サラリーマンの20代30代40代50代の平均年収を年代別にチェック!

サラリーマン

こんにちは。SOです。

日本の社会人は、かなりの数が、

『サラリーマン』

をやっていると言われています。

僕もその1人です。

 

誰もが、学生生活が終わると、

『どこかの会社に就職している』

ことでしょう。

 

そして、会社からサラリー、いわゆる、

給料

を貰って生活しているのです。

 

そんな、ほとんどの人が経験しているサラリーマンですが、

年代別の平均給料がいくらなのか

ということを知っている人は、少ないのではないでしょうか?

 

そこで、今回は、

『サラリーマンの年代別平均年収』

について、紹介していきます。

自分の年代が、どれくらいの平均年収なのか、気になる人は参考にしてみてください。

 

20代のサラリーマン平均年収

まずは、20代のサラリーマンが貰っている平均年収を紹介します。

20代は、まだ働き始めたばかりの人が多いので、

『そこまで高い年収ではない』

ことがほとんどです。

 

その平均年収は、

約350万円

とされています。

 

20代前半は、

『平均年収より、かなり低い』

ため、平均年収が多く感じることでしょう。

ですが、30代に近づいていくうちに、年収は徐々に上がっていきます。

 

多く貰える人は、30代手前の時点で、

400万円近く、年収がある人

も出てくることになります。

 

30代のサラリーマン平均年収

次は、30代のサラリーマン平均年収になります。

30代になると、仕事にも慣れて、

『役職についている人も多い』

世代に突入していきます。

 

サラリーマンをしている人は、

役職によって、年収に大きな違いが出てくる

ため、30代になるまでに、実績を積み上げておくことをおすすめします。

 

平均年収に関しては、

約450万円

となっていますが、この年収は、30代前半で超える人も出てきます。

 

日本は、

『年功序列の風習』

というものが、まだまだ残っています。

 

その為、サラリーマンの年収に関しては、

『年齢を重ねるにつれて、上がっていく』

ことになるでしょう。

 

そして、年齢が高く、経験が豊富な人ほど、

『高い役職につくことができる』

ため、年収は40代になるにつれて、かなり上がっていくことになります。

 

40代のサラリーマン平均年収

次は、40代のサラリーマン平均年収です。

役職が上がり、

『部下を多く持つ立場になっている』

人も増えてくる年代です。

 

ここまでくると、20代の頃の年収より、

1.5倍以上高い年収

を貰っていることになるでしょう。

 

その平均年収額は、

約540万円

になります。

 

さらに、仕事が上手くいって、出世が叶った人は、

800万円~1000万円程度まで、年収が上がっている人

も、それなりに存在することになります。

ここまで来れば、生活もかなり安定してきますね。

 

ですが、その分

『20代、30代より責任が重くなる』

ことになるため、仕事の難易度も上がります。

 

ストレスを抱える人も多くなり、なかなか大変な年代でもあるのです。

 

50代のサラリーマン平均年収

40代を過ぎて、いよいよ50代に突入すると、

『年収も頭打ちになる』

人が多くなります。

 

それでも、それなりに平均年収も上がっていくもので、

約660万円

くらいはあります。

 

この年代になると、後輩の育成などに尽力することが多くなり、

『仕事のほとんどを部下に任せる』

ことになる人も、多いでしょう。

 

それでも、今は元気な人が多く、

『現役バリバリで働いている人』

もいるため、人それぞれといったところですね。

年収1000万円の公務員

公務員で年収1000万円を超える職種をチェック!高卒では不可能?

2018年11月8日

サラリーマンは年収が上がると『ストレス』が溜まる

ストレス男性

20代から、サラリーマンとして働き続けて、

『定年退職まで働く』

という人がほとんどだと思います。

 

もし、定年退職まで、何も問題なく働くことができたなら、

『生活に困らない程度の収入』

を得ることは、十分に可能となるでしょう。

 

ですが、いくら平均年収が上がっても、

お金だけでは解決できない問題

というものが存在するのです。

 

それが、

『ストレス』

となります。

 

サラリーマンをやっている以上、

  • 理不尽な対応
  • 上司との付き合い
  • 部下の管理
  • 責任の重さ
  • 加齢による能力の低下

など、あらゆる面で、ストレスを感じることでしょう。

 

その為、いくら高い年収をもらっていても、

  • うつ病
  • 転職
  • 離婚
  • 借金問題

など、人生を一転させたり、台無しにしてしまうような事が起きるのです。

 

高い年収は、確かに魅力的ですが、

お金だけに目を向けないようにする

ということを、覚えておかなければならないでしょう。

お金の違い

年収・年俸・年商・手取りの意味の違いをわかりやすく解説!

2018年11月16日

サラリーマンで年収が高いのは『大企業』が定番

『お金だけに目を向けてはいけない』

と紹介しましたが、

『年収というものは、どうしても気になるもの』

だと思います。

 

サラリーマンの年収は、主に、

『会社の規模』

によって、決まることが多いです。

 

勤めている会社が、

『どれだけの利益を出しているか』

によって、そこで働くサラリーマンの平均年収も変わってくるでしょう。

 

その為、責任は重くても、年収を稼ぎたいという人は、

大きな利益を出している大企業

を目指すことが重要になってきます。

自分の力量を考えて、大企業が狙えるなら、積極的に狙ってみるといいですよ。

会社員

中小企業に勤めるサラリーマンの年収をチェック!1000万は無理?

2018年11月16日

まとめ

今回のまとめとしては、

『サラリーマンの平均年収は、会社の規模・勤続年数・役職で決まる』

ということが言えるでしょう。

 

今では、サラリーマンでも、

『副業が出来る時代』

となっているため、多少、年収も違ってきています。

 

ですが、まだまだその流れは弱く、結局のところ、

『大企業で長く働き、高い役職に就くこと』

が、サラリーマンしての年収を上げています。

 

年収だけが、人生の全てではないですが、

『高い収入があれば、出来ることが増える』

ということも事実です。

 

その為、高い年収を目指しながらも、

自分に合った仕事をすること

が重要になるので、身体に気を付けて、サラリーマンの仕事を頑張ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください