地方サラリーマンの平均年収を調査!東京との給料の違いはいくら?

地方サラリーマン

こんにちは。SOです。

サラリーマンの平均年収は、

『どんな会社に就職するかで違う』

ものとなります。

また、

『どんな地域の会社に就職するか』

によっても、平均年収には違いが出てくるのです。

 

有名な話では、東京でサラリーマンをしているほうが、

「地方でサラリーマンをするより、平均年収が高い」

と言われています。

ですが、実際のところ、

地方サラリーマンの平均年収がどれくらいあるのか

というのは、あまり知られていないことが多いです。

 

そこで、今回は、

『地方サラリーマンの平均年収』

について紹介していきます。

興味のある人は、参考にしてみてください。

 

地方サラリーマンの年収が安い理由

冒頭で紹介したように、

『地方サラリーマンの年収』

については、年収が低い理由が知られていないことがよくあります。

 

ですが、地方に行くほど、

『年収が安くなっている』

という実感は、なんとなく湧いている人も多いでしょう。

 

その理由の1つとして、

地方には、大企業が少ない

ということがあります。

 

サラリーマンの年収は、そのまま、

『会社の規模に直結する』

ことが多いので、大企業がなければ年収は当然下がります。

そして、大企業は大都市に集まるので、

『必然的に地方の年収は下がってしまう』

ことになるのです。

 

東京都のサラリーマン年収は、地方とは一線を画す

サラリーマンの年収の中でも、ランキングのトップである

『東京都の平均年収』

にあっては、他よりも一線を画しています。

 

その平均年収は、

615万円

と言われています。

この金額は、2、3位の額と比べても、

約70万円

も高くなっているのです。

 

また、第2、3位との差がこれだけあるのに、

『最下位とは、さらに大きな差が生まれている』

ことを知っているでしょうか?

その差は、

約250万円

にも及んでおり、どれだけ東京の平均年収が高いかを表していると言えます。

 

ちなみに、都道府県別で見た、平均年収のトップ5は、

都道府県の年収ランキングトップ5
  1. 東京都:615万円
  2. 愛知県:539万円
  3. 神奈川県:531万円
  4. 大阪府:528万円
  5. 京都府:498万円

となっています。

逆に、ワースト5は、

都道府県の年収ランキングワースト5
  1. 青森県:359万円
  2. 宮崎県:365万円
  3. 沖縄県:366万円
  4. 岩手県:371万円
  5. 秋田県:373万円

となっています。

トップ5とワースト5を比べると、

かなりの差がある

ことが、よく分かるでしょう。

部長と課長

サラリーマンの課長と部長の平均年収をチェック!差はいくら?

2018年11月28日

平均年収が高いからといって生活が豊かになるとは限らない

猫

サラリーマンの平均年収が高くなると、

「生活も豊かになるだろう」

と考えている人も多いと思います。

 

ですが、実は、

平均年収が高い人が、豊かな生活をしているとは限らない

ことを知っているでしょうか?

少し例を紹介していきます。

 

物価が高いので、支出が大きくなる

先程の東京などが良い例ですが、

『居住している地域の物価が高い』

ときは、平均年収が高めでも、あまり意味がないこともあります。

 

物価と言えば、

  • 食品の値段
  • 雑貨の値段
  • 土地の値段
  • 家賃の値段

など、様々なものがあります。

これらの支出が多くなれば、当然、

自分のお金が減りやすくなる

ことになります。

 

その為、結果的に、

『年収が多い分、支出も多い』

ので、あまり贅沢なことが出来ない人も多いのです。

 

節約が苦手な人は、貯金が出来なくなる

どんな人にも、少なからず、

『欲求』

というものがあります。

 

様々な欲がありますが、その中でも、

『物欲』

が強い人は、稼いだお金をすぐに使ってしまうでしょう。

その為、

貯金がほとんどない人

も多く、生活が苦しくなっているのです。

 

とくに酷い人は、『稼げるから大丈夫』なんて思って、

借金をしてしまう

こともあります。

稼いだ収入は、ほとんど借金返済に費やしてしまうこともあり、

毎月、借金をし続ける

という負のスパイラルになる人も多いのです。

 

家族を養わなければならない

いくら、平均年収が高くても、

『家族を養っていかなければならない人』

は、それだけ支出額も増えてきます。

 

とくに、1人で家庭の収入を全て賄っている人は、

『自由に使えるお金が少なくなる』

ことは、よくあることです。

 

お金を使うものとして、

  • ローン
  • 食費
  • 教育費
  • 介護費
  • 医療費
  • その他諸雑費

などがあります。

家族の人数に、それぞれを組み合わせると、かなりの金額となってくるのです。

 

1人暮らしであれば、まだまだ余裕があっても、

『家族を1人で養う』

となれば、収入と支出のバランスが崩れていることも多いので、大変だと感じる人は多いでしょう。

サラリーマンのピーク

サラリーマンの年収がピークになる年齢をチェック!40代?50代?

2018年11月28日

地方サラリーマンを目指すなら収入と支出のバランス

東京など、平均年収が高いとされる地域でも、

『実は、そこまで余裕のある生活は送れていない』

というのが現実にあります。

 

その為、サラリーマンを目指すときには、

収入と支出のバランスが取れているのか

ということが、重要になってきます。

 

もちろん、会社選びの時点で、

『余裕のある生活が出来るだけの年収を稼げる就職先』

であれば、そこまで気にすることではなくなります。

ですが紹介したように、ほとんどの人は、

『そこまで余裕のある生活を送れる人が少ない』

というのが、現実問題としてあるでしょう。

 

その為、特に地方でサラリーマンとして働いていこうとする人は、

働く地域の物価に見合った年収が貰えるのかを確認する

ようにしなければ、いずれは生活が苦しくなってしまう可能性があるのです。

 

東京のように、

『大企業が多く進出している地域』

というのは、地方ではあまり期待できません。

ですが、物価がそこまで高くない地域で、大企業のサラリーマンになれれば、

『年収が高く、支出が少ない』

という好循環を生み出せるため、散財しなければ、余裕のある生活を送ることが出来るでしょう。

 

地方で、余裕のあるサラリーマン生活をするためには、

『勤務先の事前調査』

が重要になることを、覚えておきましょう。

サラリーマンと自営業

サラリーマンと自営業の平均年収を比較!どちらが稼げる職種?

2018年11月28日

まとめ

今回のまとめとしては、

『平均年収は、収入と支出のバランスが取れているなら、多少少なくても良い』

ということが言えるでしょう。

 

地方サラリーマンの平均年収は、紹介したように、

東京などと比べて、低くなる傾向がある

と言えます。

 

ですが、平均年収だけを気にするのではなく、

『自分が生活している地域が、収入に釣り合った地域なのか』

ということも考えなければなりません。

物価が安く、支出が抑えられる地域であれば、

平均年収が多少低くても、生活に支障はない

と言えるのです。

 

最も重要なことは、

『収入と支出のバランスが取れているのか』

なので、平均年収に惑わされることなく就職先を決めれば、問題は少なくなるでしょう。

自分に合った地方で、サラリーマンライフを楽しんでみてくださいね!

 

その上で、東京であっても地方であっても、

ワンランク上の豊かな生活

を目指すのであれば、

サラリーマンをしながらの副業

をオススメします。

僕自身、副業サラリーマンとして、ブログを使って稼ぎ続けています。

 

「それで、いくら稼げるの?」

なんて思いますよね?

 

実は、一つのブログだけでも、

サラリーマン以上の年収

を得ることが可能です。

僕の副業1年目のブログ年収は下図の通り、

軽く700万円を超えるほど収入

を得てしまいました。

1年目のアドセンス年収

1年目のブログ年収

これは何も知らない初心者からスタートしての結果です。

さらに、2年目以降の年収はさらに増大しています。

 

このように、副業のブログで

数百万の年収を上乗せできること

が、現実として可能であることがブログの素晴らしいところです。

 

そんな

副業での稼ぎ方やブログの運営法ノウハウ

については、僕が発行している無料メルマガで紹介しています。

いまはスキルがなくても

強い気持ち

さえあれば、ブログ運営の中でスキルも身につきます。

さらに、お金も稼げれば一石二鳥です。

ぜひこの記事下から登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください