サラリーマンで年収700万の割合はどのくらい?仕事と年齢をチェック

年収700万円

こんにちは。SOです。

サラリーマンとして働くならば、

『なるべく高い年収で働きたい』

と考えている人は多いと思います。

 

その為に、必要になることはいくつかありますが、まずは、

『サラリーマンとして、どんな仕事につくのか』

ということが重要になってきます。

 

仕事先を誤って選んでしまうと、

『年収も上がらず、思ったことも出来ない』

といった人生を送ることになりかねません。

 

そこで、今回は、

『サラリーマンで年収700万円を稼げる仕事や年齢』

について、紹介していきます。

どんな仕事につけば良いか悩んでいる人は、参考にしてみてください。

 

サラリーマンで年収700万円が狙える仕事とは?

サラリーマンとして、年収700万円を狙える仕事は、

それなりに難易度の高い仕事

となります。

 

そもそも、サラリーマンの年収は、

400~500万円

程度あれば、それなりの生活が出来る金額になります。

 

これを考えると、年収700万円というのは、

『高めの年収』

ということが言えるでしょう。

この年収を上げるには、

自分の実力を上げること

が必要になってくるのです。

 

この点を踏まえて、年収700万円を狙える職業と言えば、

年収700万円が狙える仕事
  • IT企業
  • 医療系企業
  • 製薬系企業
  • 総合商社
  • 金融企業
  • 保険企業
  • 不動産企業

などがあります。

どの職業にも、それなりの、

『スキルと経験が必要』

となるため、一朝一夕で出来る仕事ではありません。

 

サラリーマンで年収700万円を貰っている人の割合

年収700万円を狙える職業を紹介しましたが、なかなか仕事内容が難しそうなものばかりです。

さきほど少し紹介しましたが、サラリーマンの平均年収は、

400~500万円

とされ、これだけあれば、それなりの生活を送ることができるのです。

 

その為、本来、年収700万円を狙うということは、

『難易度の高いこと』

ということを、認識しておかなければなりません。

 

日本のサラリーマンで、年収700万円を貰っている人は、

全体の4%

程度と言われています。

割合としては、かなり少ない部類と言えますね。

 

この僅かな4%を目指すのだから、

『生半可な覚悟では到底たどり着けない』

ことは、よくわかるでしょう。

 

ですが、割合で見ると少なく感じても、人数で見れば、

約200万人

もいます。

これを見れば、なんとか到達できそうな気もしますよね。

 

多くの人は、割合だけを見て、

「自分には無理そうだ」

と感じてしまうことがあります。

しかし、諦めなければ、決してたどり着けない年収ではないのです。

サラリーマンだからといって、自分の年収を諦めないことが肝心ということですね。

韓国

韓国と日本のサラリーマンの平均年収を比較チェック!その格差は?

2018年11月20日

年収700万円が貰える年齢は決まっているのか?

子供から大人まで

日本のサラリーマンの特徴として、

『年功序列』

があります。

同じ企業で長年働けば、

勤続年数に応じた年収

が貰えるようになっています。

 

年功序列は、近年は見直されつつありますが、

『いきなり全てを廃止することは出来ない』

ので、この先もまだまだ続いていくと考えられています。

 

今回の話題である、

年収700万円

であっても、年齢を重ねることで、それなりに近づくことができるのです。

 

そして、日本のサラリーマンの年収を決める要素として、もう1つ挙げられるものが、

役職

です。

給料のほとんどは、

どんな役職についているかで決まる

といっても過言ではありません。

 

そして、上の役職になる人のほとんどが、

勤続年数が高い人

となるのです。

年収700万円を超えるサラリーマンは、

『幹部クラス』

の役職に、ついている人がほとんどであるため、

  • 年功序列
  • 役職

にあっては、年収を上げるために、役職は現時点で必須といっても良いでしょう。

 

40代で幹部クラスであれば、年収700万円は十分貰える

年収が700万円を超える年代は、幹部クラスであれば、

『遅くても40代には達成できる』

ものになります。

 

もっと早くに重要な役職についている人であれば、

20~30代でも、年収700万円に到達できる人

もいるのです。

 

その為、一概にどの年齢で年収700万円になるかは明言できませんが、

『40代で幹部クラス』

という目安を持っていれば問題ないでしょう。

 

ちなみに、50代になると、

年収が下がる傾向にある

ため、40代までには年収700万円を突破できるように努力する必要があります。

これから、サラリーマンで年収700万円を稼ぎたい人は、

『最初から目標に向かって努力する』

ことをおすすめします。

一部上場企業

大企業一部上場サラリーマンの平均年収と年代別の上がり方の推移

2018年11月21日

年収700万円は、サラリーマンにとっての目標

年収700万円という額は、サラリーマンにとって、

『1つの目標となるもの』

です。

 

このラインを超えられるかどうかで、

『どんな生活が出来るかが決まる』

と言っても、過言はないのです。

 

年収700万円あれば、

『様々なことに、余裕を持ってお金を使える』

ようになります。

 

贅沢三昧とはいきませんが、将来のために貯蓄をすれば、

『老後も安心して暮らすことができる』

ということになります。

ですが、年収700万円であっても、

『お金が残っていない』

という人もいます。

 

どれだけ年収が上がっても、金銭感覚だけは人並みにしておかなければ、

後で痛い目を見ることになる

ため、肝に銘じておきましょう。

OL

女性サラリーマン(OL)の平均年収はいくら?年代別に推移をチェック

2018年11月23日

まとめ

今回のまとめとしては、

『年収700万円は、サラリーマンとして目指すべき目標の1つ』

ということが言えるでしょう。

 

紹介したように、

『年収700万円を稼ぐ人は、日本でも4%しかいない』

とされています。

 

この中に入っていくには、

  • 企業選び
  • 勤続年数
  • 役職

が重要になってくるでしょう。

 

どのみち、簡単にたどり着ける年収ではないということですが、

『目標の1つにしてみる』

ことで、仕事にも張り合いが出てくるはずです。

ぜひ年収700万円の壁を突破して、高所得を目指してみてくださいね。

年収700万円が難しい人へ

すでにサラリーマンで、年収700万円には届くことは望み薄…

そんな状況であれば、

副業ブログで稼ぐこと

も手段の一つです。

「たかがブログで、そんなに変わるの?…」

なんて思ってしまうかもしれませんが、

ブログを甘く見てはいけません。

たとえば、これくらい稼ぐことも可能なんです!

アドセンス報酬

僕自身、副業のブログで

年収700万円どころか、年収1000万、2000万円、3000万円

と稼ぎ続けています。

その具体的な稼ぎ方については、

無料で発行しているメルマガでを暴露

していきますので、この記事下から、ぜひ登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください