サラリーマンで年収1500万を超える方法とは?会社と仕事をチェック

年収1500万円

こんにちは。SOです。

サラリーマンとして働いている人は、かなり多いものですが、誰もが考えることとして、

年収を上げたい!

ということがあると思います。

 

お金が全てとは言いません。

しかし、それでも年収が上がれば、

『出来ることの幅が広がる』

ため、ある程度は多めに持っていたほうが幸せです。

 

そんな中、サラリーマンとして、

年収1500万円

を超える人は、ごく少数で羨ましい存在と言えるでしょう。

 

そこで、今回は、

『サラリーマンとして、年収1500万円を超える会社や仕事』

について、紹介していきます。

興味がある人は、参考にしてみてください。

 

サラリーマンの年収1500万円は高い!

年収1500万円を、サラリーマンとして稼いでいる人は確かにいますが、

『かなり高い壁』

であることは、間違いありません。

 

日本全体のサラリーマンを見ても、

3%~4%

しかいません。

 

そもそも、年収1000万円を超えるだけでも、

『サラリーマンとしては、大成功している部類に入る』

ため、年収1500万円などは、本当に一握りしか存在していないのです。

 

年収1500万円にもなれば、責任も重くなる

年収が高い人を羨ましいと思うかもしれませんが、それだけ、

『責任が重い役職にいる』

ということでもあります。

 

会社としても、高い年収を払っているのだから、

『年収に見合った仕事をしてもらわなければ困る』

といったところでしょう。

 

その為、年収1500万円を稼いでいても、

  • 自由がほとんどない
  • 家庭を疎かにしてしまう
  • 体調を崩す
  • 失敗が出来ない

など、高い年収に見合った苦労があるのです。

 

年収1500万円を目指すことは、とても大変ですが、もし達成できたとしても、

『役職に見合った苦労』

が付きまとうので、その覚悟をしておかなければなりません。

一部上場企業

大企業一部上場サラリーマンの平均年収と年代別の上がり方の推移

2018年11月21日

年収1500万円を超える会社や仕事とは?

仕事

年収1500万円を超えるには、

『就職する会社自体も、大企業でなければならない』

というのは、よく分かることでしょう。

それでは、一体、

どんな会社であれば、年収1500万円を狙えるのか

について、紹介していきます。

 

年収1500万円を超えることが出来る会社としては、

年収1500万円を超える会社
  • M&Aキャピタルパートナーズ
  • GCAサヴィアン
  • キーエンス
  • 朝日放送
  • TBSホールディングス
  • 日本テレビホールディングス
  • フジ・メディア・ホールディングス
  • テレビ朝日ホールディングス

などがあります。

 

アドバイザー企業の年収は高い

例に挙げている会社の中で、飛び抜けて年収が多いのは、

『M&Aキャピタルパートナーズ』

となっています。

 

この会社なら、年収1500万円どころか、

年収3000万円

も狙える可能性があるかもしれません。

 

ここまで年収が高い理由としては、

『社員を選び抜いているから』

といって良いでしょう。

新卒採用はありません。

中途採用のみで社員を構成し、さらに、

『営業実績が顕著な人材』

のみを雇用しています。

 

仕事としては、中小企業などに、

『財務などの専門的な助言』

を行うものであり、能力のある人にしか出来ない仕事と言えるでしょう。

とくに、管理職などになれば、

年収1500万円は軽く超えてくるはずです。

 

放送関連の企業も、年収が高い

例に挙げた会社の中でも、

『放送に関する企業が多い』

のは、どこも年収が高いところばかりだからです。

 

朝日放送・フジテレビ・TBSなど、

『誰もが知っているテレビ局』

は、どこも年収を多く貰っている人が多いです。

 

その分、テレビ局員は、

  • 不眠不休で働いている
  • 年末などでも休みがない
  • 長期出張が多い
  • 新しい番組の企画を考えなければならない
  • 視聴率に対する責任がある

など、それなりの激務が待ち構えているといっても良いでしょう。

 

また、各テレビ局に就職する難易度も高めに設定され、

『正社員』

になることは、なかなか難しいとされています。

それなりの技術と経験がなければ、年収1500万円を狙うことは難しいといえます。

年収700万円

サラリーマンで年収700万の割合はどのくらい?仕事と年齢をチェック

2018年11月23日

年収1500万円を超えるには努力だけでは不可能

年収1500万円を超えることが出来れば、

『かなり生活に余裕が出る』

ことになるので、誰もが目指したいところでしょう。

 

ですが、年収1500万円を稼ごうとすれば、

『努力だけでは到達できない壁』

というものに当たります。

 

いくら年収が高い会社といっても、

『役職がなければ、年収も上がらない』

ものです。

そして、役職を上げるには、

『独自のコネや実績』

が必要になります。

 

実績だけならどうにかなるかもしれませんが、

『コネ』

に関しては、人によって手に入る人と、そうでない人が出てくるでしょう。

コネを作るためには、

『仕事を上手くアピールしながら、仕事外でも良好な関係を築く』

ことが重要になります。

かなり要領よく動くことができなければ、年収1500万円を超える役職には就けないのです。

 

このことを肝に銘じながら、

『絶対に年収1500万円を手に入れる』

と決心出来た人が、必然的にのし上がっていくはずです。

年収600万円

サラリーマンで年収600万の割合はどのくらい?仕事と年齢をチェック

2018年11月25日

まとめ

今回のまとめとしては、

『年収1500万円を目指すなら、会社選びで失敗しない』

ということが言えるでしょう。

 

会社に入ってからも大変ですが、何より、

『年収1500万円を稼ぐためのスタート地点に立つ』

ことが重要です。

 

これが出来なければ、

『いつまで経っても、サラリーマンで年収1500万円を稼ぐことは出来ない』

と考えておいた方がよいでしょう。

 

僕のように副業で独立すれば話は別です。

補足

僕がサラリーマンでありながら、副業で稼いで、

年収1500万を超えた

ことについては、無料のメルマガでお話していきます。

この記事下から登録しておいてください。

ただ、あくまでもサラリーマンで年収を上げたいなら、

『会社選びで妥協しない』

ということを覚えておきましょう。

そこから、年収1500万円への道は始まりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください