平均年収ランキング2018を一覧紹介!現在の給料の高い職業とは?

年収

こんにちは。SOです。

働く上で、誰もが気にする点として、

『年収』

があると思います。

 

どんな仕事に就くかで、貰える年収も変わるため、

『職業選び』

は重要になってくるでしょう。

 

ですが、実際に職業を選ぼうとしても、

どの職業が、年収を多く貰えるか分からない

という人もいると思います。

どれだけの年収が貰えるか分からない状態では、職業選びも出来ませんよね。

 

そこで、今回は、

『2018年平均年収ランキング』

として、どの職業が、どれくらいの年収となっているかを紹介します。

職業選びで迷っている人は、参考にしてみてください。

 

業種別に見た2018年の平均年収ランキング一覧

仕事を選ぶ上で、まず最初に見ることは、

『業種』

となります。

 

例えば、

  • 工業
  • 漁業
  • 金融業
  • 建設業
  • 運輸業

などが、主な業種となるでしょう。

 

これらの業種の中から、自分が進みたい道を選ぶことが、

『職業探しの第1歩』

となります。

 

これを踏まえて、2018年の業種別平均年収ランキングを見てみると、

  1. 投資/投資顧問(金融) 839万円
  2. 医療品メーカー(医療) 611万円
  3. たばこ(製造) 584万円
  4. 診断薬/臨床検査機器/臨床検査試薬メーカー(製造) 570万円
  5. 財務/会計アドバイザー(サービス) 561万円
  6. 信託銀行(金融) 561万円
  7. 医療機器メーカー(医療) 554万円
  8. トイレタリー(製造) 552万円
  9. 家電/モバイル/ネットワーク機器/プリンタメーカー(製造)  539万円
  10. 総合電機メーカー(製造) 536万円

引用元:求人情報・転職サイトdoda(デューダ)

となっています。

 

ここから傾向を見ると、

  • 金融
  • 医療
  • 製造

が多く見られることがわかるでしょう。

どの業種も、

『ある程度の専門知識が必要となる業種』

となっていますね。

 

年収の高い業種ほど、

『専門性が高くなる』

と言えるのです。

 

職種別に見た2018年の平均年収ランキング一覧

次に、

『職種別に見た平均年収ランキング』

を紹介します。

 

職種は、先程の業種を細かく分類したもので、

『同じ業種でも、やっていることが全く違う』

ことを表しているものです。

 

2018年の職種別平均年収ランキングを見ていくと、

  1. 弁護士(専門職) 829万円
  2. 投資銀行業務(専門職) 825万円
  3. ファンドマネージャー/ディーラー(専門職) 803万円
  4. MR(営業職) 709万円
  5. 業務改革コンサルタント(専門職) 681万円
  6. アナリスト(専門職) 680万円
  7. 戦略/経営コンサルタント(専門職) 666万円
  8. プロジェクトマネージャー(技術職) 659万円
  9. 内部監査(管理職) 658万円
  10. 会計専門職/会計士(専門職) 649万円

引用元:求人情報・転職サイトdoda(デューダ)

となっています。

 

このランキングを見ると、

『専門職』

が圧倒的に多くなっていることが分かります。

やはり、誰でも出来る仕事ではなく、

専門的な知識を持っている人の方が、年収が高い

と言えるでしょう。

サラリーマン

サラリーマンで年収800万の割合はどのくらい?仕事と年齢をチェック

2018年12月2日

平均年収が高い傾向があるのは金融業

2018年のランキングを見ると分かるように、平均年収が高い職業は、

『金融業』

が、かなりの割合を占めています。

 

ですが、ここで疑問に思うのは、

『なぜ、金融業がこれほど高年収なのか』

ということです。

もちろん、金融業以外の職業でも、

『狙おうと思えば、高年収を狙える』

のですが、金融は、他とは違う特徴を持っていることが理由となるでしょう。

 

その特徴とは、

『お金に精通している』

ことです。

 

お金のことが分かる人は、

『どうすれば、お金をさらに増やすことが出来るか分かる』

ので、その知識を欲しがる金融業者が多くなり、その結果、年収も高めになるということです。

 

お金を増やす知識というのは、

『普通に働いているだけでは、なかなか身に付かないもの』

であり、その知識を聞いても、ほとんどの人が

「わからない」

と答えるでしょう。

そもそも、お金がどうやって増えるかを知っていれば、

『お金に困る人はいなくなる』

ので、年収を気にする人も少なくなるはずです。

ですが、

『お金に困っている人はかなりいる』

のが現状であり、お金に関する知識が浸透していない証拠なのです。

 

金融業は、まさに、

『お金を管理して、増やすこと』

が、主な仕事になります。

 

その知識は、一朝一夕で身につくものではない上、

『かなりの知識を身に付けなくてはいけない』

ことから、金融業の年収は高くなっているのです。

サラリーマン

外資系サラリーマンの年収を調査!ピーク年齢と仕事内容をチェック

2018年12月6日

平均年収が高い職業に就くなら知識を増やす

本

「年収を増やしたい!」

と本気で考えている人は、

『知識を増やすこと』

に力を入れるようにしてみることをおすすめします。

 

知識が増えれば、

『専門の資格が取れる』

ため、それだけ貴重な人材になることが出来ます。

会社は、専門的な知識や資格を見て、

『どれくらいの知識があるのかを見定める』

ことがほとんどです。

 

専門知識や資格があるということは、

『それだけ貴重な人材』

になるため、年収も多くなっていくことでしょう。

 

逆に、知識や資格がなく、

『他の人と同じようなことしか出来ない』

と判断されれば、年収もそれだけ下がることになります。

 

知識は、

『自分の年収を上げるための力』

となるので、常に知識を増やし、研鑽を積んでおくことが重要になってくるのです。

サラリーマンの節税

サラリーマンの年収と税金をチェック!確定申告でお得になる?

2018年12月6日

まとめ

今回のまとめとしては、

『金融業が、かなり上位を占めていることから、知識を増やすことで年収も増やすことが出来る』

ということが言えるでしょう。

 

平均年収が高い職業は、

『それだけ専門知識や資格が必要になってくる』

ことが多いです。

 

今後、高年収の仕事に就きたいと考えているなら、

『日頃から、知識を蓄え続ける』

ことが必要になります。

簡単なことではありませんが、知識を身につければ、

『自分を助けることに繋がる』

ので、ぜひとも頑張ってみてくださいね。

補足

僕がやっているブログを使った副業

も、金融業に負けないくらいに稼ぐことが可能です。

実際に、

月に数十万円から数百万円

をブログだけで稼いできました。

アドセンス報酬画面

しかし、いくら『稼げる』といっても、ただ闇雲にやっても稼ぐことはできません。

金融業などと同じく、ブログで稼ぐには、

知識(ノウハウ)は必要

なのです。

僕の発行する無料のメルマガでは、

ブログで稼ぐための知識(ノウハウ)

を暴露していきますので、この記事下からぜひ登録しておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください