大卒サラリーマンの平均年収と年代別の上がり方の推移をチェック

大卒サラリーマン

こんにちは。SOです。

大卒で就職する人の多くは、

『サラリーマン』

として、仕事を始めると思います。

 

どんな企業に入るかで、収入が違いますが、

自分の年収が、どのように変わっていくのか

は、気になるところだと思います。

 

そこで、今回は、

『大卒サラリーマンの年代別で変わる年収』

について、紹介していきます。

自分が、どれくらいの年収を貰えるかの基準としてみてください。

 

20代の大卒サラリーマンの平均年収の推移

大学を卒業してからの平均年収を、紹介していきます。

といっても、大学を卒業してからすぐでは、

『ほとんどの企業で、同じような年収』

となっています。

 

その平均年収は、

300~350万円

の範囲に収まってくるでしょう。

 

大手企業に入社すれば、ボーナス支給などがあるため、

『初年度から300万円』

を大きく超える年収になる人もいます。

人によって、本当に様々ですが、

新人の間は、あまり多い年収は狙えないこと

が多いので、それは覚えておくと良いでしょう。

 

30代の大卒サラリーマンの平均年収の推移

次に、30代からの平均年収について紹介していきます。

30代になってくると、

  • 仕事がある程度出来てくる
  • 役職についている人がいる

など、新人のころより、多くの仕事が出来るようになっているでしょう。

 

その為、年収も上がりやすくなり、平均として、

400~450万円

といった感じになります。

 

ここで、年収に大きく響いてくるのは、

役職

となります。

上の役職につけるということは、

『それだけ多くの責任が伴う』

ことにもなるので、年収も自然と上がってくるのです。

 

逆に、30代で頭角を表せなかった場合、

出世が厳しくなる

と考えたほうが良いです。

 

自分の下の世代からも、優秀な人材が出てくるので、

『仕事が出来ないと判断されれば干される』

のは、年齢が高い人からになるでしょう。

 

40代の大卒サラリーマンの平均年収の推移

40代になると、さらに平均年収が上がることになります。

平均年収としては、

550~700万円

となっています。

 

ここまで年収の差が激しくなる理由としては、

さらに上の役職につく人が増えるから

と言えるでしょう。

 

40代になると、

『課長・重役クラス』

になる人も増え、年収もかなりのものとなってきます。

中には、

『年収1000万円を超える人』

も出てきて、その人達が年収の平均を上げている要因となっています。

 

サラリーマンとして、年収1000万円を超えるということは、

『人生で成功者になった』

と考えても、何の問題もないことでしょう。

 

さらに責任は増えることになりますが、

  • 今まで積み上げてきた経験
  • 仕事への自信
  • 絶え間ない自己研鑽

が出来ている人であれば、どんな問題にも対処できる力を持っているはずです。

後は、後継者育成に専念することが、今後のサラリーマン人生での役目となってくるでしょう。

給与と給料の違い

給料と給与の違いとは?公務員やサラリーマンの最大の年収も調査

2018年1月20日

年代別の年収の上がり方と同じになるためには下調べ!

リサーチ

大手企業に勤めることが出来れば、

『それなりに高い年収』

を貰うことができると思います。

 

ですが、企業選びで重要になってくることは、

入念な下調べ

と言えるでしょう。

 

大手企業・中小企業に限らず、

  • 会社の純利益がどれくらいなのか
  • 企業の評判はどうなのか
  • 将来性のある職種なのか
  • 独占できる市場があるのか

など、企業を選ぶ上での情報は、少しでも多い方がよいです。

 

それが出来る人は、

『生涯年収を大幅に上げることが出来る』

ようになるのです。

 

中には、大企業に就職できたにも関わらず、

『出世競争に負けて、大した年収を貰えずにサラリーマンを終える人』

もいます。

理由としては、

大手企業には、それだけ優秀な人材が集まりやすい

ということがあります。

 

地方では、それなりに優秀な人も、

『全国区で見れば、大したことがない』

ことも、大いに有り得るのです。

実際に、このような経験をした人もいるのではないでしょうか。

 

逆に、そこそこの中小企業に就職して、

競争相手があまりいない状況で出世した人

もいて、年収に関しても、大手企業の同年代より多いこともよくあります。

 

就職にしても、他の分野にしても、

情報をいかに多く集められるか

ということは、かなり重要になってきます。

これが出来るかどうかで、自分の人生がかなり変わってくるのです。

 

大卒で就職する人は、

『各企業の情報を集めること』

をおすすめします。

そして、自分が本当に入るべきは、どこなのかを見極めてみてください。

会社員

中小企業に勤めるサラリーマンの年収をチェック!1000万は無理?

2018年11月16日

大卒の年収は高め!慢心は捨てるべき!

大卒で企業に就職すれば、

『高卒で就職するより、年収が高くなる傾向が強い』

というのは、誰もが分かることだと思います。

 

ですが、ここで注意することは、

大卒で就職できたからといって、慢心しないこと

になります。

 

今回紹介している、大卒の平均年収は、

『ある程度、出世出来た人の年収』

となっています。

その為、平均年収よりも年収が下回っている人がいることを忘れてはいけません。

 

この世の中は、結局のところ、

弱肉強食

が基本です。

それは年収の多さにも比例しています。

サラリーマンで年収が低い人は、

『競争に負けたから低い』

ということを、忘れないようにしなければならないのです。

 

もちろん、

『人生は年収の高さだけでは決まらない』

ことも正論です。

年収が低くても、幸せに暮らせる人は多くいます。

ですが、人はどうしても、

『高い年収を求めてしまう生き物』

なのです。

 

そして、年収を上げるには、

慢心を捨てる覚悟

を持つ必要があります。

サラリーマンは、少しでも油断した人から出世街道から脱落するのです。

『大卒だから大丈夫』

という慢心を捨て、自己研鑽に励むことをおすすめします。

サラリーマン

サラリーマンの20代30代40代50代の平均年収を年代別にチェック!

2018年11月16日

まとめ

今回のまとめとしては、

『大卒サラリーマンの平均年収は高めだが、出世できなければあまり意味がない』

ということが言えるでしょう。

 

人生において、

『どんなときも慢心せず、高見を目指す』

ことは、成功者になる1つの条件です。

 

運もありますが、

『大卒で就職したからといっても、高い年収が約束されたわけではない』

ということは、覚えておかなければなりません。

大卒というのは、あくまでもステータスの1つでしかないのです。

 

どんな企業に就職して、どうやって出世するかを考えてこそ、

『大卒サラリーマンのメリットを最大限に活かせる』

というものです。

慢心せず、自己研鑽と情報収集を行い、高い年収を目指してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください