サラリーマンの30歳と35歳の平均年収を紹介!その収入の差は?

差

こんにちは。SOです。

サラリーマンとして、社会で働き始めて、

『実績も経験も、それなりに積んだ時期』

になるのが、30代となります。

 

この年代になると、

『年収も20代の頃に比べて上がっている』

ことが多くなるでしょう。

 

また、30代では、

『年収格差がかなり広がってくる』

こともあり、他の人と比べられることもあります。

 

そこで、今回は、

『30歳と35歳の年収の違い』

について紹介します。

30代序盤と中盤で、どれくらい年収に差があるのか知りたい人はどうぞ!

 

30歳のサラリーマン平均年収はどれくらい?

まずは、

『30歳におけるサラリーマンの平均年収』

について紹介します。

 

サラリーマンとして、それなりに経験を積んできた人ならば、

『30代に入ると、役職を持つことが多くなる』

という傾向が強くなります。

 

日本のサラリーマン年収は、

  • 勤続年数
  • 役職

によって決まることが多いです。

そのため、手っ取り早く年収を上げたいのであれば、

『役職を上げる』

ということが重要になってきます。

 

そして、役職を持ち始める30歳の平均年収は、

約400万円

と言われているのです。

 

サラリーマン全体の平均年収と比べれば、

『まだまだ少ない金額』

となりますが、これからさらに伸びていく可能性がありますよ。

 

35歳のサラリーマン平均年収はどれくらい?

次に、

『35歳のサラリーマン平均年収』

について紹介します。

 

役職が板につき、経験を程よく積んでいることが多い年齢になれば、

『さらなる年収アップが期待できる』

ようになります。

 

なにより、役職がもう一段階上がることが多いため、

『必然的に年収も上がる』

というふうになるのです。

 

平均年収としては、

約430万円

となっています。

ですが、これはあくまで平均年収。

なので、中には、

500~600万円

を稼ぐサラリーマンも多くなるでしょう。

 

さらに言うと、上手く世渡りが出来た人は、

年収800万円~1000万円

に届いている人もいます。

人によって年収額は違いますが、

『サラリーマンとして、普通に生活してきた人』

なら、平均年収あたりが一般的となってくるでしょう。

サラリーマン

外資系サラリーマンの年収を調査!ピーク年齢と仕事内容をチェック

2018年12月6日

30歳と35歳の年収に差があるのは当然の話

金の山

サラリーマンで、30代と言えば、

『本格的に、会社の中核をなす働きをする世代』

となってきます。

 

その後、40代~50代にかけて、

『会社のトップクラス』

に上がっていく人も多くなるのですが、働き盛りで言えば30代となってくるでしょう。

 

20代に劣るとはいえ、

『多少の無理はきく年代』

であり、さらに経験も豊富になるので、

「この年代に働かなくて、いつ働くのか?」

とも言われています。

 

そんな30代の中でも、30歳と35歳で年収に差があるのは、

  • 働き盛り
  • 年功序列
  • 昇進

などが関係しているからです。

体がまだまだ動く年代で、会社に勤める期間も長くなり、昇進もしやすいとなれば、

『年収が上がってくるのは当然』

と言えます。

 

また、実績を積んで、

『他社へ転職』

をすることで、同じ役職でも、さらに高い年収を望むことも出来るのです。

まさに、

『自分がどんなサラリーマン生活を送るのかが決まる分岐点』

とも言えるのが、30代なのです。

サラリーマンの節税

サラリーマンの年収と税金をチェック!確定申告でお得になる?

2018年12月6日

年代だけに囚われるのはおすすめしない

サラリーマンにおける、30歳と35歳の平均年収に差がある理由を紹介しました。

紹介した内容は、

『大多数のサラリーマンに当てはまること』

と言えるでしょう。

 

ですが、中には、

20代の時から、

『30代の平均年収を上回るサラリーマン』

も存在しています。

 

日本でも数が増えてきた、

『外資系企業』

などは、ほとんどが実力主義の世界となっていて、結果が年収を決めます。

その為、若くても能力が優れていれば、

年収1000万円を超えている人

も多くなるのです。

 

その分、結果が伴わない人は、

『容赦なく年収が下がる』

ことになり、最悪は会社を辞めてしまいます。

日系企業でも、結果は大事とされていますが、

『ある程度の役職に就いていれば、年収が下がることはあまりない』

という環境があります。

 

長く働けるのは、日系企業ですが、

実力があるのに、それが認められづらい

という面があるのは否めません。

 

サラリーマンは、長く働けば年収が上がるので、

「とりあえず、30代になるまでは我慢しよう」

と考えるのは間違いではないでしょう。

ですが、そんな現状が嫌だと感じる人は、

『実力主義の外資系企業を目指す』

ことも、視野に入れておいた方が良いですよ。

 

年齢だけに固執することなく、自分の実力だけで年収を上げたいのであれば、

『どんなサラリーマンになるのか』

について、早い内から考えて行動してくださいね!

年収

平均年収ランキング2018を一覧紹介!現在の給料の高い職業とは?

2018年12月15日

まとめ

今回のまとめとしては、

『30歳と35歳で、年収の差が出るのは当然だが、年齢だけに固執するのも良くない』

ということが言えるでしょう。

 

日本は、昔からの流れで、

『年齢を重ねる方が、年収が高くなる』

ことを、無意識のうちに感じてしまうことがあります。

今回紹介した、30歳と35歳の平均年収の違いからも、それは分かるでしょう。

 

ですが、最近では、

『年齢に関わらず、実力のある人が這い上がる』

という風潮が強くなっています。

ただ働くだけで、年収が上がる時代は、もう古くなりつつあると言えるのです。

 

その為、年齢で年収を判断するのではなく、

『自分の能力で、どれくらいの年収が稼げるのかを考える』

ことが、これからサラリーマンとして生きる人には求められてきます。

時代の流れに翻弄されないように、自分の能力を高めていってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください