ネット銀行のメリットとデメリットを紹介!セキュリティは大丈夫?

ネット銀行

こんにちは。SOです。

ネット銀行というものが、近年増えてきました。

これまでは、

『銀行窓口に行かなければ対応できなかった』

ことが多く、時間も限られているため、不便に感じた人も多いでしょう。

 

そんな悩みを解決できるのが、

『ネット銀行』

となるのです。

 

ですが、まだまだ普及しきれていないこともあり、

ネット銀行がどんなものか分からない

という人も多いでしょう。

 

そこで、今回は、

『ネット銀行のメリット・デメリット』

について紹介します。

ネット銀行に興味がある人は、参考にしてみてください。

 

ネット銀行のメリット

飛ぶ女性

ネット銀行と聞けば、

『パソコンや携帯だけで取引するもの』

ということは、想像できると思います。

 

いわゆる、

『インターネット上だけのシステム』

となるのですが、これこそ、ネット銀行最大の特徴となります。

 

24時間365日、いつでも利用できる

インターネットの強みを活かした、ネット銀行は、

『24時間365日、いつでも利用できる』

メリットがあります。

 

今までは、平日は仕事で忙しいため、

『なかなか銀行に行けなかった経験がある人』

も多かったと思います。

また、銀行が閉まる時間も早いため、

『営業時間内に、手続きが出来なかった人』

なども、同じく多いと思います。

 

このような問題を解決してくれるのが、

『ネット銀行』

ということなのです。

 

平日・祝日関係なく、時間も気にせず利用でき、

『携帯があれば、どんな場所からも銀行を利用できる』

ので、忙しい社会人にはうってつけと言えるでしょう。

 

手数料が無料・安い

ネット銀行は、

『店舗を持たないことがほとんど』

なので、お金の引き落としは、ATMで行います。

 

ですが、ATMで引き落とす際、

『コンビニなどでは、手数料がかかることがある』

のが、多くの銀行にあるデメリットですよね。

そんな問題にも、ネット銀行は対応しています。

 

条件がある銀行が多いですが、そこまで難しい条件ではないため、

『手数料をかけることなく、お金の取引が出来る』

ようになるのです。

また、無条件で手数料が無料になる場合もあるので、

『少しでも節約したい人』

などは、ネット銀行がおすすめですよ。

 

金利が高い

通常の銀行では、

『定期預金に利子がつく』

と思います。

 

ですが、ほとんど利子がつくことはなく、

『お得だと感じない人が多い』

のも事実です。

 

ですが、ネット銀行は、

『定期預金につく利子が大きい』

という特徴があります。

どのネット銀行を選ぶかによって違いますが、

『今までの銀行よりは、確実に金利を増やすことが出来る』

ため、少しでもお得に預金したいなら、ネット銀行をおすすめします。

 

ネット銀行のデメリット

絶望する男性

ネット銀行におけるメリットは、ある程度理解してもらえたと思います。

ですが、

ネット銀行にも、デメリットは存在する

ため、メリットと合わせて覚えておいた方が良いでしょう。

 

ここからは、

『ネット銀行のデメリット』

について紹介します。

 

ID・パスワードを忘れると、利用できなくなる

まず、これはよくある話ですが、

『ネット銀行のID・パスワードを忘れる』

ことで、利用できなくなるというデメリットです。

 

これまでの銀行取引でも、

『パスワードを忘れる』

といったことは、起きていました。

 

ですが、ネット銀行でID・パスワードを忘れてしまうと、

『全ての機能が使えなくなってしまう』

ことになります。

ネット銀行には、

『店舗がない』

ということがほとんどなので、直接出向いて、誰かに聞くことも難しくなります。

 

一応、ネット銀行にも、

『電話対応のサポートセンター』

が設置されていますが、ネットに慣れていない人は、仕組みが分からず苦労するでしょう。

その為、

自分のID・パスワード管理は、必ず行う

ようにしておかなければなりません。

 

インターネットが使えなくなれば、利用できなくなる

ネット銀行は、

『インターネット上で取引する仕組み』

となっています。

 

その為、何らかの事情でインターネットが使えなくなった場合、

『ネット銀行を利用することが出来なくなる』

というデメリットがあります。

 

この場合、お金を引き出すことも出来なくなるので、対策として、

『従来の店舗型銀行にも、お金を預けておく』

ようにしましょう。

もしもの時でも、お金を引き出せる可能性が高くなるので、保険にはなります。

ネット銀行と通常の銀行を、使い分けることが重要ということですね。

 

セキュリティ対策をしなければならない

インターネットを使う以上、

『セキュリティ対策を、自分で行わなければならない』

ことも、デメリットと言えるでしょう。

 

不正アクセスなどで、

預けていたお金が、勝手に引き出される

可能性もあるので、確実なセキュリティ対策が必要となってきます。

 

また、自分のパスワードを、

他のパスワードと同じものにしない

ことも重要です。

同じパスワードを使っていると、

『他の機能で盗まれたパスワードから、ネット銀行にアクセスされてしまう』

かもしれません。

 

ネット銀行以外でも、同じことが言えますが、

『ID・パスワードを含む、セキュリティ対策』

などは、万全にしておきましょう。

 

万が一、被害に遭った場合は、

利用しているネット銀行に必ず連絡する

ようにしてください。

通常の銀行と同じで、

『ある程度の被害回復が出来る可能性が高い』

ので、必ず連絡するようにしましょう。

口座を凍結して、利用できなくするためにも必要となります。

 

ネット銀行はセキュリティ対策をこまめにやれば安心

ネット銀行には、

『大きなメリットの反面、ネット特有のデメリット』

も存在しています。

 

ですが、ネット銀行のデメリットは、

『ほとんどが回避できるもの』

だとも言えます。

 

インターネット障害が起きたときは、しょうがないですが、

『ID・パスワード忘れ、セキュリティ対策は自力で何とか出来る』

ため、後は心掛け次第となるのです。

 

それが出来れば、ネット銀行は、

『日常生活を送る上で、欠かせない存在になる』

と思います。

デメリットを上手く回避して、有意義にネット銀行を使ってみてはいかかでしょうか。

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『上手く使えば、お金の管理がとても楽になるのがネット銀行』

ということが言えるでしょう。

 

ネット銀行に限らず、世の中の便利なものは、

『使い方次第で、価値が変わる』

ものばかりです。

 

いくら便利なものでも、使う側がしっかりしていなければ、

『無用の長物』

となってしまいます。

 

ネット銀行も同じことが言えるため、

『上手く使いこなすように努力する』

ことで、欠かすことの出来ないものとなるでしょう。

ぜひ、上手く使いこなしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください