外資系サラリーマンの年収を調査!ピーク年齢と仕事内容をチェック

サラリーマン

こんにちは。SOです。

サラリーマンの中でも、

『かなりの年収が稼げる』

と言われている企業は、どこだと思いますか?

 

様々な意見があるかもしれませんが、やはり、

外資系企業がNo.1

と言えるのではないでしょうか?

日系企業とは、かなり違う企業であり、まさしく

『実力主義』

の世界となっています。

 

その為、企業にとって成果を出している人には、

『かなりの年収を払う』

のが、外資系企業の特徴なのです。

 

そこで、今回は、

『外資系サラリーマンの年収はどれくらいあるのか』

について紹介します。

興味のある人は、参考にしてみてください。

 

外資系サラリーマンの年収は、実力により変わる

外資系企業に入れば、

『高い年収が約束される』

と思っている人もいますが、

現実はそこまで甘くはありません。

 

外資系企業で働くサラリーマンは、

『毎日が競争』

と言って良いほど、お互いをライバル視しながら仕事をしていることが多いのです。

 

そんな環境のため、

  • 実力がある人は、のし上がる
  • 実力がない人は、去っていく

といった、まさに弱肉強食の世界と言えるでしょう。

 

そんな外資系サラリーマンの平均年収は、

800万円以上

となっており、かなり高い金額となっています。

これだけ貰えるなら、

「俄然やる気が湧く!」

といった人も、多く出てくるかもしれませんね。

 

外資系サラリーマンは、どんな仕事をしているのか?

悩む男性

外資系企業で働くサラリーマンは、

どんな仕事をしているのか

ということが、気になる人も多いでしょう。

 

外資系サラリーマンの職種としては、日系企業とほとんど変わりません。

有名なところで、

  • エンジニア
  • マーケティング
  • セールス
  • 金融
  • 保険

などがあります。

どの職種も、日系企業にも存在するため、

『基本的なことは同じ』

と考えて良いでしょう。

 

仕事のやり方は、少し違う

仕事の内容は、日系企業と変わりませんが、

『仕事のやり方』

に関しては、外資系企業特有のものがあります。

 

日系企業は、仕事において、

『過程と結果』

の両方を見るため、確認作業などに時間を掛けることも多くなります。

 

これ自体は良いことなのです。

しかし、

『ほとんど成果に繋がらない仕事内容』

についても、書類を作り、時間をかけて確認を行っています。

その為、

『なかなか結果に繋がらない』

ということも多いのです。

 

それに比べて、外資系企業は、

『結果重視』

の傾向が非常に強いため、

過程に関しては、あまり気を使いません。

報告1つでも、わざわざ書類を作らず、

『口頭で行うだけ』

になっていることが多いです。

 

そして、結果を出せなかった人に関しては、

全く評価されない

といっても、過言ではありません。

その分、結果に繋がる成果を挙げれば、

『若手でも年収1000万円以上』

を稼ぐことができ、結果を残し続ければ、年収が倍々に増えていくこともあるのです。

 

外資系企業を狙っている人は、

『とにかく実力を身に付ける』

ことだけを考えたほうが良いと言えるでしょう。

サラリーマン

サラリーマンで年収をアップさせる方法!年次昇給は平均いくら?

2018年12月2日

外資系サラリーマンはには、ピーク年齢という概念がない?

老年サラリーマン

外資系サラリーマンは、

『どれくらいがピーク年齢になるのか』

という話も、よく聞きます。

 

ですが、結論から言えば、

『外資系企業に、ピーク年齢という概念はほとんどない』

と言えます。

 

先程も紹介したように、外資系企業は、『実力主義』の世界です。

実力を発揮して、結果に繋がる仕事をやり続ければ、

『ピークが来ることはない』

と考えて良いでしょう。

 

もし、外資系サラリーマンにピークがあるとすれば、

結果を出せなくなったとき

と言えます。

結果が出せなくなった社員を、外資系企業が、

『いつまでも面倒見る必要はない』

という考えが浸透している世界なので、すぐに首を切られてしまうでしょう。

確定申告

サラリーマンで確定申告をするメリットとは?年収2000万を例に紹介!

2018年12月2日

外資系サラリーマンとして働くなら、とにかく結果を出す

外資系サラリーマンの年収や仕事内容、ピーク年齢について紹介してきました。

とにかく、1つだけ言えることは、

『外資系サラリーマンは、結果が全て』

ということです。

 

日系企業であれば、少し結果が出ないときも、

『誰かが助けてくれる』

ことが多いです。

また、年功序列の体質も残っているので、

『細く長く勤務していれば、年収は徐々に上がっていく』

と言えます。

 

その弊害として、役職が上がっても、

『仕事が出来ない人』

がいるため、

『部下から反感を買って、社員が去っていく』

という事態になることもあるのです。

もちろん、仕事を真面目に行い、

『役職ごとの仕事が出来る人も多い』

ので、一概に悪いとは言えないでしょう。

 

ですが、年収に関しては、外資系サラリーマンの方がかなり上であり、

実力主義のため、仕事が出来る人が育ちやすい

ので、日系企業から、外資系企業に転職する人も多くなっているのです。

 

ですが、日系企業から転職してきた人の中には、

『外資系企業に馴染めなかった』

という人もまた多く、結局は、別の日系企業に戻ることもあります。

年収が高い分、

『結果を出し続けなければ、外資系サラリーマンとしてやっていけない』

ということですね。

 

先程も紹介しましたが、外資系サラリーマンになるのであれば、

『とにかく結果を出すことだけを考える』

ようにしなければならないので、自分に合っているどうかを、しっかりと考える必要があります。

サラリーマン

サラリーマンで年収800万の割合はどのくらい?仕事と年齢をチェック

2018年12月2日

まとめ

今回のまとめとしては、

『外資系サラリーマンは、高い年収に見合った結果を出し続けなければならない』

ということが言えるでしょう。

 

とにかく、外資系サラリーマンには、

『結果』

だけが求められています。

 

自分の実力を試すには、これほど最適な環境もないでしょうが、人によっては、

『考え方についていけない』

と感じる人も多いと思います。

 

外資系サラリーマンを目指すのであれば、

『実力主義が、自分に合っているのかどうか』

を考えることが重要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください