ブロックチェーンの仕組みをわかりやすい解説で紹介!仮想通貨は危険?

ブロックチェーン

こんにちは。SOです。

最近、急激に流行ってきたものに、

『仮想通貨』

というものがあります。

実際にある通貨ではなく、

『データ上で取引される』

ため、馴染みのない人には分かりずらいものとなるでしょう。

 

そんな仮想通貨とセットで紹介されるものに、

『ブロックチェーン』

という言葉があります。

この言葉の意味は、

『仮想通貨より馴染みがない』

ので、少し聞いただけでは、これも分かりにくいと感じる人も多いと思います。

 

そこで、今回は、

『ブロックチェーンとは何なのか』

について紹介します。

気になる人は、参考にしてみてください。

 

ブロックチェーンと仮想通貨の関係を分かりやすく解説

ブロックチェーンと聞いても、

『何かの道具なのか』

と考える人も多いでしょう。

 

まだまだ、浸透していない言葉なので、

『ブロックチェーンが、仮想通貨と関係があるもの』

とは思わない人が多くいます。

 

ですが、ブロックチェーンは、

『仮想通貨を語る上で、欠かせないもの』

となっているのです。

 

ブロックチェーンは、それぞれの情報を繋ぎ合わせたもの

ブロックチェーンとは、その名の通り、

『ブロックごとにまとめた情報を、繋ぎ合わせたもの』

となります。

 

仮想通貨を運用する際、普通の通貨と違って、

『ネットワーク上で取引をする』

ことは、想像しやすいでしょう。

ですが、このとき疑問に思うことは、

『誰が、仮想通貨の管理をしているのか』

ということです。

 

通常、通貨とは、

『銀行が管理して、利用者が引き出す』

ことで使用されています。

 

ですが、仮想通貨は、

『銀行などの管理する機関がない』

のです。

では、一体どうやって通貨を管理するのかというところで、

『ブロックチェーン』

が出てくることになります。

 

銀行などの機関が管理しなくても良いシステムとなっている

ブロックチェーンの、ブロックと呼ばれるものには、

『仮想通貨を取引したときの情報』

が含まれています。

また、取引情報が改ざんされないように、

『ハッシュ値』

というものが存在しているのです。

 

ハッシュ値とは、

『取引データを暗号化したもの』

であり、元のデータが少しでも違えば、このハッシュ値も全く違うものとなります。

その為、

『データ改ざんが極めて難しいもの』

となるので、これがセキュリティ対策になってくれます。

 

また、ブロックを生成する際には、

『ナンス』

という数値も計算しなければなりません。

この数値を正確に計算しなければ、

『ブロックごとの数値が違ってくる』

ため、取引の整合が取れなくなります。

 

ナンスの数値を計算することを、

『マイニング』

と呼び、この計算は仮想通貨を利用する人が、それぞれで行っているのです。

マイニングには、

『かなりの計算量が必要になる』

ので、ナンスを計算することは、かなりの労力を使うことになります。

 

また、データ改ざんを行う場合、

『それ以降に続く全てのナンス値を再計算』

しなければ、値が合わずに、改ざんがすぐにばれてしまいます。

ブロック生成は、

『ナンスの再計算をしている間も続いている』

ので、全てのナンス値を再計算することは、ほとんど不可能といって良いでしょう。

これで、

『仮想通貨が、銀行などの機関が管理しなくても安心』

だということが分かると思います。

 

寸分も違うことが許されない値で、ブロックチェーンは出来ている

ブロックチェーンをまとめると、

『膨大な量の計算と、寸分も違うことが許されない値でできているシステム』

ということが言えます。

 

ブロックごとの値が1つでも違えば、

それ以降のブロックの値もすべて違ってしまう

ので、ほとんど改ざんする余地がないシステムが、ブロックチェーンなのです。

 

また、

膨大な計算で求められたブロックチェーンは、

『その全てが開示されている』

ため、仮想通貨を利用する全ての人が、常に監視・管理することができます。

これにより、

『情報操作が出来なくなる』

ため、不正が出来なくなる地盤が出来上がっているということです。

 

これこそが、

『銀行などの機関が、通貨を管理しなくても良い理由』

となります。

 

従来のような、

『1つの機関が、通貨を管理する』

方法では、内部工作などで、通貨が不正に流出する可能性は否定できないでしょう。

ブロックチェーンは、この弱点を、

『仮想通貨利用者が、相互に監視・管理する』

ことで克服することが出来ています。

 

システム的にも、

『データ改ざんなどの不正ができない』

ようになっているので、クリーンな取引を行うことが出来るのが、ブロックチェーンなのです。

 

仮想通貨の中核をなすブロックチェーンは本当に安全?

セキュリティ

ブロックチェーンの仕組みは、正常に作動すれば、

『仮想通貨は安全』

となります。

ですが、最近では、

『ブロックチェーンの仕組みを利用した不正行為』

が報告されています。

 

ブロックチェーンを繋いでいくには、

『マイニング』

という計算をしなければならないのは、紹介したとおりです。

 

そして、仮想通貨は、

『マイニングで、最初に正しい結果を出した人』

に支払われます。

仮想通貨は、

『現金で買う』

と思われていますが、マイニングによる獲得も出来るようになっているのです。

 

ですが、ここで問題になってくるのが、

『ブロックチェーンの分岐』

というものになります。

これは、

『マイニングによって正しい計算をした人が複数存在する』

ことによって起こります。

 

この場合、通常なら、

『より長いブロックチェーンを作ったもの』

が、正式に採用され、残った短い方は無効にされてしまいます。

 

ですが、このシステムを応用すれば、

『先にマイニングで計算していたにも関わらず、後から公開する』

ことで、すでに公開されていたものより、長いブロックチェーンを作ることが出来るのです。

 

この方法を、

『51%攻撃』

呼び、同じ目的を持ったグループで、ブロックチェーンを独占してしまうという事件が起きています。

いくら計算を早く行っても、先に計算を終えて取引している人が、全体の過半数を超えていれば、

『ブロックチェーンの長さでは勝てない』

ということです。

 

この攻撃は、あくまで、

『正常な仮想通貨の取引を阻害する』

だけのもので、所有している通貨が減ったりすることはありません。

 

ですが、正常な取引が行われなくなれば、

仮想通貨自体の信用が下がる

ことに繋がります。

 

そうなれば、例え仮想通貨を多く所有していても、

『価値がなくなる』

ため、ただのデータと化してしまうことになるのです。

お金をかけて、仮想通貨を買っている人にとっては、

『無意味な買い物をしただけ』

となり、場合によっては大損することも考えられます。

 

ですが、同時に、

『51%攻撃は、かなり難しいもの』

と言われています。

これは、取引量に対して、

『51%を占めるマイニングを確保できない』

からとされており、この状態にする時間と労力も、かなり大きくなることが考えられるからです。

 

理論上は可能でも、

『現実的ではない』

ので、あまり深く心配する必要はないでしょう。

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『ブロックチェーンの仕組みは、仮想通貨の信頼性をかなり高めている』

ということが言えるでしょう。

 

データの改ざんが、極めて困難なシステムで、

『通常なら、不正が行われることは考えられない』

とされ、管理体制も、仮想通貨利用者相互で行われています。

 

ですが、紹介したように、

『理論上は、ブロックチェーンの仕組みを悪用できる』

ことも事実であり、100%安全とは言えないようです。

 

ですが、これらのリスクに関しても、

『仮想通貨利用者などが連携すれば、対応できる』

とされています。

まだまだ発展途上なシステムであり、新しい仕組みであることに変わりありません。

しかし、

『仮想通貨の動きを注意して見るようにする』

ことで、被害を抑えられます。

興味があれば、これから仮想通貨に挑戦してみるのも面白いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください