東京のサラリーマンの平均年収を紹介!都道府県ランキングで1位!

サラリーマン

こんにちは。SOです。

サラリーマンの平均年収は、

企業がどれだけ利益を出せるか

によって変わってきますよね?

 

ですが、それ以外にも、

どんな場所で商売をするか

によっても、かなりの違いがあります。

そして、その商売に有利な場所と言えば、

『人口が多い場所』

というのが定番です。

 

とくに、人口が多い東京都は、

『サラリーマンの平均年収も高い』

ことで有名です。

 

そこで、今回は、

『東京のサラリーマンの平均年収』

について、紹介していきます。

東京でサラリーマンを考えている人は、参考にしてみてください。

 

東京都のサラリーマン平均年収はどれくらいなのか?

東京と言えば、日本の首都であり、

『多くの人や物が集まる中心地』

といっても過言ではないでしょう。

 

そして、会社を経営する上でも、

『地盤が整っている場所』

と言えます。

 

そんな東京で働くサラリーマンの平均年収は、

600万円

と言われています。

 

この数字は、都道府県ランキングでも、

『第1位』

の数字です。

さすがは、日本の首都といったところですね。

 

東京は物価が高いことでも有名

東京のサラリーマンの平均年収が、都道府県ランキングで1位ということを紹介しました。

確かに、この数字は凄いと思いますが、注意することとして、

『年収の金額だけを見ると、サラリーマンとして失敗することもある』

ということがあります。

 

なぜかと言うと、

平均年収が高い地方は、物価も高い傾向

があるからです。

 

物価が高いというのは、あらゆる面で、

『支出が増える』

ということでもあります。

支出が増えれば、それだけ収入を増やさなければなりませんよね?

 

その為、会社の求人なども、

『年収が高めのものが多い』

のです。

高い年収で高い物価の収入と支出のバランスを取っているというわけですね。

こう見ると、年収が高いからと言って、

『手放しで喜んでもいられない』

状況となります。

 

どんな会社に就職するかで変わりますが、東京では、

『より稼がないと、生活ができない』

ということになるのです。

 

物価は高いが、質の高い仕事がしやすいのも東京

東京の年収が高いのは、物価が高いからと紹介しました。

確かに、年収が高くなければ、

『東京では、生活がしにくい』

と思いますが、別にメリットもあります。

 

それは、

『有名な大企業の本店がある』

ということです。

 

東京は、『日本の中枢』と言っても良い場所であり、

『様々な会社の本拠地』

となっていることが多いです。

その為、そこで働く社員も、

『質の高い人が多い』

と言えるのです。

 

質の高い社員が集まっているということは、

『それだけ質の高い仕事をしている』

ことが多いため、仕事にやりがいを見つけたい人にとっては、おすすめの場所と言えるでしょう。

 

その分、出世競争も激化するので、

『昇進できる確率が低くなる』

という欠点もあります。

しかし、実力主義を志す人ならば、挑戦してみる価値はあるでしょう。

 

もし、出世競争に勝ち抜くことが出来れば、

『年収1000万円以上』

を狙うことも可能であり、いくら物価が高い東京でも安定した生活を送ることができます。

年収600万円

サラリーマンで年収600万の割合はどのくらい?仕事と年齢をチェック

2018年11月25日

サラリーマンとして、上の年収を目指すなら、東京がおすすめ

サラリーマン

東京では、質の高い仕事がしやすいと紹介しました。

これには、もう1つのメリットがあります。

それは、

『就職先の選択肢が多い』

ということです。

 

質の高い仕事がしやすいということは、それだけ、

『質の高い会社を選びやすい』

ということでもあります。

 

サラリーマンの中でも、とくに実力主義の傾向が強い、

『外資系企業』

に関しても、東京には多く存在し、まさに選り取り見取りの状態と言えます。

 

実力はあるのに、地方の子会社でくすぶっている人などは、

『東京で実力を思う存分発揮できる』

環境があるので、ぜひとも上京することをおすすめします。

実際、実力はあるのに、

「なんでもっと大きい会社に勤めないのかわからない」

と思う人が、周囲にいることがあるでしょう。

 

もちろん、実力主義のデメリットとして、

他の人より、実力が劣ってしまう

ことになれば、年収が下がるのも現実です。

ですが、お金を貰って働いている以上、

『避けられないサラリーマンの宿命』

でもあるので、受け入れるしかありません。

 

ほどほどの生活を送るのであれば、

『そこそこの会社で頑張れば良い』

だけなので、東京に出るかどうかは、それぞれで判断すれば良いでしょう。

年収1500万円

サラリーマンで年収1500万を超える方法とは?会社と仕事をチェック

2018年11月27日

東京のサラリーマンには、夢と華がある

東京でサラリーマンとして働くことには、

『夢と華』

があります。

 

実際、友人などに仕事の話をするとき、

『東京の大企業で働いている』

と答えるだけでも、この人は凄いと思わせることが出来るのです。

とくに地方出身であれば、なおのこと羨ましがられるでしょう。

 

また、先程紹介したように、

『実力次第で、年収はどんどん伸びる』

ため、自分の生活を潤すこともできます。

東京には、夢と華を掴むチャンスがたくさんあるのです。

 

その分、成功しないデメリットも高くなりますが、

『自分がどこまでやれるのか試したい』

と考えるなら、1度は、東京でサラリーマンをしてみることをおすすめしますよ。

年収3000万円

サラリーマンで年収3000万を超える方法とは?会社と仕事をチェック

2018年11月27日

まとめ

今回のまとめとしては、

『東京の年収が高いのは、物価が高いことも関係している』

ということが言えるでしょう。

 

東京ほど、人口が多く、物の流れが早い場所では、

『それだけ物価も上がりやすい』

と言えます。

 

ですが、サラリーマンとして大きく成長し、年収も上げたいのであれば、

『東京はおすすめの場所』

であり、どんどん挑戦してほしいと思う場所でもあります。

 

もちろん、東京以外の発展も重要になりますが、

『質の高い仕事をして、それを地方で活かす』

こともできるため、やはり、1度は東京で仕事をするべきと言えるでしょう。

サラリーマンとして、自分の価値を磨きたいのであれば、東京をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください