韓国と日本のサラリーマンの平均年収を比較チェック!その格差は?

韓国

こんにちは。SOです。

日本のサラリーマンの年収状況は、今では誰でもある程度は分かるかと思います。

ですが、お隣の韓国で働くサラリーマンの年収は知っていますか?

「そういえば、よくわからない」

といった人が多いのではないでしょうか?

 

日本とは、経済状況も文化も違うので、

『サラリーマンの年収が、韓国と日本でどれくらい違うのか』

については、あまり分からないでしょう。

 

そこで、今回は、

韓国と日本のサラリーマンの平均年収の違いは、どれくらいあるのか

について、紹介していきます。

興味のある人は、参考にしてみてください。

 

韓国のサラリーマンの平均年収

まずは、韓国のサラリーマンが稼いでいる年収について紹介していきます。

韓国のサラリーマンは、

『格差が大きい職業』

として、知られています。

 

大企業などに勤めていれば、高い人は、

年収1000万円

を超えてくる人もいるようです。

 

ですが、その分、中小企業になると年収がかなり下がってしまい、

年収300万円

を下回っていることもあるようです。

 

これを踏まえたうえで、韓国のサラリーマンの平均年収は、

300~350万円

となっています。

 

日本のサラリーマンの平均年収

続いて、日本のサラリーマンの平均年収です。

日本のサラリーマンは、

『韓国ほどの格差は見られない』

ような年収となっています。

 

中小企業でも、年収は比較的安定し、

400~450万円

の間が、サラリーマンの平均年収となっているようです。

 

中小企業でも、役職次第では、

『年収1000万円を超える人』

も多く、場合によっては大企業の社員よりも年収が高くなることもあります。

そのため、無理をして大企業に入らず、中小企業でも自分に合った職業を探しやすくなっているのです。

 

日本の方が韓国よりも年収が高い

韓国と日本の年収を、それぞれ紹介していきました。

両方の年収を見てみると、

 

  • 韓国は、企業により年収の格差が激しい
  • 日本は、企業で見ても、そこまで年収の格差がない

 

ということが言えるでしょう。

 

年収が低い企業を選ばなければならない傾向が強い韓国は、

『年収格差が起きやすくなっている』

ので、富裕層と貧困層ではかなりの違いが出てきてしまいます。

 

その点、日本企業は、貧困の差はあれど、

『中小企業でも、それなりの年収が得られる』

ため、そこまで平均年収が下がり過ぎることはないのです。

会社員

中小企業に勤めるサラリーマンの年収をチェック!1000万は無理?

2018年11月16日

韓国と日本の平均年収を比較すると…

調査

年収の格差があるとされている、韓国と日本のサラリーマンの平均年収ですが、原因の1つに、

『給与体系の違い』

が挙げられます。

 

日本の給与体系は、

  • 年功序列
  • 役職主義

といった傾向が見られます。

 

若いときは、総じて年収が低いですが、年齢を重ねるにつれて、

『給料が上がっていく』

ことは、誰もが感じていることだと思います。

また、年齢を重ねるにつれ、

『高い役職につく』

ことも多くなるため、それに応じて年収も上がっていくのです。

 

これらの傾向から、

長く働くほど、収入が増える

ということが言えるでしょう。

 

その点、韓国の給与体系と言えば、

  • 新人のころは、日本と比べて給料が高い
  • 最初に給料が高い分、長く働いても給料が伸びにくい

といった特徴が見られます。

 

この傾向から、韓国のサラリーマンは、

『1つの企業で長く働いても、年収があまり増えない』

ことになるのです。

大企業なら、それでも年収は稼げるので良いですが、中小企業となれば、

『安い給料で、ずっと働かなくてはならない』

ことになるため、会社を辞めてしまう人も多くなっているのです。

 

会社を辞めた人は、新たに起業することも多いですが、雇用体系が悪いので、

『ほとんどの中小企業が、1~2年以内に倒産する』

こともよくある話みたいですね。

サラリーマン

サラリーマンの20代30代40代50代の平均年収を年代別にチェック!

2018年11月16日

個人の能力に見合った年収がなければ、格差は埋まらない

日本びいきをするわけではありませんが、韓国と日本を比べると、

『能力によって、年収を決めるかどうか』

という点では、日本の方が勝っている印象があります。

 

日本の新人サラリーマンが、最初は安い給料で働いている理由として、

『能力がまだ無いから』

といったことが挙げられます。

 

能力のない人に対して、賃金を増やすよりも、

『能力のある人を優先する』

ことは、誰が考えても正論だと言えるでしょう。

この考え方が、日本のサラリーマンの年収を決める上での基本となっています。

 

それに比べて、韓国では、

『新人サラリーマンの頃から、高い年収を払っている』

状況であり、これだけ見れば先行投資とも言えなくはないです。

ですが、その分、長く働いた人に払われる年収が削られるため、

『長く働いても、あまり年収が伸びない』

という事態になっているのです。

 

こうなってくると、韓国のサラリーマンは、

「いくら一生懸命に働いても、どうせ年収は増えない」

と考えて、仕事に意欲が湧かなくなる可能性が出てきます。

 

少しの違いに見えますが、

『先行投資をするのか、能力を見合った給与にするのか』

によって、かなりの違いが生まれるということですね。

大卒サラリーマン

大卒サラリーマンの平均年収と年代別の上がり方の推移をチェック

2018年11月18日

まとめ

今回のまとめとしては、

『韓国と日本のサラリーマンの平均年収に違いが出るのは、給与体系に原因の一端がある』

ということが言えるでしょう。

 

誰しも、

「働きに見合った報酬を貰いたい!」

と考えるのは、至極当然のことだと思います。

 

日本は、能力主義と年功序列が上手く噛み合っている印象があります。

しかし、

韓国は、真逆の状態となっている

印象があります。

 

韓国の新人サラリーマンに、

『先行投資をすること』

は、間違いとは言いません。

しかし、もう1つ、何か施策が必要になってくるでしょう。

かといって、日本も今の給与体系が正しいとは言い難いので、油断はしない方が賢明です。

サラリーマンのやる気を引き出すために有効なことは、

『年収を上げること』

になるため、韓国と日本の企業は、今後も研鑽を積んでいってほしいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください