サラリーマンで年収をアップさせる方法!年次昇給は平均いくら?

サラリーマン

こんにちは。SOです。

サラリーマンをやっていると、気になることとして、

『昇給』

があると思います。

 

基本的には、

『長く働くか、役職を上げるか』

によって、昇給金額が変わってくるでしょう。

ですが、大企業ならまだしも、

中小企業では、ほとんど昇給しないことの方が多い

のは、働いている人ならわかるでしょう。

 

そこで、今回は、

『サラリーマンの年収をアップさせる方法』

について紹介します。

少しでも年収を上げたい人は、参考にしてみてください。

 

サラリーマンは、どれくらいの年次昇給があるのか?

サラリーマンの年収をアップさせる方法といっても、様々なものがあります。

そこでまずは、

『年次昇給』

が、いくらくらいあるのかを見ることが先となるでしょう。

 

いくら昇給しにくくなったとしても、

『長く働いて、役職を上げる』

ことで、年次昇給額は徐々に上がってきます。

 

大企業の年次昇給は、

6,000~7,000円

あたりが平均とされ、役職や勤務実績によって増減します。

 

中小企業では、大企業より少ない額で、

3,000~4,000円

あたりが平均と言われています。

はっきり言って、あまり大きい額ではありませんが、

上がらないよりはマシ

と言えるでしょうね。

サラリーマン

サラリーマンの年収と小遣いの関係を調査!給料が高いと比例する?

2018年12月1日

サラリーマンの年収をアップさせる方法

欲しいもの

年次昇給だけでは、いつまで経っても、

『年収を大きくアップさせることができない』

と感じた人も多いでしょう。

 

そこで、ここからは、

『年収を大きくアップさせる方法』

を紹介していきます。

少しでも、自分の年収を上げたい人は、参考にしてみてください。

 

時間外勤務を増やす

まずは、昔から行われてきた方法で、

『時間外勤務を増やす』

ということです。

 

いわゆる、

  • 残業
  • 休日出勤

というものですね。

 

この方法で、なるべく時間外手当を貰えば、

『年収がそれなりに増える』

ようになります。

 

この時間外手当が欲しいあまり、

『仕事がないのに、残業する人』

なども多いくらいです。

ですが、最近になって、

『働き方改革』

が推進され始めたので、残業などができなくなりつつあるため、少し古い方法とも言えます。

働き方改革

働き方改革関連法案の概要まとめ!内容と目的をわかりやすく解説!

2018年11月1日

 

出世して役職を上げる

これは、先程も少し紹介しましたが、

『役職を上げる』

ことも、年収アップの近道になります。

 

たいていは、役職を貰うためには、

『ある程度の勤続年数』

が必要になってきます。

ですが、中には、

『若いうちから実績を積んで、役職を与えられる人』

もいるため、チャンスは誰にでもあると言えるでしょう。

 

やはり、

『平社員より係長や課長の方が、年収が高くなる』

ので、役職を上げられるように頑張るのも、1つの手となります。

 

営業系の仕事をする

自分の実力だけで、年収を上げるのであれば、

『営業系の仕事』

をするようにしましょう。

 

営業であれば、数字がそのまま結果に繋がるので、

『能力のある人の年収が上がる』

傾向が強くなります。

 

上手くいけば、

年収1000万円以上

も狙えるので、実力に自信がある人は、頑張ってみる価値が十分にあります。

 

副業が出来る会社に就職する

この方法は、最近になって本格的に認知され始めましたが、

『副業で年収をアップさせる』

ということも考えられます。

 

本業以外にも、自分が出来る副業を見つけて、

『コツコツと稼いでいく』

だけでも、それなりの年収アップに繋がるでしょう。

副業がきっかけで、

サラリーマンを辞めて、独立した人

もいるので、狙ってみる価値は十分にあります。

 

ですが、気を付ける問題として、

副業を認めている会社に就職する

ということがあります。

 

最近では、副業を認める会社も増えてきましたが、

『本業に差し支えるので、副業は認めない会社』

などは、まだまだ多いです。

その為、現在勤めている会社が、

『副業をしてよいのかどうか』

を確認しておく必要があります。

 

もし、無断で副業をしているのが判明すれば、

規約違反でクビ

ということも考えられるので、確認だけはしっかりと行いましょう。

 

転職する

年収をアップさせるための方法として、

『今より高い年収の会社に転職する』

というものがあります。

 

昔と違って、

『同じ会社で働き続ける』

のではなく、さらなるキャリアアップのため、転職する人が増えているのです。

 

自分が働いている会社は、

上司を見れば、どれだけ年収があるか分かる

ようになっています。

その年収が、

『自分の目指している年収とは違う』

ものであれば、さらに高い年収を貰える会社に転職した方が、将来的に有効となるでしょう。

 

このとき、あらかじめ、

『自分が有利になる資格を取っておく』

ことも重要になってきます。

会社が、必要な人材を見るときは、

『どんな資格を持っているのか』

というのは、確実に見られます。

 

資格を持っていることで、

「この人は、向上心があるな」

と会社側に認識されれば、転職にはかなり有効となるでしょう。

 

また、日系企業に勤めている人は、自分の実力に自信があるなら、

『外資系企業』

に転職することをおすすめします。

 

かなりの実力主義社会であり、

『実績が残せなければ、あっという間に落ちぶれていく』

場所でもありますが、メリットもあります。

それは、

成功すれば、年収3,000万円以上も夢ではない

というものです。

 

外資系企業というのは、それだけ魅力があるものであり、

『実力があれば、どんな人でも這い上がっていける』

場所なので、目指してみる価値はあると思いますよ。

営業

営業職サラリーマンの年収をチェック!事務職よりも高い理由とは?

2018年12月1日

まとめ

今回のまとめとしては、

『年収をアップさせるなら、実力をつけることが1番の近道』

ということが言えるでしょう。

  • 役職を上げる
  • 副業を行う
  • 転職する

など、いずれにしても、

『自分の実力が関係してくる』

ものばかりです。

 

高年収を貰っている人には、

『それだけの金額を貰う価値がある』

ことを、覚えておいた方が良いです。

自分の年収は、

『自分自身の働きに懸かっている』

ので、日々の努力を怠らないようにしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください