営業職サラリーマンの年収をチェック!事務職よりも高い理由とは?

営業

こんにちは。SOです。

サラリーマンと聞いて、すぐに思いつくのが、

『営業職』

だと思います。

1日中、色んな場所で営業をかけ、夜遅くまで働いている人も多いでしょう。

 

ですが、同じサラリーマンでも、

『事務職』

として、会社の事務仕事をやっている人も多く、仕事内容が全く違う人もいます。

 

年収は、どこの会社も、

『営業職が高い』

ことが多く、出来るなら営業職としてサラリーマンをしたい人も多いのではないでしょうか?

ですが、このとき、

『事務職より、営業職の年収が高くなる理由』

を聞かれると、はっきりとは分からない人もいると思います。

 

そこで、今回は、

『営業職と事務職の年収がなぜ違うのか』

について紹介していきます。

気になる人は、参考にしてみてください。

 

営業職サラリーマンとは、会社の利益を決める重要なポジション

大企業・中小企業問わず、会社の利益を生み出しているのは、

『営業職』

となります。

 

もし、会社から営業職が無くなってしまえば、

『ほとんどの会社は、倒産することになる』

でしょう。

それだけ、会社にとっては、

『なくてはならない存在』

が、営業職というものになるのです。

 

その為、各会社は、

『事務職より、営業職を優遇する』

傾向が強くなるのです。

モチベーションが高いのも、営業職の特徴

会社の規模や売り上げにもよりますが、

『営業職の方が、かなり年収も上がりやすくなっている』

ので、自分の年収を上げるために、仕事に対する意欲も上がってきます。

 

営業職の平均年収は、

520万円

と言われていますが、これはあくまで参考額でしかありません。

 

歩合制を取っている会社も多く、営業の実力次第では、

年収1000万円を超える人

も、若いうちから多くいます。

年収を手っ取り早く上げたいのであれば、営業職がおすすめと言えるでしょう。

 

また、営業職で成功すると、

  • 出世が早くなる
  • もっと年収が良い会社に転職できる
  • 独立して、自分の会社を持てるようになる

など、メリットが多いのも特徴となっています。

実力のある人にとっては、夢の職業とも言えますね。

 

事務職は会社の利益に直結しないので、年収も低め

次に、年収が上がりにくい事務職について紹介します。

事務職は、確かに会社にとって必要なポジションなのですが、

『会社の利益に直結しないので、年収も上がりにくい』

という傾向が強いです。

 

というよりも、営業職のように、

『目に見える成果がほとんどない』

ため、事務職をしている社員の評価がしにくいことも関係しています。

 

事務職は、代えがきくポジション

事務職は、会社の経理を回すために、

『誰かがやらなくてはならないポジション』

と言えます。

 

事務職の人がいなくなれば、社員は営業をしながら、

『会社の事務までしなければならなくなる』

ので、利益が上がりにくくなってしまうのです。

 

ですが、見方を変えると事務職は、

『代えがきくポジション』

でもあります。

 

最初は、様々なことを覚えなければなりませんが、1度覚えてしまえば、

『誰にでもできる仕事』

なので、例え事務職員が辞めても、他の人が同じ仕事をすれば良いことになります。

 

営業職は、人によって成果が変わり、

『なかなか代えがきかない』

ので、その点も、事務職の年収が低い原因となっているのでしょう。

 

ちなみに、事務職の平均年収は、

330万円

と言われ、営業職とは約200万円もの差があります。

また、年収が上がることもあまりないので、

『どれだけ営業職の年収が高いのか』

ということがわかるでしょう。

 

年収が高いから営業職を選ぶと後悔することも

絶望

営業職と事務職の違いや、平均年収について紹介しました。

ここまでの内容を見れば、

『営業職になった方がお得』

だと考える人もいるでしょう。

 

ですが、ここで、

『営業職の道を選ぶ人』

は、後悔することになるかもしれません。

 

年収が高い分、仕事も忙しくなる

営業職が、会社の利益を生み出しているのは確かですが、その分、

かなり仕事が忙しくなる

ことも、覚悟しておかなければなりません。

 

営業職をやっている人で、楽に仕事をしている人は、

『ほとんどと言って良いほど、存在しない』

のは、サラリーマンをしている人なら誰でも知っていることでしょう。

 

毎日遅くまで残業していることはもちろん、

『休日出勤も当たり前』

の世界であり、プライベートがほとんどないこともあるのです。

 

また、一定のノルマを達成し続けなくてはならないので、

『実力のない人は、年収が下がってしまう』

ことになり、最悪クビを宣告されることもあります。

一見、年収がたくさん貰えるから良いと思われがちですが、

『厳しい世界で、自分を酷使し続ける』

ことが出来なければ、営業職で生き残ることはできません。

サラリーマン

年収2000万円サラリーマンの税率と節税する方法をチェック!

2018年12月1日

事務職は仕事が単調な分、気楽に仕事が出来る

営業職に比べて、年収が低いとされている事務職ですが、

『営業職にはないメリット』

があります。

 

それが、

気楽に仕事が出来る

ということです。

 

もちろん、最低限の責任を持って仕事をしなければなりませんが、

『代えがきく分、いつでも別の仕事を探すことができる』

のです。

 

同じ事務職になりたいのであれば、現在は人手不足なので、

『どこかの会社には、必ず就職できる』

ようになっています。

どんな会社があるかは分かりませんが、やる気さえあれば、仕事が無くなることはないでしょう。

 

また、事務職をする際に必要になることがある、

『各種資格』

なども、転職では有利に働くため、なおのこと仕事には困らなくなるのです。

営業職一筋で生きてきた人は、

『資格を持っていない人』

も多いので、贅沢さえ言わなければ、事務職だけで生活することも可能です。

年収

個人事業主とサラリーマンの平均年収を比較!どちらが高い?

2018年12月1日

自分の適正を考えた上で、営業か事務を選ぶことが重要

これは、就職活動をする人によく見られることですが、

『年収だけで、職業を選んでしまう人』

は、かなりの確率で後悔しているのです。

 

高い年収が貰えるから、将来も安泰だと思って、

『大企業の営業マン』

になったまでは良くても、成果を挙げられず、年収が低い別の会社に転職する人もいます。

 

また、年収は下がるけど、事務職の方が、

「営業よりは楽そう」

だと思って就職しても、年収が上がり続ける営業職の同僚を見て、後悔することもあります。

そして、事務職に嫌気がさして、営業職ができる会社に転職した結果、

『営業職の方が合っている』

と気づく人も多いのです。

 

この例から考えても、職業選びでは、

自分の適正を見極めること

が最も重要だと分かるでしょう。

後悔しないためにも、自分が本当にしたいこと、そして、

『適性のありそうな職業はどれなのか』

ということを、よく考えてから、仕事を決めてくださいね!

サラリーマン

サラリーマンの年収と小遣いの関係を調査!給料が高いと比例する?

2018年12月1日

まとめ

今回のまとめとしては、

『営業職は、会社の利益に繋がる仕事をしているため、事務職より年収が高くなる』

ということが言えるでしょう。

 

どの会社にとっても、

『営業職の実力』

というのは、かなり重要になってきます。

会社の利益がかかっており、

『期待値が高い』

ので、代えがきく事務職よりも年収が高くなるのは、ある意味で当然と言えるのです。

 

ですが、先程も紹介したように、営業職は、

『激務の上、実力もいるので、事務職の方が向いている』

ということもあります。

自分の適正をよく見極めてから、仕事をを選ぶようにすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください