年収・年俸・年商・手取りの意味の違いをわかりやすく解説!

お金の違い

こんにちは。SOです。

仕事をする上で、よく耳にする言葉として、

  • 年収
  • 年俸
  • 年商
  • 手取り

などがあると思います。

 

これらの言葉は、全て、

『自分の収入に関わってくるもの』

となっていて、気にしている人も多いのではないでしょうか?

ですが、言葉自体はよく聞いても、

『細かい意味の違い』

については、あまり知られていないことも多いです。

 

そこで、今回は、

『年収・年俸・年商・手取りの違い』

について、紹介していきます。

しっかりと意味を確認しておきたい人は、参考にしてみてください。

 

年収について

まず最初に、就職先を選ぶときなどに、最も良く聞く言葉でもある、

『年収』

について、紹介していきます。

 

年収とは、

1年間に稼ぐ総額

を表すものとなっています。

 

これは、本業や副業など、

『全ての収入を合計した金額』

を意味します。

 

たまに、年収額を全て貰えると思っている人もいますが、年収は、

税金や、その他支出を省いた金額

となるため、年収の金額全てが貰えるわけではありません。

その為、年収が多いからといって、

『安易に仕事を選ぶ』

と、後悔する可能性があります。

 

年俸について

次は、年俸について紹介します。

年俸とは、

1年間に貰える、あらかじめ決められた金額

のことを表しています。

 

プロ野球選手の収入などに、よく使われる言葉で、ほかには主に、

『棒給』

とも呼ばれています。

1年間で支給される給金の計算がしやすいこと

が特徴となります。

 

ただし、年収と一緒で、

『税金などを省いていない金額』

となるため、年俸の全てを貰えるわけではないことを覚えておいてください。

 

年商について

次は、年商について紹介していきます。

年商とは、

会社が1年間に稼ぐ金額

を表しています。

個人というより、会社同士で使われる言葉といって良いでしょう。

 

ですが、就職する上で、その会社が、

  • 年商が、どれくらいなのか
  • 過去数年の年商は、どうなっているのか
  • 今後、年商が上がっていく傾向があるのか

など、会社の力を見る上での判断材料にはなります。

 

自分の会社の年商を見ることが、

『今後の人生に繋がってくる』

こともあるので、しっかりと確認しておきましょう。

 

手取りについて

手取りは、誰もが毎月気にしているものであり、知っている人も多いでしょう。

給料から、自分が実際に貰える金額

を表しています。

 

この手取り金額というのが、かなり重要になっていて、いくら給料が高くても、

  • 税金
  • 社会保障費
  • その他支出金

などが多ければ、手取りは少なくなってしまうことになります。

 

さきほど紹介した、年収などは、

あくまで支出を省いた金額

であるため、いくら金額が高くても、実際の手取り金額が少ないこともあるのです。

 

会社を選ぶときには、

『手取りがどうなっているのか』

について調べることが、1つのポイントとなってくるでしょう。

会社員

中小企業に勤めるサラリーマンの年収をチェック!1000万は無理?

2018年11月16日

年商と純利益を見る

人

年収・年俸・年商・手取りの意味を、紹介してきました。

どれも、収入を考える面では大切なものとなってきますが、特に重要となるものは、

『年商と純利益』

と言えるでしょう。

 

一般企業に勤める場合、収入の元になるのは、

『年商』

となりますが、これだけでは正確な収入が判断できません。

年商と一緒に、

純利益

というものを、調べる必要があるのです。

 

例えば、年商1億円と紹介している会社であっても、実際の純利益が、

『500万円』

しかないのであれば、社員の給料は少なくなってしまうでしょう。

この場合、1人当たりの基本給を、

『30万円』

とすると、単純に考えて、社員を16名程度しか雇うことができません。

 

さらに、500万円の純利益から、

  • 会社の維持費
  • 仕入れ費用

など、会社が支払わなければならないものがたくさん出てきます。

そうなれば、社員の給料はさらに減り、

人員削減のため、解雇される可能性

も大いに有り得るのです。

 

今回紹介した例は、少し極端ですが、

『会社の年商だけに目を奪われると、後悔することになる』

ということは、覚えておいた方がよいでしょう。

公務員

公務員の土木系・理系・文系の年収の違いを紹介!高い職種はどれ?

2018年11月11日

違いを知っておくことは重要

言葉の意味とは、同じように見えても、

意味合いがかなり違う

ことがあります。

 

特に、お金が絡んでくると、意味を正確に知らないだけで、

取り返しのつかないことになる

可能性もあるのです。

 

先程、お金に関する言葉を紹介しましたが、社会人であれば、

『どれも覚えておかなければならない言葉』

となります。

これは、

『ある程度、安定した収入が貰える公務員』

であっても、同じことです。

 

自分の望む収入を得る方法は、紹介した言葉を基にすれば、

『ある程度は、探すことができる』

ものです。

適当に選んだ仕事場所で、

『収入が思ったより少ない』

場合、かなりのショックを受けることになるでしょう。

 

自分の生活を守るためにも、今回紹介した、

  • 年収
  • 年俸
  • 年商
  • 手取り

の違いだけでも、しっかりと覚えておくようにすることをおすすめします。

東京都公務員

東京都の公務員の平均年収をチェック!都道府県で1位の給料?

2018年11月9日

まとめ

今回のまとめとしては、

『収入を考える上で、言葉の違いは正確に覚えなければならない』

ということが言えるでしょう。

 

お金を多く稼ぎたい人、普通に暮らせればそれで良い人など、

『収入に関しての価値観は様々』

だと思います。

 

ですが、どんな価値観にしても、

社会人として暮らしていく上で、収入に関する言葉の違いを理解すること

は、とても重要なことになってくるのです。

この話は、今すぐに分からなくても、

『年齢を重ねるごとに、誰もが痛感することになる』

ものでしょう。

 

自分や家族の生活を守るためにも、

『収入に関する言葉の意味を理解すること』

を、今回の記事も参考にしながら、実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください