スケジュール管理で使う手帳とアプリのメリットとデメリットを紹介

スケジュール管理

こんにちは。SOです。

スケジュール管理をするとき、何を使っていますか?

今の時代では、

  • 手書きの手帳
  • スケジュール機能があるアプリ

の2つになるのではないでしょうか?

 

どちらを使うかは自由ですが、この2つには、

『メリット・デメリット』

が、それぞれ存在しています。

 

スケジュール管理は、仕事などでも大切になってくるので、

メリット・デメリットを理解すること

は、仕事の効率などに直結することもあります。

 

そこで、今回は、

『手帳とアプリのメリット・デメリットとは何か』

について、紹介していきます。

どちらを使うか迷ったときは、参考にしてみてください。

 

手帳でスケジュール管理をするメリット・デメリット

スケジュール

 

まずは、手帳でスケジュール管理をする場合を紹介していきます。

そもそも、ハイテク技術が数多くある現代で、なぜ、

『アナログとも言える手帳』

が普及しているのでしょうか?

 

その理由としては、

昔から使われ続けていたから

ということが言えます。

いくら技術が発展したとしても、それを使いこなせなければ、なんの意味もありません。

 

ハイテク技術に慣れている、若い世代ならともかく、

『機械になれていない世代』

からすれば、昔から愛用している手帳のほうが、使いやすいということですね。

使い慣れているというのは、それだけ重要なポイントになるのです。

 

手帳のメリット

昔から、多くの人に使われてきた手帳ですが、

どんなメリットがあるのか

について、意識して考えたことのある人は、どれほどいるでしょうか?

 

ビジネスシーンなどでも、当たり前のように使われているので、

「なんとなく使っている」

という人も、多いのではないでしょうか?

 

ですが、手帳のメリットを知っておくだけでも、使い方に違いが出てくるのです。

アナログな手帳のメリットと言えば、

手帳のメリット
  • カスタマイズができる
  • デザインが選べる
  • 手で書きこむので、記憶に残りやすい
  • 見直しがすぐに出来る
  • 書いたことが突然消えない

などが挙げられます。

 

今の手帳は、自分が使いやすいようにカスタマイズができ、デザインも豊富にあります。

 

また、アプリと違って、

手で書きこむので、記憶に残りやすい

ということも、手帳を使うメリットになるのです。

 

そして、何といっても、

一瞬で見直しができる

という点が、手帳を使う点で大きいですね。

アプリでは、なかなか起動しないことがありますが、手帳はストレスなく見ることができます。

 

また、手帳は、

データではありません

ので、書き残した内容が消えることもありません。

 

こうして見ていくと、手帳もなかなか使いやすいと思えるのではないでしょうか?

手帳のデメリット

メリットが多い手帳がですが、もちろん、

『デメリット』

も存在します。

 

そのデメリットとは、

手帳のデメリット
  • 紙製なので、火や水に弱い
  • 量が多くなるので、管理が大変

という点が挙げられます。

 

手帳は、紙で作っている性質上、

火や水に弱い

ものです。

雨でぬれたり、火がついたりすると、使いものにならなくなることもあるのです。

 

また、手帳を使っていると、

量が多くなりすぎる

ことにもなります。

 

量が多くなれば、それだけ管理が難しくなるので、定期的に処分しなければなりません。

その点でいえば、アプリは管理がしやすいと言えるでしょう。

 

アプリでスケジュール管理をするメリット・デメリット

スケジュール

次に、アプリでスケジュール管理をする場合について紹介します。

アプリでの管理は、

『携帯やタブレット』

があれば、簡単に行うことができます。

今の若い世代には、使いやすいものとなるでしょう。

 

アプリのメリット

アプリでスケジュール管理をするメリットとしては、

アプリのメリット
  • ペンや紙を用意しなくて済む
  • 持ち運びやすい
  • 他のアプリと連動が出来る
  • 見やすく整理できる
  • 画像も使える
  • 片手でメモができる

などが挙げられます。

 

アプリは、手書きの手帳と比べて、ペンや紙を用意しなくて済むため、

  • 費用がかかりにくい
  • 水で文字が滲まない

ものとなっています。

 

携帯のアプリであれば、持ち運びやすく、

他のアプリとの連動

なども出来て、便利にスケジュール管理を行うことができます。

 

また、間違った文字を修正しやすく、

綺麗に整頓ができること

も、アプリのメリットと言えるでしょう。

 

そして、何といっても、

画像を使うことができる

ため、写真を撮って、そのまま保存するだけでもメモをすることができます。

 

片手で使用できるのも、手が自由に使えて便利ですね。

 

アプリのデメリット

便利なアプリですが、デメリットも存在します。

 

そのデメリットとは、

アプリのデメリット
  • データが盗まれる可能性がある
  • アプリの誤作動で、データが消える
  • 会議などでは使いずらい
  • アプリの立ち上げには、時間がかかる

などがあります。

 

アプリを使うということは、

ネットに繋がっている

ことにもなります。

これにより、ウイルス感染やハッキングなどの被害に遭う可能性もあるのです。

 

大切なスケジュールだった場合や、機密に関わる情報の場合、

甚大な被害を被る

ことにもなりかねないので、防止対策を取っておかなければなりません。

ちなみに、アプリの誤作動でデータが消えることもあるので、注意しておきましょう。

 

また、日本では仕事中に携帯などを取り出すと、

マナーが悪い

という勘違いを受ける可能性もあります。

そういった場では、アプリでメモが出来ないこともあります。

 

それに加えて、アプリは、

起動までに、若干時間がかかる

ため、すぐにスケジュールを確認したいときには使いずらくなってしまいます。

 

アプリである以上仕方のないことですが、便利なだけではないということですね。

 

自分の生活に合わせたものを使うようにする

手帳とアプリには、それぞれ、

『メリット・デメリット』

が存在することを紹介しました。

 

スケジュール管理をする際、どちらを使えば良いのかと言えば、

生活に合ったものを使う

ということが言えます。

 

具体的には、

  • スケジュールを何度も確認する必要がある人は手帳
  • 画像と一緒にスケジュールを保存しなければならない人はアプリ

といった感じに、生活に合った使い方をすれば、どちらも大変便利なアイテムとなります。

自分の使いやすいように、手帳とアプリを使ってみると良いですよ。

アナログもデジタルも使い方次第というわけですね。

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『手帳とアプリのメリットとデメリットを知っていれば、両方を最大限に使いこなせる』

ということが言えるでしょう。

 

スケジュール管理は、昔も今も、

『日々の生活に欠かせないもの』

となっています。

 

そして、上手くスケジュール管理を行うためには、

『手帳とアプリを使いこなせなければならない』

と言えるでしょう。

今回の内容を参考にして、手帳とアプリを、上手く使いこなしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください