公務員で年収1000万円を超える職種をチェック!高卒では不可能?

年収1000万円の公務員

こんにちは。SOです。

公務員の年収は、他の職業と比べても、

『高水準で安定している』

と言えるのは、誰でも知っていることでしょう。

 

ですが、年収の1つの目安でもある、

1000万円

を超える公務員の職種は限られています。

 

また、高卒や大卒の違いでも、

収入の違いが出ることがある

ため、年収1000万円を目指すことは、なかなか難しいでしょう。

それでも、全くの不可能というわけでもないのは、確かです。

 

そこで、今回は

『公務員で年収1000万円を超える職種』

について、紹介していきます。

公務員の年収が気になる人は、参考にしてみてください。

 

公務員で年収1000万円を超える職種を一挙に紹介

それでは、公務員で年収1000万円をこえる職種を紹介していきます。

職種としては、以下のものがあります。

年収1000万円を超える公務員
  • 内閣総理大臣
  • 最高裁判所長官
  • 衆・参両院議長
  • 国務大臣
  • 事務次官
  • 国会議員
  • 局長・部長職
  • 特殊法人の長
  • 都道府県知事
  • 独立行政法人の長
  • 特殊法人理事
  • 都道府県議会議長
  • 都道府県副知事・助役
  • 市区町村長
  • 独立行政法人理事
  • 都道府県議会議員
  • 特殊法人監事
  • 都道府県地方公営企業管理者
  • 独立行政法人監事
  • 市区町村地方公営企業管理者
  • 市区町村教育長
  • 医師・歯科医師(国家公務員)
  • 警視庁幹部

圧倒的に年収が多いのは、『内閣総理大臣』

公務員の中でも、圧倒的に年収が多いのは、誰もが知っている

『内閣総理大臣』

です。

 

内閣総理大臣ともなれば、1000万円どころか、

『4000~5000万円』

くらいは、年収があると言われています。

 

公務員としても、他の職業からしても、

『破格の年収』

と言えますが、そう簡単になれるものではありません。

何しろ、

日本でただ1人しかなれない職種

なので、それまでの道のりは計り知れないのです。

 

それでも、内閣総理大臣は、

政治家を志す人の目標

となっています。

 

内閣総理大臣と同程度の年収がある、『最高裁判所長官』

内閣総理大臣と同じくらいの年収がある職種として、

『最高裁判所長官』

があります。

 

日本の法律を司る、最高裁判所の長官ともなれば、

内閣総理大臣と同じくらいの年収がある

ということです。

 

ですが、最高裁判所長官も、

『日本で1人しかなれない職種』

となっており、内閣からの指名が無ければなることはできません。

 

目指すには、

人生の大半を賭けるくらいの覚悟

が必要になるでしょう。

 

年収1000万円を超えるには、最低でも幹部クラスになっておく

公務員

公務員の年収として最も多い、内閣総理大臣と最高裁判所長官を紹介しました。

 

ですが、他の公務員の職種でも、年収1000万円を超えることは可能です。

 

先程紹介した一覧にもありますが、年収1000万円の壁を超えるには、

『最低でも、幹部クラスになる』

必要があります。

 

いわゆるキャリア組といわれる、国家公務員総合職でも、

下っ端のままでは、年収が1000万円を超えることは難しい

と言えます。

 

そもそも、公務員というのは、

『高水準で安定している反面、爆発的な収入は見込めない職業』

でもあるのです。

 

年収1000万円を超えているのも、一部の幹部職員などに限られています。

その為、最初から昇進するつもりで働いていなければ、年収1000万円にはなかなか届かないのです。

公務員の給料

公務員の都道府県別年収ランキングをチェック!ワーストはどこ?

2018年11月8日

高卒では、公務員で年収1000万円は不可能なのか?

公務員になる上で、よく見られることと言えば、

『高卒か大卒か』

ということです。

 

昇進させる過程でも、同じレベルの職員2人がいれば、

高卒より大卒を優先する

風潮が、未だに日本には残っています。

 

それだけ、学歴というものが重視されているということなのです。

これにより、高卒では、年収1000万円を超える幹部クラスになれない人もいます。

 

それでは、

「高卒で公務員になっても、年収1000万円は超えないのか」

と思うかもしれませんが、不可能な話ではありません。

 

あまり多くはありませんが、高卒でも幹部クラスに昇進する人はおり、

日本の学歴主義が見直されている

風潮も出てきています。

 

これにより、高卒でも年収1000万円を超える地位につける可能性が、今後増えていくでしょう。

ですが、高卒が年収1000万円に届く方法は、現在でもあります。

 

その方法とは、

『警視庁に入る』

ことです。

公安系の中でも、警視庁は年収が最も多い部署になります。

 

警視庁に入り、警部・警視クラスになれれば、

年収1000万円以上を目指すことも可能

となるのです。

公安系を目指している人は、警視庁も視野に入れておけば、高い年収を得られるかもしれませんよ?

給料

公務員の20歳30歳40歳の年齢別平均年収の推移を調査!低いのは若い時だけ?

2018年11月8日

公務員で年収1000万円を目指すのは、かなり大変

公務員は、1度なってしまえば、

『高水準で安定した収入を得られる職業』

だと言えます。

 

ですが、年収1000万円クラスを目指すとなれば、

かなりの年月と努力と運

が必要になってくるでしょう。

 

それでも、1つの目標とするには十分なものです。

国の仕事をして、年収も1000万円という大台に乗せたい人は、目指してみることをおすすめします。

高卒と大卒

高卒と大卒の公務員の年収の違いをチェック!時給はいくら?

2018年11月7日

まとめ

今回のまとめとしては、

『公務員で年収1000万円を目指すのは、難しいがやりがいはある』

ということが言えます。

 

そもそも、年収1000万円という額は、

『人が稼ぐ額としては、非常に多い』

ものとなります。

年収1000万円を稼いでいれば、

生涯のうちに使い切れないほどのお金

を手にすることができるのです。

 

そのレベルにまで、必ず行く必要はないですが、

『目標とするのは、大いに結構』

だと言えるでしょう。

 

さらに、この年収1000万円を公務員で目指すということは、かなりやりがいがあります。

これから、公務員として年収1000万円を目指したい人は、ぜひ挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください