サラリーマンの副業が会社にばれないようにする方法をチェック

副業

こんにちは。SOです。

サラリーマンとして働きながら、

『副業で収入を稼ぐ』

ことは、生活がかなり豊かになります。

 

実際、世間でも、

『副業を推奨する動きが見えている』

ので、これからさらに、需要が増えていくでしょう。

 

ですが、日本では、

『まだまだ副業を認める会社が少ない』

ため、内緒で副業をしている人も多くいます。

副業がバレてしまうと、最悪、

『会社をクビになる可能性』

も考えなければなりません。

 

そこで、今回は、

『サラリーマンの副業が会社にばれないようにする方法』

について紹介していきましょう。

 

サラリーマンの副業がばれない方法とは?

サラリーマンの副業は、

『会社から認められていれば、特に問題はない』

と言えるものであり、実際、認めている会社も増えています。

 

ですが、まだまだ副業が浸透していないので、

『会社に無断で副業をしている人』

も多くいるのが現状です。

では、どうやって、

会社にばれないよう、副業をやっているのか

と言えば、なかなか知られていないことでしょう。

その方法を紹介していきます。

 

収入を20万円以下に抑える

サラリーマンは、税金を支払い際、

『手続きを、会社に代行してもらう』

ことがほとんどです。

 

年末調整と言えば、誰もが知っている言葉だと思いますが、この手続きで、

『確定申告まで済ませている』

のです。

 

ちなみに、確定申告をすることで、

『その人の税金額が決定する』

ようになっています。

 

この確定申告で発生する税金の差額を見られることで、

『サラリーマンは、副業の有無を判断されている』

と言っても過言ではありません。

 

ですが、確定申告を行わなくても良い場合があり、それは、

『収入が20万円以下』

の場合となります。

この場合、よく間違われるのが、

『どんな副業でも、20万円以下を確定申告しなくてよい』

とされることですが、これはあくまで給与所得以外の副業になります。

 

つまり、アルバイトや会社役員報酬など、どこかが雇用してから、

『給与でお金を支払っている場合は、適用されない』

ことを覚えておいてください。

 

ちなみにこれは、

『年間で20万円以下』

ということなので、月収と間違えないようにすることも重要です。

 

確定申告を、『普通徴収』にする

サラリーマンが、副業で稼いだお金は、

『自分で確定申告しなければならない』

ので、このとき、会社の年末調整に頼ることは出来ません。

 

このときに気を付けなければならないことが、

『確定申告を普通徴収にする』

ということです。

これを行えば、

『確定申告が会社にばれることなく、税金の支払いが出来る』

のです。

 

これを間違って、

『特別徴収』

にしてしまうと、本業の会社と収入が合算されてしまうため、副業がばれてしまいます。

そうなってしまうと、

『会社から質問責めとなる』

ため、必ず普通徴収にしておいた方が良いでしょう。

 

法人化して、家族を雇い主にする

サラリーマンで副業をする場合、

『法人化して、株主になる』

という手もあります。

 

自分で会社の役員になると、

『登記謄本』

に名前が載ってしまうため、会社にばれる確率がグッと上がります。

登記謄本は、誰でも確認できるので、

『少しでも怪しいと感づかれた場合は、すぐに調べられる』

と思ってください。

 

ですが、この場合に、

『自分ではなく、家族を会社役員にする』

ことで、自分の名前が登記謄本に載ることはなくなります。

後は、株主になって、家族と連携すれば、

『会社にばれることなく、副業が出来る』

というわけですね。

 

ですが、この方法も、

『誰かが会社の人に陰口する』

ことで、発覚したりします。

 

陰口をする理由としては、

「相手が小賢しい方法で収入を得ているのが気に入らない」

など、妬みが関係しているからです。

自分だけが、良い思いをしていると、

『誰かが必ず妬んでくる』

のは、世の常と言えるでしょう。

 

本当に副業をばらしたくないのであれば、

『会社の人には、誰にも言わない』

くらいの姿勢で行きましょう。

 

役員報酬を0円にする

副業を法人化して、

『役員報酬を0円にする』

と言う方法もあります。

 

役員報酬は、

『会社の給与と同じ』

であるため、貰ってしまうと税金がかかります。

 

しかも、役員の場合、確定申告で普通徴収には出来ないため、

『ほぼ必ず、会社に収入状況がばれる』

ことになってしまうのです。

 

ですが、役員報酬を0円にすれば、

『会社から貰う給与が0円になる』

ため、個人の税金を支払わずに済みます。

 

副業の利益は、

『会社の収入』

としておけば良く、使う場合も経費と言えば大丈夫です。

 

ですが、これも先程紹介したように、

登記謄本に名前が載る

ため、誰でも調べようと思えば調べることが出来ます。

その為、確実ではないことを覚えておいてください。

10万円

サラリーマンができる副業で10万円まで稼げる仕事をチェック!

2018年12月16日

副業が会社に確実にばれない保証はない

内緒のお金

サラリーマンが副業を行う以上、

『会社にばれる覚悟だけは、持っておいた方が良い』

と言えます。

 

どんな方法を取っていたとしても、

『どこかから情報が洩れることはある』

のが、この世の中です。

 

それが嫌だというなら、

『会社に黙って、副業をしない』

という方法しかなくなります。

何かを秘密にして過ごすことは、

『思っている以上にストレスになる』

ため、収入以上にマイナス要素が強くなります。

 

お金が稼げても、自分の精神的に参ってしまうと意味がないので、

  • 会社の許可を得る
  • 副業を認めている会社に転職する

など、堂々と副業が出来る環境にするよう、自分で工夫してみてくださいね。

副業

サラリーマンが副業を法人化して役員報酬をもらうのは可能?

2018年12月16日

まとめ

今回のまとめとしては、

『会社に副業がばれない方法はあるが、やはり許可を取った方が自分のため』

ということが言えるでしょう。

 

サラリーマンは、基本的に、

『本業で稼がなければならない』

ため、副業は予備の仕事という位置づけになります。

そこから、本業に発展させる展開もありますが、

『会社が認めていない以上、副業にはリスクがつきもの』

となるのです。

 

その為、会社から許可を得る方が最も良いのですが、

『なかなか許可を出してくれない会社』

もあるため、バレずに副業をするしかないのが現状です。

どんなに隠しても、会社にバレる可能性は残ります。

『そのリスクを取っても、副業で稼ぎたい』

という人は、なんとか頑張ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください