公務員の20歳30歳40歳の年齢別平均年収の推移を調査!低いのは若い時だけ?

給料

こんにちは。SOです。

公務員の収入が安定しているのは、誰でも知っていることだと思います。

年収も、それなりに高いので、

「1度、公務員になってしまえば安泰だ!」

と考えている人も、多いのではないでしょうか?

 

しかし、

公務員になってすぐに、高い給料がもらえるわけではない

ということも、覚えておかなければなりません。

 

そこで、今回は、

『公務員の年齢別平均年収』

について、紹介していきます。

気になる人は、参考にしてみてください。

なお、今回は、

一般的な地方公務員・国家公務員の年収

を中心に紹介しています。

 

公務員で20歳からの年収はどれくらい?

まずは、公務員になりたての、

『20代の平均年収』

について、紹介していきます。

 

そもそも、公務員の年収は、

棒給

というもので、あらかじめ決められています。

その為、どんな人も同じくらいの給料になっていくのです。

 

高卒で、すぐに公務員になった人は、

『18歳から働き始める』

ことになるので、20代とは少し違いますが、そこまでの違いはありません。

 

20代前半の平均年収は、

『約300~350万円』

となっています。

国家公務員の方が、地方公務員より若干高いですが、ほとんど同じです。

このときには、他の一般企業に就職した同級生の方が、多く貰っていることもザラにあります。

 

公務員の給料に期待していた多くの人が、この金額を見て、落胆していくことが多いです。

それも最初の内だけですが、給料から手元に残る金額が、

『12~15万円』

であれば、もっと多く貰えると思っていた人からすれば、見劣りするのかもしれません。

 

ですが、20代後半になると、

『約350~450万円』

まで、給料が上がってきます。

これくらいになると、生活にも余裕が出て、多少お金を使っても、おつりがくるようになります。

ここからが、公務員の安定性が発揮される年収となってくるでしょう。

 

公務員で30歳からの年収は、桁が上がってくる

ガッツ

公務員になって、10年程度経った30代になってくると、

20代のころとは、年収がかなり違ってくる

ことになります。

 

その年収額は、

『約500~600万円』

となります。

これだけの年収になってくると、よく言われている平均年収とほぼ同じになります。

 

年数を重ねた分、仕事での役割も随分と変わってくるため、

『責任や仕事の難易度』

なども、高くなってきているでしょう。

また、役職が上がった人は、それだけやることも増えるので、大変な時期ではあります。

 

30代は、結婚や出産なども適齢期を迎えるので、

支出も多くなりがち

となります。

 

ですが、独身貴族であれば、

お金が貯め放題

になるため、ここで一気に貯金額を増やすのも良いかもしれませんよ。

 

公務員は、安定した生活が送れるので、結婚している人も多いですが、

『仕事柄、帰宅する時間も遅くなる』

ため、離婚をしてしまう場合も多くなります。

 

公務員の給料が高めな理由には、仕事に専念できるだけのサポートの意味合いもあるのです。

その為、

『仕事に専念せざるを得なくなる』

ので、離婚なども、ある意味仕方のないことなのかもしれませんね。

高卒と大卒

高卒と大卒の公務員の年収の違いをチェック!時給はいくら?

2018年11月7日

公務員の40代からの年収は、出世で大きく違ってくる

40代

20代・30代と仕事の経験を重ねてきた結果、

『出世することが出来た人』

というのは、年収がかなり違ってきます。

 

順調に出世を重ねた人の平均年収は、

『約700~800万円』

規模になっており、これだけ貰えれば、生活に困ることは無くなるでしょう。

 

例え、出世が上手くいかなかったとしても、

『約650~700万円』

の年収が貰えるので、どちらにしろ生活に困ることはありません。

 

仕事に関しても、指示を出すことがほとんどになるので、

『自ら動かなければならない仕事はが減ってくる』

ようになります。

 

その分、

  • 上司との交友関係
  • 部下の管理

などに、より多くの時間を費やすことになっていくでしょう。

また、何かあったときの責任も、自分が請け負うことになります。

 

もし、不祥事などで、地方に飛ばされると、

年収も下がってしまう

ことになるので、しっかりとリスク管理をしていかなければなりません。

 

ちなみに、50代からの年収は、ほとんど頭打ちです。

『多少増えて、約30~50万円』

くらいに収まるでしょう。

ランキング

国家公務員と地方公務員の職種別年収ランキングを紹介!ワーストは?

2018年11月7日

若い時に年収が低いのは、公務員なら我慢しなければならない

公務員という職業は、

『年功序列』

の風潮が色濃く残っているものです。

 

勤続年数が長くなるほど、収入も上がってくるので、

年収を上げるには、長い目が必要

になってきます。

 

ですが、今の時代は、年功序列より、

『実力主義』

が強くなっているので、将来的には公務員の年収が変わることも考えられます。

それでも、劇的に変わることはないと思われるので、これからの世代にも我慢が求められるでしょう。

クレーム

公務員のボーナスはおかしい?その理由と世の中の評判をチェック!

2018年11月7日

まとめ

今回のまとめとしては、

『年齢を重ねるにつれて、公務員の給料は加速度的に増えていく』

ということが言えるでしょう。

 

いくら実力主義の世の中になりつつあっても、国の職業である公務員は、

『年功序列の風潮が強い』

ということになります。

 

国の仕事を行う仕事柄、安定した経験と知識が必要なので、

勤続年数が長い方が有利

になることも、分かる話ではあります。

ですが、世の中が変わっていくことと同じで、公務員の仕事も、いつかは変わるものです。

 

いつかは、実力主義の職業となり、

『安定収入ではなくなる』

ということ可能性も、無きにしも非ずといったところでしょう。

 

ですが、今のところは安定して給料を貰えて、仕事に専念できる職業なので、

『国のために、仕事をやってみたい』

という人には、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください