サラリーマンの課長と部長の平均年収をチェック!差はいくら?

部長と課長

こんにちは。SOです。

サラリーマンになれば、次に考えることとして、

『役職を上げる』

ということがあると思います。

 

そして、年収を上げるなら、

『課長か部長クラス』

には、なってみたいものですよね?

 

ですが、課長と部長に関しても、

『年収にはかなりの開きがある』

ことは、なんとなくわかるでしょう。

ですが、実際にどれくらいの差があるかは、なかなか知られていないことでもあります。

 

そこで、今回は、

『サラリーマンの課長と部長の年収の差はどれくらいあるのか』

について、紹介していきます。

将来、課長や部長になりたいと思っている人は、参考にしてみてください。

 

サラリーマンにおける課長の年収はどれくらい?

サラリーマンとしての年収を上げるなら、最低でも、

『課長クラス』

には、なっておきたいところです。

 

課長クラスの平均年収と言えば、

700~800万円

の間で推移しています。

これくらい貰えれば、サラリーマンとしては成功していると言えるでしょう。

 

ですが、これはあくまで平均年収なので、中には、

年収1000~2000万円

を稼いでいる人もいます。

これだけの年収を稼ぎたいのであれば、

大企業に勤めるか、外資系企業に勤めるか

となってきます。

どちらにしろ、課長クラスの年収は、高い金額で推移していると言えるでしょう。

 

サラリーマンにおける部長の年収はどれくらい?

次に、サラリーマンで部長になった場合の平均年収を紹介します。

これも、企業や職種で変わるのですが、概ね、

年収1000万円

程度にはなってきます。

 

部長クラスになってくれば、企業が行う各事業の責任者となるので、

『かなり重要な役職』

となります。

 

その為、仕事に関する責任が今までより遥かに重くなりますが、

苦労する分、年収も上がる

ということです。

 

ですが、大企業と中小企業では、

『同じ部長でも、年収にかなりの差が出る』

ことになるため、会社選びを慎重に行う必要が出てきます。

 

課長と部長では、年収にかなりの差がある

部長と課長

サラリーマンにおける、課長と部長の平均年収について紹介しました。

この2つを比較すると、やはり、

『課長より部長の方が、平均年収が高くなる』

ということが言えるでしょう。

 

ですが、この差はあくまで平均年収であり、

課長でも、他の企業で働く部長クラスの年収を貰っている人もいる

ことは、覚えておかなければなりません。

 

ですが、それでも全体の年収を見ると、

『係長より課長、課長より部長』

というように、役職が上になった方が、年収も高くなりやすいです。

役職を狙うという点で、損はないということですね。

年収1500万円

サラリーマンで年収1500万を超える方法とは?会社と仕事をチェック

2018年11月27日

年収は会社によっても差が出る

先程、少し紹介しましたが、

『同じ役職でも、企業によって年収が違う』

ことは、仕事先を決める上で重要になってきます。

 

せっかく課長や部長という役職についても、

年収が係長クラスしかない

となれば、仕事に張り合いが無くなることでしょう。

 

ですが、企業の違いによる、

『年収の格差』

というものは、少なからず起きていることです。

 

特に、中小企業と大企業の役職同士の年収はかなり違っていて、

『何千万円単位で違う』

ことも、よくあることです。

中小企業の部長になるほうが、大企業の課長になるより得することもある

大企業の方が、中小企業より年収が高くなるのは、

『会社の規模や利益の差』

があるため、当たり前のことでしょう。

 

ですが、人によっては、

中小企業に勤めた方が年収が高くなる

こともあります。

 

大企業に就職したとしても、

『同期には優秀な社員がたくさんいる状況』

となります。

この中で、出世競争を勝ち抜いた人だけが、

『課長・部長クラス』

となれるのです。

 

出世した人は良いですが、逆に言えば、

出世できなかった人もたくさんいる

ということになります。

 

その点、中小企業の課長や部長クラスになる難易度は、

大企業に比べてかなり低い

とされています。

企業にもよりますが、

『大企業で出世を目指すよりは現実的』

だと言えるでしょう。

 

また、極めて大企業に近い中小企業などは、

『課長クラスになれば、年収1000万円を狙うことも可能』

になります。

大企業で出世に失敗した人と比べれば、

かなり安全に、高年収を狙うことが出来る

ということになるでしょう。

 

年収1000~2000万円単位の年収を狙うなら、大企業が1番ですが、

『低リスクで、安定した高収入を求める』

のであれば、中小企業は選択肢として十分候補に出来ますよ。

年収3000万円

サラリーマンで年収3000万を超える方法とは?会社と仕事をチェック

2018年11月27日

課長や部長などの役職に囚われすぎないことが重要

課長や部長という役職になれば、高い年収が狙えることは確かです。

ですが、先程紹介したように、

『役職につけたからといって、高年収が約束されるわけではない』

ということを覚えておかなければなりません。

 

サラリーマンの年収を決めるのは、

  1. 会社の規模
  2. 純利益
  3. 役職

の順番になっていくるため、まずは会社選びが重要と言えるのです。

また、自分の能力で、大企業の課長・部長クラスになれるかどうかも考慮しなければなりません。

 

その為、課長・部長クラスになることを想定しながら、

『サラリーマンとして、どんなキャリアを築ければよいのか』

を考えることも重要であることから、役職だけに縛られないよう、心掛けることをおすすめします。

サラリーマン

東京のサラリーマンの平均年収を紹介!都道府県ランキングで1位!

2018年11月27日

まとめ

今回のまとめとしては、

『課長と部長の平均年収には差があるが、役職のみで年収を考えないようにすることが重要』

ということが言えるでしょう。

 

平均年収だけ見れば、

課長より部長の方が高くなるのは当然!

の結果と言えます。

 

ですが、年収は、

  • 会社の規模
  • 純利益
  • 役職
  • 自分の能力

など、様々な要因が重なって決まるものです。

 

自分が、どの役職になれる能力があるのかを考慮しつつ、

『役職だけに囚われない柔軟な思考』

を持つことをおすすめします。

それが、最終的に自分の年収を引き上げることに繋がってくるでしょう。

 

そして、サラリーマンだけが年収の全てではありません。

僕のように副業で稼ぐスタイルだってあるんです。

副業だとしても、本気で取り組み頑張れば本業の年収を超えることだって可能です。

 

無料で発行しているメルマガでは、僕の副業である稼ぐブログ運営の方法を暴露していきます。

ぜひ、この記事下から登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください