サラリーマンが副業で儲けるマンションの転売や賃貸運用をチェック

マンション

こんにちは。SOです。

サラリーマンが副業で行う仕事の中に、

『不動産投資』

があると思います。

 

購入したマンションの賃貸料で、収入を得るのが一般的ですが、

『転売する人』

も、たまにいるようです。

 

ですが、実際には、

『知識と経験が不足しているので、失敗する』

ことも多いと聞きます。

 

そこで、今回は、

『サラリーマンが、マンションの転売や賃貸運用で儲ける方法』

について紹介していきましょう。

 

副業でマンションの転売や賃貸運用をする際に重要なこと

副業で、

『マンションの転売や賃貸運用をする場合』

には、考えなければならないことがあります。

 

安易に購入してしまうと、

『大失敗する』

ことも多いので、これから紹介することは、最低限守った方が良いです。

利回りだけを見て、マンションを決めないこと

よく失敗した話として、

『そのときの家賃が高いから、マンションを購入した』

というものがあります。

 

これは、

『家賃が高ければ、利回りが良くなる』

と考えてのことなのですが、これはあまり良くないとされています。

ちなみに、利回りとは、

『年間の収益割合を平均した数字』

を表しています。

 

まず、

『その家賃が、本当に適正価格なのかどうか』

が分からなければ、後で損をするからです。

周囲にある同じようなマンションは、そこまで高い家賃ではないのに、

『目を付けたマンションだけ家賃が高い』

のは、冷静になればおかしいと分かるはずなのです。

 

そういったマンションは、

『すぐに家賃を下げなければ、入居者がいなくなる』

ため、結局は利回りが少なくなってしまうのです。

その結果、マンションを売却する人もいるのですが、

『需要のある物件ではない』

場合、大幅にマイナスとなり、転売にも失敗することになるのです。

 

安易に選んだマンションは、

賃貸運用だけでなく、転売においても失敗する

ことが多いので、良いところがないと言えます。

長期的な利便性がある土地を選ぶ

マンションを購入する際、

  • 近くに大きなスーパーがある
  • 大学がある

など、一見すると、人が多く来そうな場所を選びがちになります。

 

ですが、これも、

『よく考えなければならない問題』

とされています。

 

現時点では、

『確かに人が集まっている土地』

かもしれません。

ですが、

スーパーや大学が移転してしまう

などの事態になれば、一気に需要がなくなる可能性もあるのです。

 

それでも、

  • 駅が近くにある
  • バスがよく通る

など、利便性が良ければ何とかなります。

もし、それらの利点がなければ、

『賃貸で借りる人がいなくなり、空き部屋になる』

ことに繋がっていくでしょう。

 

空き部屋が出来れば、

『賃貸運用が出来なくなる』

ため、利回りが減ってしまいます。

また、立地条件の悪さから、

『マンション自体の価値がなくなる』

ため、転売も難しくなります。

 

スーパーや大学など、

『短期的な利便性しか望めないマンション』

を選ぶと失敗する可能性は高いです。

それよりも、交通機関が充実していて、

長期的な利便性ががあるマンション

を選ぶようにしましょう。

中古物件や競売物件には、あまり手を出さない

マンションの購入費を見ていると、

『新築よりも、中古のほうが安い』

ことがほとんどだと思います。

 

普通であれば、

『安い方を購入した方が良い』

と考えるでしょう。

ですが、マンションなどの不動産投資の場合、

『新築にした方が、お得になる可能性が高い』

と言えます。

 

中古マンションは、安い代わりに、

『改装費などで、費用が多くかかる』

ことが多く、結局は新築とそこまで変わらないこともあります。

とくに不動産投資に失敗した人などが売った物件を競売に出す、

『競売物件』

は、内装がかなり酷いことも多いのです。

 

その点、新築なら、

  • 元々綺麗なため、改装費がほとんどかからない
  • 建物にこだわったマンションなら、高く売れやすい

など、メリットが多くなりやすいです。

不動産投資のベテランになれば、

『中古マンションでも、利回りを出せる』

のですが、サラリーマンの副業でやるにはハードルが高くなりがちです。

 

また、新築なら転売も上手く行きやすいので、余計な費用を払うくらいなら、

『新築マンションを購入する』

ことをおすすめします。

賃貸管理会社は、入居率の高い会社を選ぶ

マンション投資は、

『どれだけ人が住んでいるか』

で決まります。

 

そのため、

『賃貸管理会社は、入居率の高いところを選ぶ』

ようにしましょう。

空き室問題を解消できれば、

『賃貸運用が長期的に上手く行きやすくなる』

ので、会社選びは重要です。

融資額を抑える

マンションを購入する際、

『銀行からの融資』

を受ける人が、ほとんどだと思います。

 

このとき、

『多額の融資を受ける』

ことは、出来るだけ避けておきましょう。

 

現時点でみれば、

『徐々に不動産の値上がりが起きつつある』

ので、その差額で利益を得ようとして、多額の融資をすることもあります。

ですが、不動産というのは、

『いずれは、ほとんどの場合、値下がりするもの』

なので、よっぽど好条件の土地でなければ成功しません。

 

転売目的でマンションを購入するなら、

『東京や神奈川など、好条件が揃いやすい土地』

を選ぶ方が無難となります。

 

融資額が大きくなりすぎると、

返済が出来なくなる

可能性も出てきます。

もし、ここで思いとどまって、

『少ない融資額』

にしていれば、毎月の支払額も少なくて済みます。

 

早まることなく、

『慎重に考えてから融資を受ける』

ことを心掛けてください。

おすすめ

サラリーマンの副業として儲かる仕事まとめ!夜勤はおすすめ?

2018年12月23日

サラリーマンが副業で不動産投資をするなら下調べが必要

ペンとチェックシート

マンションなどの不動産投資で儲けるためには、

『考えることとがたくさんある』

ため、よっぽど慣れていなければ安易に手を出すべきではありません。

 

とくに、サラリーマンが、副業でマンション購入などを行うのであれば、

『かなり念入りな下調べ』

が必要となります。

少しでも甘いことを考えていると、

とんでもない損失を被ることになる

可能性もあるのです。

 

出来るなら、

『不動産投資に詳しい人から、アドバイスを貰う』

など、専門家に十分な相談をするべきです。

 

仮に上手く行けば、かなり優秀な収入源になるので、

『しっかりと準備してから、マンション購入を考える』

ようにしましょう。

融資

サラリーマンが副業として銀行から融資を受ける方法や条件を紹介

2018年12月23日

まとめ

今回のまとめとしては、

『サラリーマンが副業で不動産投資をするなら、かなり注意して行うことが重要』

ということが言えるでしょう。

 

マンションの転売や賃貸運用は、一見儲かりそうですが、

『かなり大きなリスクも含んでいる』

ことを忘れてはいけません。

下手をすれば、

『生活に多大な影響を及ぼすことにもなりかねない』

ものなのです。

 

それでも、副業として不動産投資をやりたいなら、

『十分過ぎるほどの準備と下調べ』

を行ってください。

それが、成功への第1歩となるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください