6月に支給される、夏のボーナスまでの勤務日数が少ないから』

ということが挙げられます。

 

その後、12月に支給される冬のボーナスでは、勤務日数が増えるので、

満額支給される

ことになり、金額が増えているのです。

 

ボーナスは、

『6か月間の勤務日数』

によって決まるので、覚えておいてください。

 

公務員1年目(初年度)は、どうしてもボーナスが少なくなる

公務員のボーナスの金額が、多いか少ないかを判断するのは、人それぞれです。

しかし、

『民間企業のボーナスに比べれば、かなり高い』

といって良いでしょう。

 

新卒で公務員になれれば、他の同級生と

『かなりの金額差をつけることもできる』

と言えます。

 

それでも、

4月勤務からのボーナスは、夏のボーナスが少なくなる

ため、公務員1年目(初年度)のボーナスは、若干少なくなってしまいます。

 

また、公務員の平均ボーナス額は、

国会公務員:約180~200万円

地方公務員:約150~180万円

となっていて、初年度と比べ、かなりの違いがあるのです。

 

このボーナスの金額が貰えるようになるのは、

『40~50代』

になります。

 

もし、公務員のボーナスを、最初からこの金額だと思っていた人がいれば、

ある程度の我慢

をする必要が出てくるでしょう。

お金

公務員のボーナス支給日はいつ?夏(6月)と冬(12月)をチェック!

2018年11月6日

ベテランになっていく過程で、ボーナスが徐々に増えていく

お金

公務員1年目(初年度)から、平均的なボーナスまで近づくには、

『10~20年』

の勤続年数が必要になります。

 

もし、

『公務員1年目(初年度)からのボーナスに、満足いかない人』

がいれば、民間でボーナスが良いところを、狙った方が良いかもしれません。

 

公務員は、安定した給料とボーナスが貰える反面、

貰える金額が、劇的には増えない

というデメリットもあります。

 

無難な生活を望むのであれば、これほど最適な職業はないですが、

「大きく稼いで、自分が使えるお金を増やしたい!」

と考えている人には、向いていないでしょう。

 

もし、若い時に大きく稼ぐことを我慢できるのであれば、

40~50代には、かなりのボーナスが貰えるようになりますよ。

 

その分、仕事内容もシビアなものが多くなりますが、

「大きく稼げなくても、堅実に生活出来れば良い。」

と感じるならば、公務員として働くことをおすすめします。

 

公務員は、1度なってから途中で辞めてしまうと、

再度、就職するのが難しくなる職業

なので、ボーナスの金額だけを見ることなく、全体を見て判断を行うようにしましょう。

公務員

国家公務員と地方公務員の違いとは?給料や年収の格差と試験難易度を紹介

2018年11月1日

まとめ

今回のまとめとしては、

『公務員1年目(初年度)のボーナスは、思った以上に少なく感じることがある』

ということが言えるでしょう。

 

巷に出回っている公務員の平均ボーナスは、

あくまで勤続年数を重ねた人の場合

を表しています。

 

公務員になったからといって、

『いきなり多額のボーナスが貰えるわけではない』

ことを、肝に銘じておかなければなりません。

実際、ボーナス額に落胆して、公務員を辞めてしまう人も多くいるのです。

 

公務員に限らず、

最初から、お金が多く貰える職業はない

と知ることが重要です。

本当に経済的余裕のある公務員を目指すのであれば、

ボーナスが多く貰えるまで、長く働いていく

しかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください