サラリーマンの年収と小遣いの関係を調査!給料が高いと比例する?

サラリーマン

こんにちは。SOです。

サラリーマンの年収は、出来るだけ高い方が良いと考えている人は多いでしょう。

実際、年収が増えれば、

『使えるお金が増える』

ことに繋がります。

 

ですが、サラリーマンで結婚している人は、

『小遣い制度』

がある人がほとんどですよね。

 

月々で使えるお金が決まっており、さらに、

『そんなに多くは貰えない』

という人も多いでしょう。

それでも、年収が多くあるならば、

「小遣いも多いのでは?」

と考える人もいると思います。

 

そこで、今回は、

『年収と小遣いの関係性』

について紹介します。

小遣いに関して、興味がある人は参考にしてみてください。

 

サラリーマンの年収は小遣いには無関係?

サラリーマンとして、年収が上がることは、本来なら、

『生活が豊かになる』

と考える人が多いと思います。

 

ですが、これはあくまで、

『独身の場合』

ということを覚えておかなければなりません。

独身者は、よっぽど散財しない限り、

使えるお金が無くなることはありません。

 

その点、妻帯者は、

様々なことで、お金が無くなっていく

運命にあるのです。

 

出費が倍以上になる

自分1人で生活する分には、

『出費を抑えることが簡単に出来る』

ため、年収が上がるにつれて、生活にも余裕が出てくるでしょう。

 

ですが、既婚者であれば、

『家族の数だけ、出費が増える』

ことになるため、年収が増えても生活が楽になることは、あまりありません。

 

子供ができれば、

  • 養育費
  • 進学費

などもかかり、何かとお金を使う機会が多くなります。

 

他にも、

  • 家を買う
  • 車を買う
  • 家族サービスを行う

など、自分で使うお金より、家族に使うお金が増えていき、

『自分の小遣いに回す余裕はない状態』

となります。

 

妻(夫)が家計を仕切る

結婚すれば、妻(夫)が家計を仕切ることがほとんどであり、真っ先に削られるのが、

『旦那の小遣い』

となってしまいます。

「無駄遣いをせず、家にお金を入れるように」

と言われてしまうわけですね。

これは、小遣いが少なくなる最大の原因にもなっています。

サラリーマン

サラリーマンの年収から手取り金額を計算する方法と税率を紹介

2018年12月1日

年収1000万円になっても、小遣いは少ないまま

財布にお金がない

サラリーマンの年収目標として、

年収1000万円

を取り上げることが、よくあります。

 

ですが、もし年収1000万円を稼いでいたとしても、結婚していれば、

小遣いは最大でも7万円程度

とされています。

 

年収1000万円で、小遣い7万円というのは、

「いくらなんでも少なすぎる」

と感じる人もいるでしょうが、これが現実です。

 

それでも、この額は、

『サラリーマンの中ではマシな部類』

となっています。

 

実際に、もっと年収が低い人で、小遣いが

  • 1万円
  • 5000円
  • 3000円

という悲惨な人もいます。

3000円などは、まだ学生の方が小遣いを持っているかもしれません。

サラリーマン

年収2000万円サラリーマンの税率と節税する方法をチェック!

2018年12月1日

サラリーマンで小遣いを増やすなら、共働きをする

夫婦

少ない小遣いでも、

「家族のためなら我慢する」

と考えている人も多いでしょう。

 

ですが、その中でも、

『お金を稼いでいる自分の小遣いは低いのに、妻(夫)は好きにお金を使っている』

などの事実が発覚し、離婚してしまう話もあります。

 

人は、手元にお金があると、

『どうしても使ってしまう』

という習性があるのは、誰しも心当たりがあるのではないでしょうか?

これは、お金だけでなく、

『あらゆる面で当てはまること』

となっています。

 

これを回避する方法として、

『夫婦で共働きをする』

というものがあります。

 

そもそも、家庭があるとはいえ、

『必要なお金を家に入れれば、後は稼いだ人が自由に使える』

というのは、当たり前の権利です。

そして、自由にお金を使えることは、

『サラリーマンのモチベーションアップに繋がる』

のです。

 

そのため、あらかじめ共働きをすることで、

『夫婦それぞれが、自由にお金を使える状況を作る』

ことが重要になってきます。

そして、それぞれが稼いだ給料は自分で管理して、

『生活費をそれぞれの持ち金から出し合う』

ようにすれば、自分が稼いだお金を自分で管理することができます。

 

生活費に関しては、それぞれが話し合い、

『収入の多い方が多めに出す』

などすれば、上手く家計を回すことができるでしょう。

 

子供ができたときは、夫が支える

夫婦は、男性と女性である以上、

子供を産む女性がの方が、労働の立場で不利になる

ことは避けられません。

 

この場合、収入面を、

『妊娠から出産、小学校に上がるくらいまでの期間を夫が補う』

ことが必要になるでしょう。

 

このときばかりは、小遣いが少ないとは言っていられないので、

夫婦で助け合うこと

が重要になってきます。

もし、これが出来ず、

『小遣いが少ない』

と文句を言うのであれば、その人には、親の資格はないと言えるでしょう。

 

結婚するということは、

『お互いを助け合う約束をする』

ということです。

 

とくに、何もないときは、

『共働きなどで、収入面を補い合う』

方が、不満も出ないので良いでしょう。

ですが、夫婦どちらかが困っているときに、

『助け合いが出来ない』

のであれば、夫婦関係を諦めて、独身に戻った方がお互いのためになります。

 

小遣い問題は、解決すべきものだと思いますが、

『なぜ夫婦になったのか?』

ということだけは、忘れないようにしましょう。

年収

個人事業主とサラリーマンの平均年収を比較!どちらが高い?

2018年12月1日

まとめ

今回のまとめとしては、

『夫婦で収入を補い合わなければ、小遣いは増えにくい』

ということが言えるでしょう。

 

そもそも、夫婦になったからといって、

『夫だけがお金を稼ぐ必要はない』

ということを覚えておかなければなりません。

やむを得ない事情がなければ、

『自分で使う小遣いは、自分が稼いだお金から使うべき』

なのです。

 

給料を上げる努力はするべきですが、まずは、

『夫婦で最大限、お金を稼ぐ方法を考える』

ことで、小遣い事情も解決するでしょう。

自分の小遣いに不満を持っている人は、夫婦で話し合ってみることをおすすめします。

補足

サラリーマンとして、それなりに稼いでいるけど、お小遣いが少ない…。

でも、

「家族に迷惑をかけずになんとかお小遣いをあげたい!」

という人であれば、

ブログで副業をすること

を僕は強くオススメしています。

 

はじめのうちは、少ない収入になりますが、コツコツと継続することで、

大きく稼ぐことが可能です。

たとえば、こんな風に…

安定収入

毎月サラリーマンの給料と遜色ないほどに安定して稼いでいます。

これだけのお金が、お小遣いになれば、

買いたいモノが買えないことは、ほとんどないです。

 

しかも、ブログ副業を始めるにあたって、元手はほとんど必要ありません。

  • パソコン
  • ネット環境

最低限、この二つあれば開始できます。

 

稼ぐブログの作り方など、具体的な稼ぐノウハウ

については、僕が発行している無料メルマガでお伝えしていきますので、

この記事下から、ぜひ登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください