キャッシュレス化のメリットとデメリットを解説!お得なのはどっち?

キャッシュレス

こんにちは。SOです。

今の時代、現金で支払いを行わず、

『キャッシュレス』

で決済を行うことが増えてきました。

 

現金を多く持たずに済み、カードや携帯があれば、

簡単に支払いができる点

がおすすめですね。

ですが、キャッシュレスは、まだ完全には普及していないので、

メリット・デメリットがわからない

という人もいるのではないでしょうか?

 

そこで、今回は、

『キャッシュレス化のメリット・デメリット』

について、紹介していきます。

「これからはキャッシュレスにしてみようかな?」

と、キャッシュレス化に興味がある人は、参考にしてみてください。

 

キャッシュレス化とは?

最初に、

『キャッシュレス化とは何か』

について、簡単に紹介しておきます。

 

言葉のとおり、キャッシュを使わない、つまり、

現金を使わないこと

を指し、電子機器による取引を行うものです。

 

主な支払い方法としては、

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 電子マネー

があって、それぞれ特性が違ってきます。

 

クレジットカードは、多くの人が持っているものであり、

『月1回の支払い』

となっています。

 

デビットカードは、何かを購入したとき、

『残高から、その場で引き落とされる』

ようになっているものです。

 

電子マネーは、主に、

『先にお金を払ってチャージする』

ことにより、チャージした残高の中から支払いができるものです。

どれを使うにしても、現金を持たずに支払いができるので便利です。

 

キャッシュレス化のメリット

カード

現金を持たずに、簡単に支払いができるキャッシュレスですが、

『どんなメリットがあるのか』

について、紹介していきます。

 

カードだけ持っていれば、ほとんど買い物が出来る

これまでは、現金を財布に入れて買い物に行っていたと思います。

しかし、キャッシュレスなら、

カードだけ持っていれば、買い物が出来る

ことになります。

 

財布に大量のお金を入れる必要がなくなり、

『支払いも一瞬で済む』

ため、ストレスなく買い物が出来るでしょう。

小銭をジャラジャラさせずに、スマートに支払いが出来るわけですね。

 

明細が残るので、お金の管理がしやすくなる

キャッシュレスでは、利用した金額が、

明細として残る

ようになります。

 

現金では、いつ・どこで・どれくらい使ったのかが分かりにくいものです。

しかし、

『キャッシュレスならすぐに確認ができる』

ということです。

家計簿など帳簿をつけている人も、楽になるのでおすすめです。

 

ポイントがつく

キャッシュレスで使うカードやアプリなどは、

『ポイント制度』

を採用しているものが多いです。

 

金額に応じてポイントが貯まるので、

貯まったポイントで、さらに買い物ができる

ようになります。

とうぜん、現金で購入するより、断然お得となります。

 

紛失しても、すぐにカードを止められて保証もつきやすい

カードなどは、たまに、

『紛失する』

こともあると思います。

 

すぐに見つかればよいですが、もし、

『盗難被害』

にあっていたとすれば、カードを不正利用される可能性もあります。

ですが、今のカードは紛失後の対策と保証がしっかりとしているのです。

 

紛失した場合、すぐにカード会社に連絡して、

『カードの差し止め』

を行うようにすれば、誰もカードが利用できなくなるのです。

もし、不正利用されていても、一定期間内であれば保証もきくことがあるので安心ですね。

 

キャッシュレス化のデメリット

メリットとデメリット

キャッシュレス化のメリットを紹介してきました。

ですが、メリットがあれば、

『デメリット』

もあるので、こちらも紹介していきます。

 

キャッシュレスの種類が多くて、めんどくさい

キャッシュレスは、便利な反面、

多様性過ぎる

という面があります。

カードの種類も豊富にあり、携帯アプリでも様々なものが存在しているのです。

 

その為、

『何を使えば良いのかが分からない』

という人も多くいるんです。

結果、面倒くさく感じて、現金で支払いを済ませる人もいます。

選択肢が多すぎるというのも、考えものですね。

 

場所によっては使えない

キャッシュレスが普及しているとはいえ、

全ての店舗で使えるわけではない

ということも、覚えておかなければなりません。

 

場所によっては、現金しか使えない場合もあるので、

『多少の現金は、持っておかなければならない』

と言えるでしょう。

とくに、年配の人が営んでいる個人商店などでは、現金のみの場所が多いです。

 

仕組みを理解していないと、使いづらい

キャッシュレスは、簡単に支払いやお金の管理ができるものですが、

仕組みを理解していないと、使いづらい

といったこともあります。

 

キャッシュレスに慣れていない、年配の人は、

「使い方が分からないから、現金で十分」

という人も多いです。

使い方をしっかりと理解してもらえるように、工夫していかなければならないでしょう。

 

お金を使いすぎることもある

キャッシュレスは、目に見えないお金で支払いをするものです。

その為、支払いをしているという感覚が薄く、

お金を使い過ぎてしまうこと

も、よくあります。

 

とくに、クレジットカードは、

『利用金額の上限を高めに設定する』

ことも多くなるので、使える分だけ全部使ってしまった…という人も多いです。

 

現金とキャッシュレスは、合わせて使う

お得で便利なように見えるキャッシュレス。

しかし、デメリットもあり、場合によっては、

「現金で支払った方が良かった」

という場面も出てきます。

 

そんなときは、

『現金とキャッシュレスを使い分ける』

ことをおすすめします。

 

どちらかだけを使うのではなく、場面によって支払い方法を切り替えることで、

『柔軟に対応することが出来る』

ようになります。

カードも、何かの手違いで使えなくなることもあります。

ですから、結論としてはお得なカードをメインにしつつ、現金も一緒に持っておくことがおすすめです。

カード決済がメインになるので、現金は少額でも特に問題ないでしょう。

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『キャッシュレスが普及してきたとはいえ、現金もまだまだ使える』

ということが言えるでしょう。

 

これから先、さらにキャッシュレスが使いやすくなっていくことは間違いありません。

ただ、それでも、

『まだまだ、現金で支払った方が良いときがある』

のは確かです。

また、キャッシュレス化の仕組みが理解しづらいこともあるため、さらなる改善が必要でしょう。

 

キャッシュレスと現金を、

上手く使いわける

ようにして、どちらの良さも、引き出せるようにしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください