一流サラリーマンの年収をチェック!二流・三流の違いとは?

一流サラリーマン

こんにちは。SOです。

サラリーマンをやっていると、

『一流かどうか』

ということを聞かれる人も多くなるでしょう。

 

そして、その判断基準を決めるのは、主に、

『どれだけ年収があるのか』

になってきます。

 

ですが、そもそも、

『どこまで年収が上がれば、一流サラリーマンとなるのか』

については、はっきりと知られていないでしょう。

 

そこで、今回は、

『一流サラリーマンの年収』

について紹介していきます。

自分が一流サラリーマンなのか、判断したい人は参考にしてみてください。

 

一流サラリーマンの定義は、はっきりと決まっていない

一流サラリーマンと言っても、

『その定義は、かなり曖昧になっている』

ことが多いです。

 

まず、

何をもって一流サラリーマンとなるのか

については、それぞれの判断基準があるでしょう。

 

例えば、

  • 仕事が早い
  • 実績がある
  • 役職が高い

など、サラリーマンを判断する基準は、多くあります。

どの基準で、一流サラリーマンとするのかは、

『見る人の判断次第』

と言っても過言ではありません。

 

ですが、それでは分からないので、最も手っ取り早い判断基準として、

『どれだけ年収を稼いでいるのか』

ということが、見られているのです。

 

たとえば、年収300万円と年収500万円なら、

『年収500万円のほうが凄い』

と感じる人が多いのは明白です。

単純明快な判断基準と言えるでしょう。

 

一流サラリーマンの年収は平均値とほぼ同じ?

『一流』と呼ばれているサラリーマンの判断基準が、

『年収』

で決まることが多いことを紹介しました。

 

それでは、実際に、

どれくらいの年収があれば、一流サラリーマンとなるのか

ということが気になると思います。

 

一般的に、一流サラリーマンと呼ばれる人の年収は、

600万円を超えた人

と言われているようです。

 

その理由は、

『サラリーマンが、最終的に到達する年収の平均』

とされているのが、年収600万円であり、1つの判断基準となっているからでしょう。

 

よって、一流サラリーマンかどうかは、

年収600万円を超えているかどうか

を見れば、大まかな判断が出来ると言えます。

サラリーマンの節税

サラリーマンの年収と税金をチェック!確定申告でお得になる?

2018年12月6日

一流サラリーマンになる方法

道

一流サラリーマンの大まかな基準を紹介しました。

ですが、

『一流サラリーマンになるための方法』

については、よく知られていないことが多いです。

 

最も想像しやすい方法としては、

『会社での役職を上げる』

ことがあり、これはサラリーマンをしていれば、なんとなく分かることでしょう。

役職が上になれば、必然的に、

『より高い年収が貰える』

ため、出世を目指しているが多いのです。

 

役職を上げる以外の方法

確かに、

『役職を上げることが、一流サラリーマンになる方法』

ではあるのですが、なかなか思い通りにはいきません。

 

役職を貰える人というのは、

どうしても限られた人数に絞られる

ため、それ以外の人は年収を上げることが出来なくなるからです。

 

それでは、

『一流サラリーマンには、ほとんどの人がなれないのか』

と言われれば、そうでもありません。

役職を上げる以外に、年収を上げる方法として、

『外資系企業』

に就職するという方法もあるのです。

 

全てが同じとは言えませんが、外資系企業は、

『実力主義の世界』

となっています。

その為、役職ではなく、

『結果』

を見られることになります。

 

もちろん、外資系企業にも役職がありますが、

『役職に見合った結果が出せなければ、すぐに首を切られる』

ため、能力がある人しか生き残れないのです。

 

逆に、結果を出せば、

『役職に限らず、高い年収が支払われる』

ため、20代で多くの年収を貰っている人も多いのが特徴となっています。

その年収は、

1000万円以上

となることも多く、これだけあれば、一流サラリーマンと言っても問題ないでしょう。

 

厳しい世界であることに間違いはありませんが、

『自分の能力に自信があるのであれば、挑戦する価値がある世界』

と言えるので、少しでも早く一流サラリーマンになりたい人にはおすすめです。

年収

平均年収ランキング2018を一覧紹介!現在の給料の高い職業とは?

2018年12月15日

二流・三流サラリーマンでも問題ない?

黄昏るサラリーマン

一流サラリーマンを目指している人は多いですが、

『二流・三流サラリーマンでも、特に問題はない』

と言える時代に、最近はなってきました。

 

その理由としては、

『サラリーマン以外の働き方が増えたから』

と言えるでしょう。

 

そもそも、二流・三流サラリーマンと言っても、

『一流サラリーマンと、能力的には変わらない人』

なども、この世には多く存在しているのです。

 

年収だけで、一流かどうかを見る風潮が強いので、

『その人が持つ本当の能力に気付いていない』

という会社も多く、また、あえて役職を与えず冷遇していることもあります。

 

会社の役職などを決める際、大体は、

『それぞれの都合』

を考えていることがほとんどです。

その為、能力が高すぎる人が役職に就いてしまうと、

『さらに上の役職の人が、地位を脅かされる危険性もある』

ので、あえて冷遇しているケースがあるのです。

 

ですが、能力が高い人というのは、

『サラリーマン以外の働き方でも、結果を出せる人』

が多いです。

独立して、自分のやり方で年収を上げている人も、最近では多くなり、

「二流・三流サラリーマンが生意気だ」

と、前の会社で言われていても、ほとんど意に介していないことが多いでしょう。

 

また、年収を求めず、

『最低限の収入で、気楽に生活している人』

なども多いので、二流・三流サラリーマンだからダメだということはないのです。

年収が高ければ幸せとは限りません。

二流・三流サラリーマンでも気にする必要は全くないですよ。

差

サラリーマンの30歳と35歳の平均年収を紹介!その収入の差は?

2018年12月15日

まとめ

今回のまとめとしては、

『一流サラリーマンは確かに年収が高いが、それだけが全てではない』

ということが言えるでしょう。

 

一流サラリーマンと呼ばれる人は、年収が高い反面、責任が重く、

『生活に余裕のない人が多い』

という特徴があります。

その為、いくら収入があっても、

『人生が楽しくない』

と感じている人も、少なくありません。

いくらお金があっても、これでは何のために生きているのか分かりませんね。

 

何が幸せかは、人それぞれです。

『幸せなら、二流・三流サラリーマンでも良い』

ので、自分が何をもって幸せだと感じるのか、今一度考えてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください