サラリーマンで確定申告をするメリットとは?年収2000万を例に紹介!

確定申告

こんにちは。SOです。

サラリーマンとして、働いている人のほとんどは、

『確定申告』

というものを自分でしたことがないと思います。

 

自分でしなくても、会社が代わりにやってくれるため、

『サラリーマンであれば気にする必要がない』

ものであり、言葉だけは知っている人が多いのではないでしょうか?

 

ですが、サラリーマンでも、

『確定申告することで、メリットが生まれる』

ということは、あまり知られていないでしょう。

 

そこで、今回は、

『サラリーマンが確定申告することで得られるメリット』

について紹介します。

興味のある人は、参考にしてみてください。

 

そもそも確定申告とはどういった意味?

サラリーマンとして働いている人からすれば、

そもそも、確定申告とは何なのか

と考えている人もいるでしょう。

 

確定申告とは、

『1月1日~12月31日までに稼いだお金を確定して、国に申告する』

ものです。

 

これにより、納税額が決まり、中には、

『払い過ぎた税金が還付される』

こともあります。

 

もし、確定申告をしない場合は、

  • 無申告による加算税
  • 延滞税

などがかかります。

しかし、サラリーマンであれば、

『会社が代わりに手続きしてくれる』

ので、ほとんどの人は心配することはないでしょう。

 

サラリーマンでも自分で確定申告する場合

サラリーマンでも、自分で確定申告を行わなければならない場合があります。

それが、

『年収2,000万円を超えた人』

となります。

 

本来なら、会社が年末調整を行ってくれるため、

『年収2,000万円以下』

であれば、確定申告を行う必要はありません。

ですが、年収2,000万円を1円でも超えてしまうと、

『年末調整の対象から外れ、自分で税務署に確定申告をしなければならない』

のです。

 

多少、面倒くさいと感じるかもしれませんが、

『特に難しい手順ではない』

ため、早めに申告した方が良いでしょう。

サラリーマン

サラリーマンの年収と小遣いの関係を調査!給料が高いと比例する?

2018年12月1日

年収2,000万円を超えた場合を例に確定申告を紹介

お金

この機会に、

『確定申告のメリット』

を知っておくのも良いでしょう。

 

ここからは、年収2000万円を超えた人を例にして、

『確定申告の方法とメリット』

について紹介していきます。

 

基本は他のサラリーマンと変わらない

年収2,000万円以下のときには、

『自分で確定申告などしたことがない』

人ばかりだと思うので、難しく考えてしまうでしょう。

 

ですが、基本的に、

手続きは、他のサラリーマンと同じ

なので、1度覚えてしまえば、後は簡単なものです。

 

手順としては、

  1. 収入金額から控除額を差し引いて、所得を出す
  2. 税金を計算する

これだけです。

今は、確定申告用のソフトもあり、

『金額さえ入力してしまえば、簡単に計算が出来る』

ようになっているので、そこまで難しく考える必要はありません。

無料の確定申告用のソフト

freee(フリー)

https://www.freee.co.jp/

 

控除は漏れなく申請すれば、かなりのメリットになる

確定申告をする際、

『控除額』

を計算しなければなりません。

  • 扶養親族
  • 保険の加入状況

などから、控除がどれくらい受けられるかで決まります。

 

これらの控除額は、

『確実に申告しておくことで、税金がかなり減る』

ことになるので、自分がどんな控除を受けられるかを確認しておくことが重要になります。

少しでも控除を受けて、

『自分が払う税金を減らす』

ようにすれば、それだけ自分が受けるメリットが増えることになります。

 

医療費が10万円を超える人は確定申告でメリットが生まれる

確定申告をする上で、

『1年間に医療費が10万円を超える人』

は、メリットを受けることが出来るでしょう。

 

支払った医療費の一部が戻ってくるので、

『必ず申請をしておく』

ことをおすすめします。

 

これは、自分だけでなく、

扶養親族の医療費も対象になる

ため、年配者などで、病院通いが多い人がいる場合は、特にメリットが大きいでしょう。

 

住宅を購入した人も確定申告をした方が良い

住宅を新しく購入している人も、

『住宅ローン控除』

という税金対策が出来るので、確定申告をしておいた方が良いです。

 

ローン残高や年間の納税額によって、住宅ローン控除額は変わりますが、

『年間で、最大40万円の控除を受けられる』

ため、家計としては大助かりとなります。

 

また、控除を受けられる期間は、

『最大10年間』

となっているため、最も多い金額で400万円は控除が受けられることになります。

この金額は大きいので、

『住宅を購入した人は、必ず確定申告する』

ことをおすすめします。

 

ふるさと納税をしている人にも確定申告はメリットがある

最近、ニュースなどでも見るようになった、

『ふるさと納税』

ですが、これに関しても、確定申告で控除を受けることができます。

 

ふるさと納税は、

『さまざまな特典』

があるため、これに加えて税金の控除まで受けられるのは嬉しいですよね。

今まで、控除してもらっていなかった人は、確定申告しておきましょう。

 

災害被害などに遭った場合も、確定申告はおすすめ

生活をしている中で、

『災害や盗難など、自分に不利な出来事が起きた場合』

にも、控除を受けることができます。

 

これは、

『雑損控除』

と呼ばれているものです。

 

どれくらいの被害に遭ったかによって、控除額が変わる

ため、予め控除額を調べる必要があるでしょう。

ですが、比較的高めの控除が受けられるので、

『確定申告で報告する』

ようにしておきましょう。

 

サラリーマンが必要経費を使った場合もメリットがある

サラリーマンが、

『仕事に必要な資格等を取る際に使った経費』

なども、確定申告することで控除が受けられる場合があり、メリットとなります。

 

これは、

『特定支出控除』

と呼ばれるもので、給与所得控除の50%を超えた額が控除対象になります。

 

自分の能力を高める際、

『出費を抑えることが出来る』

ため、特定支出控除はおすすめです。

営業

営業職サラリーマンの年収をチェック!事務職よりも高い理由とは?

2018年12月1日

確定申告をしていればメリットは多い

ジャンプ

年収2,000万円を超える人は、

『確定申告を自分で行う必要がある』

のですが、その分、自分がどんな控除を受けられるかを知ることができます。

 

もし、年末調整を受けるだけで、

『自分で確定申告しない人』

であれば、自分がどんな控除を受けられるか、気付かないことも多くあります。

公務員などであれば、

『どんな控除が受けられるかを教えてくれる』

ことが多いですが、サラリーマンの場合、そこまで親切にしてくれないこともあります。

 

自分がどれだけ税金を払っていて、確定申告することで、

『どれだけのメリットがあるのか』

を、今一度確認しておけば、余計なお金を払わずに済むかもしれません。

サラリーマン

サラリーマンで年収をアップさせる方法!年次昇給は平均いくら?

2018年12月2日

まとめ

今回のまとめとしては、

『年収2,000万円を超えていなくても、確定申告で得られるメリットは知っておくべき』

ということが言えるでしょう。

 

今回は、確定申告を自分でするしかない、

『年収2,000万円を超えたサラリーマン』

を例に出しました。

ですが、確定申告の必要がない人でも、

『確定申告をすることで、どれだけのメリットを得られるのか』

を知っておくことは必要でしょう。

 

会社に報告していないだけで、

『実は控除を受けられるものがあった人』

などは、それなりにいるはずです。

最大限のメリットを受けられるように、今一度、自分の現状を確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください