東京・丸の内で働くサラリーマンの年収をチェック!やはり高収入?

サラリーマン

こんにちは。SOです。

東京のサラリーマンと言えば、

『丸の内』

が有名だと感じる人も多いと思います。

 

テレビなどでも、

『丸の内のサラリーマンに話を聞く』

ことが多いので、印象が強いことも関係しているようです。

 

東京・丸の内は、

『オフィス街として有名』

であり、一流企業が多くあり、サラリーマンの年収も高いと思われているでしょう。

 

そこで、今回は、

『東京・丸の内サラリーマンの年収』

について紹介していきましょう。

 

東京・丸の内サラリーマンの年収は、本当に高いのか?

東京・丸の内には、冒頭で紹介したように、

『一流企業が多くある』

ため、サラリーマンの年収も高いという印象が持たれています。

 

実際ところ、年収が高いという噂は、

『半分本当で、半分違う』

と言えるでしょう。

 

その理由は、

『どんなポジションで働いているかによって、年収が違う』

からだと言えます。

 

確かに、丸の内には、

『日本で一流と呼ばれる企業の本社が多くある』

ことから、正社員であれば、高い年収を貰うことができます。

その額は、

年収700~800万円

とも言われ、さらに上の人も多いです。

 

地方でも、大企業の社員になれれば、

『年収が大きくなる』

のですが、本社勤めと比べると、どうしても見劣りするでしょう。

その為、丸の内で年収が高い人は、

大企業の正社員として働いている人がほとんど

となるのです。

 

正社員以外の人も多くいる

会社の従業員は、

『正社員以外の人も多い』

というのが常識であり、丸の内に関しても同じことが言えます。

 

派遣やアルバイトとして働く人も多く、その人の年収に関しては、

正社員と比べて、かなり落ちる

ことになります。

 

当然と言えば当然の話ですが、丸の内以外の人からすれば、

『丸の内=高収入』

と思われることが多いので、誤解を生むことも多いのです。

 

丸の内以外で働きたいと思っている人も多い

丸の内で正社員になれれば、

『高い年収が約束される』

と考えている人も多いですが、実際に働いている人は、別の考え方をしていることもあります。

 

丸の内は、

『丸の内ビルディング』

を始めとして、日本のオフィス街の雛形となっています。

ですが、

『丸の内周辺に家を持つこと』

は、金銭的に負担になることが多いのです。

その為、遠くの家賃が安い場所から、毎日出勤している人も多くいます。

 

それが影響して、

『満員電車での通勤が大変だから、丸の内以外で勤務したい』

と考えている人も、実は多いと言われているのです。

 

また、昔でこそ、

『丸の内OL』

などと言って、かなりもてはやされた時期がありましたが、それも今では効果が無いと言えます。

丸の内OLだからと言っても、

『派遣と営業』

では、収入もかなり違うため、必ずしもお金があるとは限らないからです。

それに加えて、

『丸の内OLを鼻にかける人を避ける傾向がある』

とも言われているので、あまり自分のステータスにはならないそうです。

 

丸の内に憧れを持っている人も多いですが、

『そこまで甘い場所ではない』

ということが言えるでしょう。

差

サラリーマンの40歳と45歳の平均年収を紹介!その収入の差は?

2018年12月16日

本社勤めを希望するなら、丸の内勤務になる

サラリーマン

丸の内サラリーマンだからと言って、

『必ずしも良い待遇ではない』

ことが、少しは分かったかと思います。

 

ですが、大企業に就職して、

『本社勤めがしたい』

となれば、必然的に丸の内勤務になることが多くなります。

 

特に、

『金融・保険関係』

であれば、丸の内に本社が集中しているので、優秀な人ほど丸の内で働くことになるでしょう。

大抵、大企業と呼ばれるものは、

『東京に本社を置いていることが多い』

ので、これは丸の内に限ったことではないかもしれませんね。

 

そして、金融・保険関係の会社は、

『総じて、高年収な企業ばかり』

となっています。

その正社員となれば、年収も高くなるのは必然と言えるのです。

 

さらに、幹部職になれば、

年収800万円~1000万円

も夢ではなくなり、ゆとりのある生活を送ることが出来るでしょう。

 

ただ、本社勤務になるためには、

『優れた実績』

を出す必要があるため、全ての人が丸の内で働けるわけではありません。

ですが、

『人生の目標にするには、もってこいの場所』

なので、丸の内勤務を目指してみるのも良いでしょう。

平均年収

サラリーマンの平均年収は真実?統計のからくりをチェック!

2018年12月16日

丸の内で働くなら、必ず正社員になること

丸の内は、

『確かに年収が高い人も多いが、そうでない側面もある』

ことが、少しは分かってもらえたと思います。

 

ですが、せっかく丸の内で働くのであれば、先程紹介したように、

『大企業の正社員になる』

という目標を持つようにするべきでしょう。

そうでなければ、物価の高い東京で働く意味が無いというものです。

 

はっきり言って、正社員以外で働くなら、

『丸の内以外の地方』

に行く方が、よっぽど賢いです。

綺麗なオフィス街で仕事がしたいだけなら良いですが、

  • 年収を少しでも多く稼ぎたい
  • 今後のために、貯金をしておきたい

というふうに考えるなら、物価が安い地方で、それなりの役職に就いた方がお得となります。

 

せっかく、夢のある丸の内なのだから、

『自分に最大限利益があるようにしていく』

ことを、心掛けてみてはいかがでしょうか。

年収1000万円

サラリーマンで年収1000万円以上を稼ぐ人の割合をチェック!

2018年12月16日

まとめ

今回のまとめとしては、

『丸の内は、高年収が狙えるが、過度に期待しすぎると裏切られることもある』

ということが言えるでしょう。

 

丸の内は、確かに、

『高年収の人が多い印象のある場所』

となっています。

ですが、それは

限られた人

だということを忘れてはいけません。

 

高年収の影で、

『慎ましい年収で生活している人』

も多いのが現状なのです。

 

もし、丸の内で働きたいと考えるなら、

『大企業の正社員』

を目指さなければ、理想を打ち砕かれる可能性もあります。

印象だけで判断せず、実情をよく見てから、丸の内で働くかどうかを考えてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください