サラリーマンの年収がピークになる年齢をチェック!40代?50代?

サラリーマンのピーク

こんにちは。SOです。

サラリーマンとして働き続けた人は、

『定年が近づくにつれて、年収が下がる』

ということを、実感することになります。

 

人によって、年収の推移は違いますが、

『ある一定のラインから、年収が下がること』

は、統計などでも示されていることです。

 

ですが、実際にその年齢になってみないと、

『年収のピークが分からない』

ことが多いこともあるのは確か。

 

そこで、今回は、

『サラリーマンの年収のピークはいつになるのか』

について、紹介していきます。

自分の将来について考えたい人は、参考にしてみてください。

 

サラリーマンの年収のピークは大体同じ年齢になる

サラリーマンとして働く人は、多少の違いはあっても、

年収のピークは概ね同じ

となります。

 

サラリーマンの年収推移は、

  1. 20代は少ない
  2. 30代で徐々に増える
  3. 40代から劇的に増える
  4. 50代前半でピークを迎える

という流れが一般的なのです。

 

どんな役職になるかによって、多少の増減は出てきますが、

『ほぼ全てのサラリーマンが、同じような年収の推移を辿る』

と考えていれば良いでしょう。

 

40代が年収のピークになる人もいる

サラリーマンのピーク

年収のピークについては、

『自分がどの業種で働いているか』

によって、少し変わってきます。

 

年収のピークは、サラリーマンなら誰にでも訪れますが、

『収入が少ない業種は、ピークも早い』

ことが多いです。

 

早い人は40代で年収のピークを迎える人も多く、

『削減した年収を若手育成に回す』

ことがほとんどだと言えるでしょう。

企業としては、なるべく戦力になる人を育てたいと思うのが一般的であり、

『働き盛りを過ぎた人に、多くの収入を回してもメリットが少ない』

という結論になるのです。

 

大企業も中小企業も、考え方はほとんど同じです。

しかし、

『経営が厳しい傾向にある中小企業』

の方が、年収のピークが早めに来る傾向があると言えるでしょう。

 

50代が年収のピークになるのは一般的

サラリーマンの年収がピークになるのは、やはり、

『50代に入ってから』

という企業が、ほとんどとなります。

 

サラリーマンの年収のピークは、

『会社の給与表』

によって、大体決まっています。

 

あとは、

  • どれだけ会社に貢献したか
  • どこまで役職を上げたか

なども関係してきますが、それでも50代前半がピークになっているのです。

 

先程も少し紹介しましたが、会社としては、

『定年が近づいた社員よりも、これから成長する可能性のある若手』

に対して資金を使うほうが、メリットが多くなります。

 

経験が豊富なベテランが必要なことも確かですが、

『労働力』

という観点で考えれば、若手優先となるのは、当然の結果と言えるでしょう。

年収3000万円

サラリーマンで年収3000万を超える方法とは?会社と仕事をチェック

2018年11月27日

年収のピークが来るまでにやっておくこと

サラリーマンの年収のピークは、どんなに頑張っても、

『40代~50代には必ず来る』

ものであり、覚悟しておかなければならないことでもあります。

 

今はまだ、年金などがあるため、

『退職後も、収入に困ることはあまりない』

と言えますが、これから先の時代で

受け取れる年金は、少なくなってくる

ことが懸念されます。

 

その原因は何より、

『年金支給開始年齢が伸びる』

ことが関係しているのです。

 

年給支給開始年齢は、これから徐々に伸びていくと考えられていて、

『定年が65歳より先』

となる日が来ることは、ほぼ確実と言えるでしょう。

会社側としても、対策は講じるかもしれませんが、何より、

『加齢による労働力の低下』

に関しては、ほとんどの人が感じることになります。

 

その為、年金を貰う前に働けなくなる人も出てくる可能性があるため、

『年収がピークになる前に、十分な貯蓄をしておく』

ことが重要になってくるのです。

 

40代・50代になって、サラリーマン一筋だけで働いてきた人が、

『別に新たな仕事を始める』

というのは、なかなか難しいものがあります。

 

自分の年収のピークを、若いときから見据えて、

『老後に生活できるだけの貯蓄』

は、必ず用意しておくことをおすすめします。

サラリーマン

東京のサラリーマンの平均年収を紹介!都道府県ランキングで1位!

2018年11月27日

年収のピークが来る前に身に付けておくべきこと

サラリーマンで、年収がピークになると、

老後の収入源に困る

という人が、今では多くなってきました。

 

年金だけで生活しようと思えば、なんとかできるものですが、

  • 浪費癖がついている
  • 貯蓄を怠ってきた
  • 年金を払っていなかった

など、老後の備えをしていないことで、大変な思いをする可能性がでてきます。

 

そこで、お金がない人は、なんとか再就職先を探そうとするのですが、

『今まで準備をしていなかった場合、定年後の就職先はあまりない』

ことがほとんどです。

ハローワークなどに行けば、仕事はありますが、

『肉体的に辛い仕事が多く、収入も安定していない』

ので、年老いた体には、かなり響いてくるでしょう。

 

そうならないためにも、

若いうちに、スキルを身に付けておく

ことをおすすめします。

サラリーマンで生涯働いていくにしろ、

『何かあったときの備え』

は必要になります。

 

その時、自分の出来ることを増やしておけば、

『定年後でも、それなりの仕事に就くことができる』

というものです。

 

身に付けておけば、後々役立つものとして、

  • 第二種免許(タクシー運転手)
  • 英会話スキル
  • パソコンスキル
  • 行政書士
  • プログラミング
  • WEBライティング

などがあります。

 

とくに、パソコン系のスキルなどは、

『ネットが普及している世の中では、有利になる可能性が高い』

ものです。

 

タクシー運転手でも良いですが、年を取ると、

『視力や運動神経が低下する』

ため、何かあったときに対処がしづらくなります。

自分は大丈夫と思っていても、何が起こるか分からないのが世の中です。

『なるべく安全にこなせる仕事』

を可能とする資格を選びましょう。

部長と課長

サラリーマンの課長と部長の平均年収をチェック!差はいくら?

2018年11月28日

まとめ

今回のまとめとしては、

『年収のピークは、会社によって異なる』

ということが言えるでしょう。

 

自分が最初に勤務した会社や、転職した会社が、

どのタイミングで年収を頭打ちにするのか

によって、年収のピークは決まります。

 

早い人も遅い人もいますが、全ての人に言えることは、

『定年後の人生について、若いうちから考えておく』

ということです。

これは早ければ早いほど、困ることがなくなります。

 

そして、第二の人生となる定年後には、

『なるべく自分がやりたかったこと』

をやるようにしましょう。

そのために、紹介したスキルなどを身に付けて、何があっても大丈夫なようにしてみてくださいね。

おまけ

今後のサラリーマン人生で年収が下がってしまっても問題が起こらないように、

副業で稼ぐ

ということをオススメしています。

僕自身、副業としてブログで稼ぐようになって、本業の収入をさほど気にしなくなりました。

 

というのも、これくらい報酬をブログから得ているからです。

アドセンス報酬画面

ブログからの収入

ここまで稼げるようになれば、たとえリストラになっても、すぐには困らないでしょう。

(すでにブログで数千万円と稼いできました)

 

そして、ブログ運営を通じて、パソコン関係のスキルも磨くことができます。

まさに一石二鳥!

きちんと目標を持って、勉強をすればスキルの上達も凄く早いものになります。

学べば学ぶほどほどに、お金を稼げるわけですから、それも当たり前ですよね?

 

今、無料で発行している僕のメルマガでは、この

稼ぐブログの秘密

を暴露し、ブログ運営を学べる環境を用意しています。

今後、

『お金で苦労したくない!』

という強い想いがあるならば、この記事下からメルマガ登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください