サラリーマンが副業でお金を稼ぐとマイナンバーでバレる?

バレる

こんにちは。SOです。

サラリーマンが、

『本格的に副業をする時代』

が、徐々にやってきました。

 

今までは、副業禁止にしていた会社も、

『副業を解禁』

する話も、聞こえてきていますね。

ですが、まだまだ普及しきれていないのが現状です。

 

ところで、副業がバレる原因に、

『マイナンバー』

が関係しているという話が出てきています。

マイナンバー自体が運用されて、日が浅いので分からない人も多いでしょう。

 

そこで、今回は、

『サラリーマンの副業は、マイナンバーでバレるのか』

について紹介していきましょう。

 

サラリーマンの副業は、マイナンバーではバレる?

サラリーマンが副業をする場合、

『会社に副業がバレる可能性』

を考えると思います。

 

許可を取ってやっていれば良いのですが、現状、

『まだまだ副業を認める会社が少ない』

ことが、隠れて副業をすることの理由となっています。

 

そして、最近使われ始めた、

『マイナンバー制度』

で、自分の副業情報が会社にバレるのではないかという懸念もあります。

ですが、

『マイナンバーはあまり関係ない』

ということが言えるでしょう。

マイナンバーのあるなしは、そこまで問題ではない

マイナンバーは、確かに、

『個人情報を把握するための制度』

となっていますが、その使用には制限があります。

 

その為、会社であっても、

みだりに個人情報を見ることは出来ない

のです。

その為、社員のマイナンバーを調べて、

『副業をしているかどうかを確認する』

ことはできません。

 

結局のところ、副業がバレるのは、

『税金の違い』

によって発覚することが多いでしょうね。

副業が給与所得なら、バレる可能性は高い

副業がバレる可能性があるのは、税金の違いと紹介しました。

これは、

『どのように収入を得ているか』

によって違ってきます。

 

会社では、

『給与所得』

という形で収入を得ているため、会社にマイナンバーを提出することになっています。

そして、税金の支払い方法が、

『特別徴収』

という、会社が処理して支払う形になってしまうのです。

 

副業がアルバイトの場合も、給与収入であり、

『本業の会社で合算されて、特別徴収される』

ため、経理担当の人が、金額の違いに気付いて発覚するというわけです。

ですが、これは今までずっと行われてきた方法であり、

『マイナンバーを提出しなくても同じ』

と言えます。

 

また、副業の収入が、

『給与所得以外の仕事』

であれば、税金の徴収を変えることができます。

これは、

『普通徴収』

と呼ばれ、会社ではなく自分で税金を支払うことになるのです。

 

この方法であれば、

『本業の収入に、副業の収入が合算されない』

ため、税金額の違いは出ません。

この場合も、とくにマイナンバーを使ってもいないので、やはり問題はありませんね。

バレなければ

サラリーマンが会社から副業を禁止される理由とは?バレなきゃ大丈夫?

2018年12月23日

マイナンバー以外を警戒した方が良い

警戒する猫

マイナンバーを使っても、

『個人の副業情報を知ることはできない』

と紹介しました。

 

そして、マイナンバーよりも、

税金で、副業が発覚する

ということも、分かってもらえたと思います。

 

これらのことから考えると、

『マイナンバー自体は、副業の発覚にはほとんど関係ない』

ということになります。

今までも、マイナンバーがないかわりに、

『免許証などの身分証明書』

が、代役となっていました。

 

それが、マイナンバー制度が始まったので、

『より分かりやすいものに変更しただけ』

なのです。

その為、現時点では、

『マイナンバーによる副業発覚』

を恐れる必要は、ほとんどないと言えるでしょう。

 

むしろ、

  • 税金の徴収方法
  • 第3者の密告

などに気を付けるべきなのです。

また、これ以外にも、

ちょっとしたきっかけで副業がバレてしまう

こともあります。

 

副業をやっている人は、

「バレなければ大丈夫だろう」

と思っているかもしれませんが、実はかなりのリスクを背負っています。

最悪、会社を解雇されることもあり、そうでなくても、

『会社に居づらい』

という理由から、辞職してしまう人も多いのです。

 

副業をやっている人や、これからやろうと考えている人は、

  • 会社から許可を貰うか
  • クビになることも覚悟するか

など、考えてやらなければならないと言えるでしょう。

ですが、最近では、

『副業解禁の流れが広まりつつある』

ため、いずれは、隠れて副業をする必要もなくなるかもしれませんね。

文章で稼ぐ

サラリーマンの副業としてライティングで稼ぐ方法をチェック!

2018年12月23日

マイナンバーの今後には気を付ける

現時点で、

『マイナンバーによる副業の発覚は、ほとんどない』

と紹介しました。

 

ここで、気を付けておかなければならないことは、

マイナンバー制度は、今後も変化し続ける

ということです。

 

マイナンバー制度は、

『はじまってから、まだ日が浅い』

ので、制度が変わる可能性が十分にあります。

 

もしかすると、

『社員がどんな仕事をしているか』

だけでも、調べられるようになるかもしれません。

そうなれば、

『副業がバレるリスクは、上がってくる』

と言えるでしょう。

 

もし、バレたくないと考えるなら、

『マイナンバー制度の状況』

について、しっかりと把握しておくようにしてください。

スキマ時間

サラリーマンの副業は夜だけ?昼間のスキマ時間にできる仕事を調査

2018年12月23日

まとめ

今回のまとめとしては、

『現時点では、マイナンバーによる副業発覚は考えにくい』

ということが言えるでしょう。

 

サラリーマンが副業をするなら、

『会社の許可を得る』

ことが1番なのですが、そうも言ってられない人もいます。

その人にとっては、

『個人情報を管理するマイナンバー』

は、とても気になると思います。

 

これから先、もしかすると、

『マイナンバーで副業がバレる』

ような制度になるとも限りません。

逐一情報を仕入れて、対策を立てていた方が良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください