普通のサラリーマンとエリートサラリーマンの定義と年収差をチェック

普通とエリート

こんにちは。SOです。

サラリーマンの中でも、

『普通のサラリーマンとエリートサラリーマン』

というふうに区別されることがあります。

 

これは、サラリーマン以外でも同じことが言えるのですが、大体は、

『どれだけ年収を稼いでいるのか』

で決まっていることが多いです。

 

やはり、サラリーマンは年収を稼ぐものと思われているので、

『判断基準として数字が使われやすい』

ことは事実ですが、納得できない人もいるでしょう。

 

そこで、今回は、

『普通のサラリーマンとエリートサラリーマンの違い』

について紹介していきましょう。

 

普通のサラリーマンの定義と年収

まずは、普通のサラリーマンの定義がどんなものかを紹介します。

とは言っても、実際のところ、

『普通のサラリーマンの定義は人それぞれ』

だと言えるでしょう。

 

その理由としては、

『サラリーマンを評価する人が、それぞれ別の環境で生活しているから』

だと言えます。

 

年収300~400万円の家庭で育ち、自分も同じような年収で生活している人なら、

『年収300~400万円を稼いでいるサラリーマンが普通』

と感じることでしょう。

 

また、年収800万円を稼いで生活している人からすれば、

『普通のサラリーマンの定義は、自分と同じか少し下がる位の年収』

と感じることになります。

 

このように、人がサラリーマンの定義を決めるときは、

『自分と周囲の状況から、ある程度判断する』

ので、普通の定義も様々なものになるということですね。

 

エリートサラリーマンの定義と年収

次に、エリートサラリーマンの定義と年収を紹介します。

エリートサラリーマンは、いわゆる、

『出世街道を走っている人』

を指していることが多いです。

 

年収も高めに考えれらることが多く、

800~1000万円

を稼いでいる人が、エリートサラリーマンと見られているでしょう。

 

そのため、普通のサラリーマンと同じく、

『決まった定義は存在せず、評価する人の感覚で決まっている』

のが、エリートサラリーマンと言えるのです。

 

ですが、エリートサラリーマンとなると、年収以外にも、

『普通の人が出来ない仕事をしている』

ということも、定義に入ってきます。

そもそも、サラリーマンを雇う会社は、

『優れた能力を持っている人に、役職を与える』

ため、年収も必然的に高くなるのです。

 

その為、エリートサラリーマンとなるためには、

『他の人よりも優れた何かを持っていること』

が必要となってくるでしょう。

ある意味、これが、

『エリートサラリーマンの定義』

なのかもしれませんね。

平均年収

サラリーマンの平均年収は真実?統計のからくりをチェック!

2018年12月16日

サラリーマンは、能力の差で普通かエリート決まる

普通のサラリーマンとエリートサラリーマンについて、紹介しました。

この2つを分ける要因としては、やはり、

『何か優れた能力を持っているかどうか』

が関係していると言えます。

 

サラリーマンが年収を上げるためには、

  • 能力を認められ、役職を上げる
  • 外資系企業等、実力主義の世界に入って結果を出す

など、自分の能力を会社に認めさせる必要があります。

 

たまに、

『親の力で、役職に就いている』

という人もいます。

ですが、これも見方を変えれば、

『生まれながらにして持っている能力』

だと言えるでしょう。

 

多少、理不尽に感じるかもしれませんが、人の能力と言うのは、

『その能力を持っていない人からは、疎まれる』

ものです。

 

後天的に身に付けられる能力もあるので、重要ことは、

『自分が持っている能力を、サラリーマンとしてどれだけ活かせるのか』

ということになります。

 

いくら能力を持っていても、

『活かせず、誰にも認識されない』

のであれば、普通と呼ばれるサラリーマンと同じです。

 

もし、エリートサラリーマンになりたいのであれば、

『能力を最大限に活かして、認めさせる』

ようにすることが、まずは必要になってくるでしょう。

年収1000万円

サラリーマンで年収1000万円以上を稼ぐ人の割合をチェック!

2018年12月16日

会社が高い年収を払いたいと思うかで普通とエリートが決まる

握手

普通のサラリーマンとエリートサラリーマンとでは、

『年収の差が、かなり違う』

ことは、よく知っていることだと思います。

 

その差は、多いときには、

『1000万円以上』

になることもあり、これが普通とエリートの違いを、より明確にしているのです。

 

そして、これだけの年収を稼ぐエリートサラリーマンとなるには、

『会社が多くの年収を払いたいと思う』

ことが、重要になってきます。

 

高い年収を稼いでいる人というのは、

『それだけのお金を払う価値がある』

と、会社に判断されているからこそ、その地位にいることが出来ます。

逆に、その人よりも、さらに優秀な人材が出てくれば、

『年収は下がり、エリートサラリーマンの肩書も消えてなくなる』

ことになるでしょう。

 

いくら、日本が、

『年功序列制が強い国』

だとしても、能力のない人を登用すれば、その会社は消えてしまいます。

 

普通のサラリーマンでも良い人は、特に気にする必要はありませんが、

『エリートサラリーマンになりたい』

のであれば、自分の能力を会社に認めさせるようにしましょう。

サラリーマン

東京・丸の内で働くサラリーマンの年収をチェック!やはり高収入?

2018年12月16日

まとめ

今回のまとめとしては、

『普通とエリートのサラリーマンを分けるのは、自分の能力を会社に認めさせるかどうか』

ということが言えるでしょう。

 

普通とエリートの定義は、

『判断する人の感性』

によって、かなり違うものになります。

 

ですが、判断材料として見られるのは、

『どんな能力を持ち、それを活かしているのか』

なのです。

エリートは、

『普通の人が出来ないことをするから、エリートと呼ばれる』

ことは、なんとなくわかることだと思います。

 

重要なことは、

『サラリーマンとして、普通で良いのかどうか』

なので、自分がどうしたいのかを考えれば、エリートになるきっかけが掴めるかもしれません。

納得できるサラリーマンになるためにも、頑張ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください