サラリーマンと自営業の平均年収を比較!どちらが稼げる職種?

サラリーマンと自営業

こんにちは。SOです。

サラリーマンとして働くか、自営業で生計を立てるのかを迷ったことはありませんか?

どちらにしても、働くことに違いはないのですが、

『年収などに大きな差がつく』

分岐点と言えるでしょう。

 

ですが、実際に

「どちらの方が多く稼ぐことができるのか?」

と聞かれれば、何とも言えないところだと思います。

 

サラリーマンと自営業、どちらにも、

『メリットとデメリット』

があるので、100%正しい選択というものは存在しないでしょう。

 

そこで、今回は、

『サラリーマンと自営業は、どちらが稼げるのか』

について、平均年収なども交えながら紹介します。

どんな仕事をするか迷っている人は、参考にしてみてください。

 

サラリーマンと自営業の平均年収を比較しても、ほぼ変わらない

サラリーマンの年収は、なんとなくわかる人も多いかと思いますが、

『自営業の年収がどれくらいあるのか』

ということは、知らない人も多いと思います。

 

自営業の年収というものは、

『職種によって、かなり違う』

ものとなります。

 

ですが、日本のサラリーマンと自営業の平均年収に関しては、

400万円

程度と言われているため、さほど差がないとも言えるのです。

 

その為、サラリーマンとして働かなくても、

『やり方次第で、自営業でも生活できる』

ため、そんなに心配する必要はありません。

ですが、サラリーマンの特徴として、

『毎月決まった金額が貰える』

というものがあるため、安定した生活を送りたいのであれば、サラリーマンの方が良いでしょう。

サラリーマンのピーク

サラリーマンの年収がピークになる年齢をチェック!40代?50代?

2018年11月28日

サラリーマンと自営業のどちらが稼げるかは、自分次第

サラリーマン

よく聞く話として、

「サラリーマンと自営業では、どちらの方が稼げるのか?」

というものがあります。

 

ですが、実際のところ、

『やり方次第で、どちらも稼ぐことはできる』

と言えるでしょう。

 

サラリーマンは、企業選びと役職が肝心

サラリーマンとして、大きく稼いでいきたいのであれば、

『企業選びと役職』

が肝心となってくるでしょう。

 

利益を出している企業で、役職が高くなれば、

『それだけ年収に良い影響を与える』

ことになります。

特に、役職は重要になっており、

年収が高い企業でも、役職がなければ年収は低いまま

となってしまいます。

 

年収の多さは、

『個人の手腕と要領の良さ』

に関係するので、上手く出世して年収を上げられる人が、サラリーマンとして成功するのです。

 

逆に、要領が悪い人は、

『企業選びに失敗したり、出世ができない』

という事態に陥ることもあります。

自営業ほどではないですが、

『自分の実力』

が必要になるのも、サラリーマンの特徴と言えるでしょう。

 

中には、

  • 運が良い
  • 元々のコネがある

という人もいますが、運はともかく、

『元々のコネがある』

のは仕方ない部分もあるので、あまり気にしないほうが良いですね。

 

自営業は完全に実力主義

サラリーマンは、

『会社の力を利用できる』

というメリットがありますが、自営業はそうはいきません。

 

自分の責任の元で、全ての仕事を回さなくてはならないため、

実力がなければ、年収が上がることも決してない

職業です。

 

逆に考えれば、

『実力がある人は、年収に限界がなくなる』

とも言えます。

成果を出せば出すほど、

『どこまでも年収は上がっていく』

ので、億単位の年収も夢ではないのです。

 

また、サラリーマンのように、

『時間や会社の制約などに縛られない』

ため、自分の好きなように仕事をすることが出来ます。

 

その分、誰かに頼ることはできないので、

仕事の失敗は、全て自分の責任

となります。

サラリーマンより、リスクは大きくなりますが、

『見返りも大きい仕事』

だと言えるでしょう。

サラリーマン

サラリーマンの年収と小遣いの関係を調査!給料が高いと比例する?

2018年12月1日

自分に見合った仕事を選ぶのが1番良い

ピース

サラリーマンと自営業は、それぞれに、

『メリットとデメリット』

が存在しています。

 

どちらも、自分の実力や運次第で何とかなるものではありますが、最終的には、

『自分に見合った職業を選ぶことが重要』

ということが言えるでしょう。

 

もし、すでに社会で仕事をしている人に、

『どんな仕事をした方が良いのか』

といったことを聞くとします。

 

サラリーマンとして働いてきた人は、

『サラリーマンの方が、数も多く働きやすい』

と言います。

逆に、自営業で働いてきた人は、

『自営業の方が、自分の好きなように仕事が出来る』

と言ってくるものです。

 

しかし、これは

聞かれた人が、自分がしてきた職業のことしか知らないから

だと言えます。

 

なので、

『サラリーマンと自営業の両方を経験している』

僕であれば、

『自分に合った仕事をすれば良い』

と返答することになるでしょう。

後は、今回紹介しているように、

『サラリーマンと自営業の、メリットとデメリット』

をお話することになります。

 

仕事の種類こそ違いますが、やり方によって、

『どちらも同じように稼げるチャンスがある』

のならば、自分に見合ったものを選ぶことが最良の選択となるのです。

 

サラリーマンの年収は、あらかじめ予想出来ると言っても、

『役職や転職などにより、状況が変わることがある』

ものです。

自営業は、サラリーマンと違って確実に稼げる保証はないです。

しかし、

『実力があれば、どこまでも年収を増やすことが出来る』

ものとなっています。

どちらにしても、自分に見合っていると思ったものを選ぶことがおすすめですね。

地方サラリーマン

地方サラリーマンの平均年収を調査!東京との給料の違いはいくら?

2018年11月29日

まとめ

今回のまとめとしては、

『サラリーマンと自営業の平均年収は変わらないので、自分が好きな方を選ぶ』

ということが言えるでしょう。

 

サラリーマンと自営業は、

『仕事のやり方や収入を得る方法』

が違っても、やり方次第で年収を増やすことが出来る職業です。

 

高年収を狙いつつ、安定した生活を望むなら、

『サラリーマン』

を選ぶほうが良いでしょう。

また、多少のリスクを負っても青天井の年収を得たいなら、

『自営業』

を選ぶほうが良いと言えます。

 

どちらを選ぶかは、実際に働く人次第であり、

『自分に見合った職業』

を選ぶことが、最良の選択と言えるでしょう。

自分自身の能力を考えて、サラリーマンと自営業のどちらが良いかを選んでみてくださいね。

おまけ

僕自身は、サラリーマンでありながら、副業(ブログ)で自営業もやっています。

なので、

  • サラリーマンの良いところ、悪いところ
  • 自営業の良いところ、悪いところ

の両方をよく知っています。

仮に、

「どちらかを選べ」

と言われても、なかなか簡単には選べません。

どちらの仕事も、それくらい魅力的なのです。

 

ただ、年収に関しては、

自営業は青天井

であることは間違いないと確信しています。

サラリーマンのように安定はしませんが、これまでに、

ブログで年収数千万円

と稼いできました。

さらに頑張れば、年収1億だって目指せるのが『お金を稼ぐブログの世界』です。

 

たった1つのブログでも個人でも、これくらいの報酬を得られます。

↓↓↓

アドセンス報酬

いま、無料で発行している僕のメルマガでは、この

稼ぐブログの裏側

を暴露していきます。

とくに、

  • 副業で実力アップを目指したい人
  • 自営業で独立したい人

には、とても学べる内容となっています。

興味があれば、ぜひこの記事下から登録しておいてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください