サラリーマンの40歳と45歳の平均年収を紹介!その収入の差は?

差

こんにちは。SOです。

サラリーマンとしての経験も勤続年数も多くなり、年収が上がるとされるのは、

『30代』

ですが、ここから先の年代は、年収格差が広がっていく分岐点となっています。

 

そして、その年収格差がピークになるのが、

『40代のサラリーマン』

です。

 

この年代に、

「サラリーマンとしての年収が打ち止めになる」

と言われ、

『生涯年収が決まると言っても過言ではない』

とされているのです。

 

そこで、今回は、

『40歳と45歳におけるサラリーマン平均年収の違い』

について、紹介します。

どれだけの違いがあるのか、興味がある人は参考にしてみてください。

 

40歳サラリーマン平均年収はどれくらい?

40歳と言えば、

『サラリーマンとして、最も働き盛りになる年齢』

とも言われています。

 

とは言っても、30代ほど必死になって働くわけではなく、

『かなり重要な役職を与えられる』

関係上、会社の経営方針に関わる仕事などが主になってくるでしょう。

また、部下も増えてくる時期であり、中には、

『会社内の実質的なトップ』

となる人も多いです。

 

責任もかなり重くなってくる時期であり、平均年収としては、

約460万円

と言われています。

 

これはあくまで平均年収ですが、貰っている人は、

年収600万円~700万円

となっている人も多く、さらに上の年収の人もいます。

 

ここまで年収が上がれば、一般的なサラリーマンとして、

『稼げる年収のピーク』

となるので、一流サラリーマンと言っても過言ではないでしょう。

 

45歳サラリーマン平均年収はどれくらい?

40歳から、さらに仕事に打ち込んで、

『40代の半分である45歳』

に到達した場合、平均年収も打ち止めになってきます。

 

45歳の平均年収は、

約490万円

とされています。

これ以降は、

少しだけ上がった後、下がっていく

ことになります。

 

働き盛りだった体も、

『本格的に衰えてくる』

ので、部下に仕事を任せることも多くなってくるでしょう。

元気な人は、ここからさらに仕事に打ち込む人もいますが、

『サラリーマンとしての終わり』

が見えてくる時期となります。

 

この後、50代・60代と仕事は続いていきますが、

『若手育成の方が重要』

となり、そちらに力を入れていくので、年収も上がらなくなるのです。

年収

平均年収ランキング2018を一覧紹介!現在の給料の高い職業とは?

2018年12月15日

平均年収の差はなくなる

40代に入ると、

『年収の差は、あまり大きくならない』

傾向にあります。

 

若手の頃と比べれば、年収にかなりの差がついていますが、

『会社としても、若手育成に資金を割きたい』

と考えるので、

40代の給料が急激に上がることは、ほとんどなくなるでしょう。

 

ですが、最後の昇進チャンスでもあるので、

『40代で重役になれれば、年収がかなり上がる』

ことにはなります。

 

逆に、ここまでのサラリーマン人生で、

『ほとんど昇進できなかった人』

は、若手を昇進させるため、

ほとんどチャンスはない

と思った方が良いです。

 

同じ年齢でも、

『これまで歩んできた人生の違い』

によって、年収に大きな差ができてしまうわけですね。

 

平均年収を40代で上げたい人は?

右肩上がり

40歳と45歳の平均年収を紹介しましたが、中には、

『さらに年収を増やしたい』

と感じている人も多いと思います。

 

普通に生活するだけなら、平均年収で十分なのですが、

『向上心が高い人』

は、さらに上を目指したいと考えるでしょう。

 

そんな人が取れる方法としては、

  • 副業をはじめる
  • 外資系企業に転職する

などがあります。

最近では、副業を認める会社も増えているので、

『自分の年収に上乗せするには、うってつけの方法』

となっています。

 

ですが、副業を認める会社は全てではないので、

『限られたサラリーマンにしか出来ない方法』

でもあります。

 

そして、もう1つは、

『外資系企業に転職する』

というものです。

ただ、この方法は、かなり人を選ぶことになるでしょう。

それまでの実績が豊富で、自分の能力が高いのであれば、

『40代でも中途採用してくれる可能性がある』

と言えます。

 

外資系企業は、

実力主義の世界

なので、結果を出せる人なら、年齢に関係なく多くの年収を稼ぐことが出来ます。

 

ですが、

『なるべく成長が期待できる若手中心の採用』

となる上、

結果が出なければ、すぐにクビとなること

を覚悟しておいた方が良いでしょう。

この状況でも、挑戦したいと考えるのであれば、転職も1つの手となりますよ。

一流サラリーマン

一流サラリーマンの年収をチェック!二流・三流の違いとは?

2018年12月15日

サラリーマンの平均年収にこだわる必要はない

サラリーマンは、主に、

『自分の年収を気にしながら、仕事をしている』

と思います。

 

今回紹介している年収も、

『40歳と45歳で、どれだけの違いがあるのか』

を気にしている人には、かなり興味のある内容となるでしょう。

 

ですが、昔ならともかく、今の時代は、

『働き方がかなり自由になっている』

ので、サラリーマンだけにこだわる必要もないと言えるのです。

 

同じ会社で定年まで働くといった風潮も、今では薄れてきています。

『より収入が高い仕事を探す』

ことの方が、重要になってきています。

 

また、サラリーマンとして働き、

『年収の限界が見えてしまった人』

などは、独立して、さらなる年収アップを図っている動きもよく見られます。

サラリーマンとして、年収アップが期待できないのであれば、

『他の方法をいくらでも選択できる時代』

となっているのです。

 

紹介した年収より低い人も、

「もう年収を上げることは出来ないのか」

と諦める必要はなく、サラリーマンと同時に、それ以外の働き方を探してみるのも良いでしょう。

差

サラリーマンの30歳と35歳の平均年収を紹介!その収入の差は?

2018年12月15日

まとめ

今回のまとめとしては、

『サラリーマンの年収がピークになる年代だが、悲観する必要はない』

ということが言えるでしょう。

 

今回紹介した平均年収に到達している人は、

『サラリーマンとしては、かなり成功している』

と言っても過言ではありません。

普通に生活するには、十分だと言えます。

 

もし、平均年収に到達していない場合でも、現在では、

『年収を増やす働き方は、数多く存在する時代になっている』

ため、自分次第で、年収をアップさせることも不可能ではありません。

 

むしろ、40代におけるサラリーマン年収の差を気にするくらいなら、

『年収をアップさせる働き方を始めた方が、建設的』

なので、挑戦したい人は、頑張ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください